八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ボーイングを救えるのか
2020/03/20 01:46:23 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 MAX問題

新型コロナウィルスのパンデミックにより、グローバルに人の移動を制限され、冷え込む航空需要は英国のフライビーの倒産をはじめ、今後も資金繰りの厳しいエアラインの連鎖的倒産が囁かれてもいる。



また、すでにB737MAXの事故後の運行停止により、飛ばすことも納入することもかなわなず維持費や事故後の保障等でボーイングのキャッシュフローは厳しく、折からの航空需要の急速な冷え込みにより政府の援助なしには立ち行かなくなっているようだ。




トランプ米大統領は17日の会見で「ボーイングを助けなければならない」と表明。ボーイング側も自社と取引先の部品メーカー向けを含め600億ドル規模の資金支援を米政府や金融機関に要請していることを明らかにした。
ここまで追い詰められた要因は、満を持して投入した小型機「737MAX」が18年10月と19年3月に立て続けに墜落事故を起こし、運航停止を余儀なくされたことだ。そこにコロナウイルスの感染拡大による空の旅客の急減が追い打ちをかけた。航空需要の蒸発によって、「737MAXの安全問題を解決できれば、ボーイングのビジネスはすぐにも通常の軌道に戻る」という楽観シナリオが日に日に怪しくなっているのだ。
以上日経より




確かにここへ来ての株価急落は、新型コロナによる航空需要の低迷によりものであることは疑う余地はなく米国にとってボーイング社は民間航空のみならず、米国の軍事部門を支える根幹産業であり裾野は広い。ボーイングの破綻はボーイング社1社の問題ではなく17000社ものベンダーを抱えていることから考えても、つぶすことは有り得ない。
600億ドルだろうと1000億だろうと支援をする以外に道はない。
ただし、支援するに当たり、今回のコロナウィルスによる航空全体の需要の減少と、ぞれ以前に指摘されたボーイング社自体の問題は別途議論されるべきであり、経営悪化の要因は整理する必要がある。
相次ぐ事故によって明らかとなった劣悪なこの会社の開発環境や無能とまで言われたFAAの体質改善なしの安易な救済は今後の米国航空の弱体化、ひいては自滅をも意味するだろうと思う。
それは日本にとっては他人事であるはずもなく、日本も多くのベンダーを抱えているし、三菱スペースジェットの命運をも左右するものだ。





MCASを一つのAOAセンサーに頼り、パイロットに説明も訓練もしてこなかったボーイングの失態と、馴れ合いでそれを見逃したFAA、そして事故後も飛行停止を拒み続け、度重なる事故の原因について真摯に向き合うことのなかった前CEOの責任は重い。
GMが馬鹿でかいクルマをつくっていて時代に乗り遅れたのと異なり、コストカット、株主への配当を優先し航空機の安全という絶対に軽視してはいけないファクターを削ってしまったボーイングとを一緒に考えるのは危険だ。
安易な下支えは禁物でありエアバスとの戦いに負けるだけではなく、台頭する中国に付け入る隙を与えるだけだろう。そしてそれは航空機市場のパラダイムシフトを引き起こす。
支援にあたってはMCASで明らかになった技術軽視の姿勢や運用するエアラインに対する隠蔽体質をいかに改善し、安全な航空機を開発できる管理体制・経営体制をつくるのかを再建に当たっては十分に考慮して欲しいと望んでいる。







コメント(0)
トラックバック(0)

旅客機の近未来
2020/03/09 01:58:32 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 Others

エアバスが、翼と胴体が一体化した“三角形”の旅客機の小型デモ機を公開した




従来の旅客機からは飛躍し、かなり革新的なスタイルであるとともに、この形に見覚えはないだろうか?
そう、NASAでX−48としてテストされボーイングB797としても公開されたことのある、この全翼機だ。



両者は外見でも、内容でもきわめてよく似ている。
そして今回、公開されたのは小型デモ機だが、NASAやボーイングも風洞試験を行い同様にダウンスケール機を使って飛行させ空力特性など基礎的なデータを取得している。



こちらが今回公開されたエアバスの「マーベリック」
TOPGUNのアメリカがマーベリックならわかるが、語呂合わせとは言え、なんでわざわざエアバスが?という名称だ



そして、こちらがボーイングのデモ機だ。どちらもコクピットがあるところを見るとまだ無人機にする予定はないようである。

しかしながらボーイングとエアバスという旅客機業界の双璧が、次世代の旅客機として同じような全翼機を志向しているところが面白い。
どちらも翼と胴体を滑らかに整形して一体化したブレンディッド・ウィング・ボディというコンセプトで論じられているけれど、尾翼を無くして無尾翼化し、翼の中に客席を埋め込んだ点で全翼機と言ったほうが概念的には適切ではないかと思う。
今までの航空機のように円筒形の胴体に主翼、尾翼をつけたコンベンショナルな飛行機からはちょっと異様に見えるが、こうした航空機の先輩としては、これらの機体がすぐ思い浮かぶ。


