ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
走れ!疾風の如く宇宙の彼方を目指し、投げろ!熱き思いを心に焼き付け!そして炎となれ!飛べ光り輝く星の彼方で激しく稲光かれ! 攻めろ!華麗に巧みにそして豪快に!戦うんだ!そして見せてくれ!炎のごとく燃えさかる西城魂を!光り輝く笑顔を!! seizyo taiikukyoukai
◆高校合格発表
2017/03/15 12:09:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 西城中学校

◆「15歳の試練」突破に笑顔、県立高校入試合格発表

 2017年度県立高校入試の合格発表が15日、 県内一斉に行われた。 宮古地区の宮古、 宮古総合実業、 宮古工業、 伊良部の4高校でも午前9時から、 各校内に合格者の受験番号が掲示され、 自分の番号を見つけた生徒は 「あった」 「やった」 などと歓声を挙げ、 一緒に訪れた父母や家族、 友人らと受験という名の 「試練」 を突破した喜びを分かち合っていた。 西城中学校では全員合格を恩師や保護者、受験生で喜んだ。

 このうち県立宮古高校では午前8時50分頃には多くの受験生や父母らが校門前に姿を見せ、 発表のときを待っていた。
 午前9時、 校舎2階正面に受験番号の記された掲示板が出されると大勢が一斉に見上げ、 一瞬の沈黙の後に 「やった」、 「あった」 と番号を見つけては抱き合って喜び、 校庭には生徒や保護者らの歓喜の声が響き渡った。
 中には喜びで涙を見せる生徒や自分の番号を携帯電話やスマートフォンで撮影する姿、 家族や知人に連絡するなど生徒などそれぞれが合格の喜びをかみしめ、 校内の事務所で 「入学のしおり」 などを受け取り4月からの高校生活に胸を躍らせていた。
 県内の合格者数は1万3530人で前年度に比べて223人減少。 宮古地区4高校の志願倍率は宮古が0・89倍、 宮古総実は0・77倍、 宮古工業が0・43倍、 伊良部が0・12倍。 学科別に見ると、 最も高いのは宮古理数科の1・13倍、 次いで宮古総実食と環境科フードクリエイトコースの1・06倍、 宮古工業自動車機械システム科自動車コースの1・00倍などとなっていた。
 2次募集はきょう16日から開始。 定員は宮古高校普通科25人、 伊良部24人、 宮古総実が46人、 宮古工業が70人の合計165人を募集する。
 出願期間は16、 17の両日、 初回出願状況は17日午後9時30分以降に県教育委員会ホームページで発表する。 出願変更は21日、 合格発表は27日に行われる。




コメント(1)
トラックバック(0)

◆なつかし写真館13
2017/03/09 18:12:47 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 話題(その他)



コメント(0)
トラックバック(0)

◆旧二十日正月
2017/02/17 18:59:26 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 話題(その他)


◆比嘉自治会で旧二十日正月 新築家屋など厄払

比嘉自治会 (砂川雅一郎会長) の 「旧二十日正月」 が16日、 比嘉地域総合施設などで行われた。 ことしで104年目を迎えた伝統行事では、 獅子舞がマーニの冠を被った住民とともに集落の繁栄と無病息災、 豊作を祈願。 昨年の祭り以降に新築した家屋や新たに購入した農機具などの厄払いも行われた。

 祭りは午後3時頃から始まり、 砂川会長が行事の起源を説明した上で 「皆さんとともに地域の伝統を大切にし、 比嘉集落の発展を願って盛大に旧二十日正月を催したい」 とあいさつ。 比嘉民俗芸能保存会の獅子舞を先頭に住民たちが同施設を3周して払い清めた。 引き続き広場では獅子舞を囲んでクイチャーの巻き踊りが行われた。
 今年は新築1件、 リフォーム2件、 農機具や自動車などの新規購入は3件と例年より多くなったという。 このうち昨年4月に移住して新築した鳥海敏二さん宅では獅子舞が家の中まで入って厄を払い、 保存会には酒や料理が振る舞われた。 東京から妻みつさんの故郷比嘉にやって来た鳥海さんは 「感動でいっぱい。 人の温かさを感じている」 と喜んでいた。
 この日は西城小3年生も地域の伝統を学ぶ総合的な学習のため参加。 葉山孔明くんは 「初めは獅子舞にびっくりした。 怖かったけど触るとフワフワした。 一緒に踊って楽しかった」 と感想。 兄がホラ貝を担当した平良昴三郎くんは 「カッコよかった。 大きくなったら最初はホラ貝をやりたい。 その次は獅子舞をやりたい」 と話した。
 毎年参加している在沖比嘉郷友会の岡田行雄さん (87) は 「みんなの顔を見るのが楽しみ。 子どもの頃は舞台で村芝居をやるなど盛大で、 夜の部は月明りで見ていた。 19歳で島を離れるまで役者で出ていた。 村芝居は楽しかった。 映画もテレビもない時代。 一年で一番の楽しみだった」 と往年を振り返った。
 旧二十日正月は字有林の松木売却益をめぐる平民と士族の訴訟が和解したことを記念し、 1913年から旧暦1月20日に行われるようになった。




コメント(0)
トラックバック(0)

◆中学駅伝 西城女子が優勝!
2017/02/11 20:40:52 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 西城中学校

 2017-02-11   

◆全宮古中学校新人駅伝、西城女子が優勝!

 第12回全宮古中学校新人駅伝競走大会 (主催・宮古中学校体育連盟) が11日、 市上野陸上競技場付設周回コースで行われ、 15校の男女代表選手たちが男子6区間16・8km、 女子5区間10kmで沿道からの声援を受け健脚を競った。 結果、 男子は5区で砂川が平良を追い抜き逆転優勝するとともに57分40秒の大会新記録を更新した。女子は2区で先頭だった北を西城が抜き、 ゴールインするまで1位の順位を守り優勝した。

 女子は最後まで西城の安定感が光り、5区間中3区間で区間1位、残る2区間は2位という層の厚さを見せて堂々初優勝だった。


【女子】        

優勝=西城37分51秒  
▼準優勝=砂川39分22秒  
▼3位=平良39分26秒

【区間賞】

▼1区=1,友利芹菜(北) 7分8秒  2,松川涼香(西城) 7分9秒 

 3,川満利美(平良) 7分18秒 

▼2区=1,赤嶺杏果(西城) 7分30秒  2,砂川仁奈(平良) 7分35秒  

3,西川耀渚(砂川)7分40秒 

▼3区=1,川満有依(城辺) 7分43秒  2,宮国唯依(西城) 7分56秒 

3,下地夏子(鏡原) 7分59秒

▼4区=1,砂川絢音(西城)7分47秒  2,川満一花(狩俣) 7分52秒 
 3,盛島朱夏(城辺) 8分7秒 

▼5区=1,下地麻菜夏(西城) 7分29秒  2,松川穂羽(砂川) 7分39秒

  3,金井結(北) 7分59秒

【個人上位記録】 

1=友利芹菜 (北) 7分8秒  2=松川涼香 (西城) 7分9秒 

3=川満利美 (平良) 7分18秒


【男子】

▼優勝=砂川57分40秒=大会新

▼準優勝=平良59分20秒

▼3位=久松59分59秒

【区間賞】

▼1区=1,盛島大晴(西辺)9分17秒  2,砂川豪海(平良)9分19秒 3,高橋大和(下地)9分32秒

▼2区=1,池間幹(砂川)9分24秒  2,當銘詞琉(西城)9分24秒 3,原波音(上野)9分35秒

▼3区=1,與那覇愛斗(砂川)9分42秒  2,加賀政宗(下地)10分1秒  3,宮国明也(上野)10分2秒                                                             ▼4区=1,砂川達海(平良)9分31秒  2,松川太樹(砂川)9分43秒  3,下地紘平(北)9分48秒  