あまりに先進的過ぎたドイツのホルテン229


B-2へのステップになったノースロップ B−49


映画「シン・ゴジラ」にも登場するステルス爆撃機B−2


いずれも、軍用機であり民間旅客機としての全翼機はまだない。通常のタイプから尾翼を取り去り大型化して全翼機にする目的は様々だが、旅客機にとっては、この形式は何が魅力なのだろうか?
今回、エアバスのマーベリックを紹介したWIREDの記事によれば

シンガポールで2020年2月中旬に開催された航空ショーで、エアバスは新型機の小型デモ機を公開した。同社によると、従来型の筒型のナローボディー機と比べて、燃料の消費を20パーセント削減できるという。
この新モデル「MAVERIC(マーヴェリック)」は、翼と胴体の一体化を最も進んだかたちで実現した航空機だ。その名称は、「Model Aircraft for Validation and Experimentation of Robust Innovative Controls(強靭で革新的な制御力を備えた検証と実験のための航空機モデル)」の頭文字からつけられた。
その名が暗示するように、三角形をしたマーヴェリックには翼と胴体の明確な境目がない。翼がこんな形をしていることで、従来の翼の構造とは違って機体全体で揚力を生み出すことができる。つまり、大きな推進力を得ながら空気抵抗を軽減できるのだ。エンジンや機体のデザインにわずかな改良を加えることで、効率を1〜2パーセントずつ高めていくことが普通という業界において、20パーセントもの改善はとてつもなく大きい。

だそうで。従来機よりも燃料消費を20%も抑えることの出来る高い効率にこそ、その最大の主眼が置かれているようだ。
現在、旅客機の開発競争では速度ではなく、エアラインの望む高い経済性が最優先されていることの現われとも言えよう。
B737MAXが欠陥を包含したのも、この経済性を優先させ、大きなエンジンを前進させたにも関わらず尾翼のダウンフォースを抑えるためにCGを後退させたことで生じた不安定性への対応に手落ちがあったからだとも言えるだろう。
であれば、最初から尾翼を無くして全翼機にして設計し直せば?という飛躍と考えることもできる。



いずれにしてもMAXには新たなワイヤリングの問題も発生し、当面、飛行への復帰は困難になり、全翼機から通常型の飛行機になったB797(NMA)も全体スケジュールの見直しにより設計から振り出しに戻るようなので、どんな形状になるのか不明だが、A321 XLRに対抗して一足飛びに全翼機になることだけはなさそうだ。






コメント(0)
トラックバック(0)

FDAによる色覚検査
2020/02/25 17:14:13 ブログカテゴリ オタク | 書庫 FDA

世の中、新型コロナウィルスで話題持ちきり。そんな観光客減少の折、FDAのチャーター機がしばしば飛来する。エプロンに置かれたエンブラエルのERJ175



なんか、これって以前、石見た機体のような気もするが、若干、色褪せてないか?と思ってレジ番をよく見直してみると



JA16FJ。なんとFDAでは最新の機体で昨年の12月の登録機だ。では以前、見たのは何だったのだろうと写真を見返すと



こっちだった。これは6号機のJA06FJで、公式に色はパープルということになっている。
うん、確かにJA16FJはバイオレットという色名になっている。でも、これって天気によって、けっこう見分けにくかったりするだろうな。




かくしてFDAは色ですぐわかるからいいよね、というのは初期の話。このほかにも03のピンクと15のローズピンクが似てたり、04と11がグリーンだったりけっこうレジ番をみないと結局、分からなくなりつつある。
さらに今後、順調に機材の数が増えていったら、色だけでは識別困難になりそうだ。





個人的には全部、色違いのほうが被写体としては変化があって楽しいけれど、なにかあってパネル類の使いまわしするとすぐバレるので、みっともないことになるのが整備関係者にとっては頭痛の種なんじゃないだろうか。


そういう理由なのかどうかは分かりませんけれど、伊丹にはしばらくウィングレットのない状態の10号機が駐機していたようです。RagRagさんのツイッターより。




コメント(0)
トラックバック(0)