▼5区=1,狩俣新(砂川)9分21秒  2,仲間海星(久松)9分47秒 3,平安光希(城辺)10分6秒  

▼6区=1,上原慎太郎(西辺)9分23秒  2,狩俣洋介(砂川)9分34秒  3,下地晴喜(北)10分7秒

【個人上位記録】 

1=盛島大晴(西辺)9分17秒   2=砂川豪海(平良)9分19秒   

3=狩俣新(砂川)9分21秒







コメント(0)
トラックバック(0)

全宮古小学校駅伝大会
2017/01/29 12:30:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 西城小学校

 2017-01-29

◆全宮古小学駅伝競走で東Aが栄冠 24チームが競う

◆優勝候補の西城、9秒差で惜しくも準優勝!

  第35回全宮古小学校駅伝競走大会 (主催・宮古地区小学校体育連盟) が28日、 市陸上競技場を周回するコース (10区間14km) で行われ、 出場した24チーム、 386人 (主催者発表) の児童たちが健脚を競い合った。 熱戦の結果、 東Aチームが52分01秒で栄冠を勝ち取った。 準優勝は西城A、 3位には久松が入った。 昨年は悪天候のため大会が中止となったが、 今年は晴天に恵まれ駅伝日和となった。 沿道には大勢の保護者や地域住民らが詰めかけ、 児童たちの白熱したレースに声援を送っていた。

 午前9時15分から行われた開会式で同連盟の永松才易会長は 「この大会は、 基礎体力や運動能力の向上と駅伝競走を通して他校との交流やチームワークの大切さ、 駅伝の楽しさを味わうことをねらいに開催している。 小学校体育連盟のスローガンである 『元気・夢・友情』 が大きな輪になり、 感動と達成感に満ちた大会になることを期待する」 とあいさつ。
 レースは午前10時15分にスタート。 女子1・2km、 男子1・kmの距離をそれぞれ交互に走り計10区間でタスキをつないだ。 沿道では多くの保護者が 「頑張れー」 などと大声で声援を送っていた。 3区で西城Aが先頭の上野を抜き7区までトップだったが、 8区で東Aに追い抜かれ、最終10区で西城に激しく追い上げられたが、東Aアンカーの下地琉央 (6年) が逃げ切り1位でゴールテープを切った。

◆西城は前回と同様、優勝候補の筆頭に上げられ、中盤までは独走状態だったが終盤に逆転され、またしても涙をのんだ。しかし、小規模校ながら多くの大規模校を相手にしてのレース展開は賞賛される。 また、女子個人1位に伊波愛哩 (西城A)が輝いた。男子2位に松川勝紀、女子4位に宮国萌生が入賞した。
 

結果は次の通り。

【団体】

▼優勝=東A (52分01秒)  ▼準優勝=西城A (52分10秒)  ▼3位=久松A (53分22秒)▼4位=上野 (53分26秒)  ▼5位=南A (53分48秒)  ▼6位=北 (53分59秒)▼7位=西辺A (54分39秒) ▼8位=平一A (55分17秒)

【個人】

◆男子 (1・6km)

▼1、原琉音 (上野) 5分14秒 ▼2、松川勝紀 (西城A) 5分20秒 ▼3、島尻恭宇 (上野) 5分37秒 ▼4、上地海航 (久松A) 5分39秒 ▼5、平良尚大 (東A) 5分40秒

◆女子 (1・2km)

▼1、伊波愛哩 (西城A) 4分19秒 ▼2、赤嶺深愛 (西辺A) 4分20秒 ▼3、友利花菜 (東A) 4分20秒 ▼4、宮国萌生 (西城A)  ▼4、友利杏夏 (上野) 4分24秒





コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]