あっけない幕切れか?
2020/01/13 11:45:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 事故調

緊張感の高まる状況の下、イランでおきたウクライナ航空機墜落の原因は、当初の見解を翻し、一転、イラクがミサイル誤射を認める形で決着をみた。



事故当初は原因をエンジントラブルだと主張していたイラン航空当局も、複数の撃墜を示す証拠の存在が明らかになるに従い、誤射を認めないことには、対アメリカだけではなく、国際社会での孤立は避けられず、更なる経済制裁と国内世論がハメネイ師への反発に動くことを恐れたのだろう。
もし誤射だとしてもブルドーザーで現場の証拠を隠滅し、フライトレコーダーも破壊すればなんとなると考えていたイランの目論見は、衛星やスマホの発達によってあっけなく崩れ去ったのかも知れない。


誤射であるとイランが認めたのだから、ボーイングB737NGの機体に問題はなかったとして、ここで石垣空港メモリアルの仕事を終えてよいのかも知れないが私が勘違いしていたことと、感じたことがあるので、今後の課題として書いておこうと思う。



それは墜落場所である。
真っ向から反発していた軍による誤射を認めたことで、イランの言うことなど何の根拠もなく、あてにならないと世界に印象づけた感はあるのだが、どうやら全部全部が嘘でもなさそうなのだ。
現場のデータがなかった当初、FR24のデータから、レーダーからの消失点で爆発し、ほぼその近くに落ちていったものと考えていたが、ミサイルがヒットした地点と墜落地点との間には直線距離で16kmほどあり、ミサイルを受けた後も何がしかのコントロールは効いていた可能性があるのだ。
位置的な関係をまとめると下図のようになる。



イラン航空当局の言う「空港に戻ろうとしていた」という発表は、大嘘だと考えていたが、これを見る限り完全には否定できないように思う。
黄色で描いた点線のコースはこんな感じなのか?と、レーダー消失点と墜落点をなるべく自然につないだだけの想定飛行ルートだが、1500mの高度からこの距離を飛ぶとすれば、かなり航空機としての空力的特性をミサイルを受けた後も維持していたと考えられるのだ。ミサイル着弾により大きく破壊され、質点に近い物理特性であったとすれば着弾したときの飛行ベクトルの延長上に自由落下に近い状態で墜落しているはずだからだ。



また、レーダー消失からなぜ点線の飛行経路を想定したかといえば、最終的に墜落場所の残骸の散乱状況から上図のような方向でかなり、浅い角度で前進速度を保ったまま堕ちて行ったと思われるからだ。
これはNGにも昇降舵系の配線に短絡の危険が言われているが、そうしたメカニカルトラブルではないことも示している。


推定される墜落の方向はこうだ。
不幸中の幸いと言う言葉はこの場合、適切ではないけれど、もう少し手前に落ちてたら乗客乗員以外にも多くの死者を出すことになったと思われる墜落現場である。



真上から見るとこのような場所で残骸はこの線上に400mに渡り散乱しており、墜落の衝撃で垂直尾翼が外れ前方まで飛ばされたのかウクライナのマークのついた垂直尾翼がポツンと草地に落ちている映像がしばしば報道されている。



この状況からすると地上からの映像では機体は大きな火の玉にはなっていたが、大きく飛行能力を奪われることはなく墜落地点まで飛び、その時点では多くの乗員乗客は生きていたのではないか、176名の人命を奪ったのは、多くが墜落による衝撃と火災によるものではないかと想像される。
ミサイルが当たってばらばらになってしまわないのかは専門ではないのでわからないが、今回のように着弾した高度が低ければ胴体に多数、穴開いたとしても与圧によって破壊されることはないかも知れない。
もちろん最初に強硬に主張していたエンジントラブルが原因だったというイラン当局の説明に根拠はないし、自ら認めたのだから、墜落原因が誤射だったのは間違いないだろうが、重大事象が発生して無線コンタクトもないまま、PS752は偶然か必然か現段階では不明だが、空港へ戻るような形で飛び続けたのは事実のようだ。
ここにFR24にエマーム・ホメイニ空港を離陸するPS752と他の航空機の飛行コースの履歴がある。比較しても特に変わった経路ではない。







当日はイランの弾道弾によるイラク拠点への攻撃があり、更なるアメリカの報復攻撃が予想される緊張感の高まった状況であったとはいえ、自国の空港から通常に離陸する旅客機を巡航ミサイルと間違えて対空ミサイルを撃つものだろうか?
本件を「イラン革命防衛隊の誤射の撃墜にて一件落着」として、これ以上の情報が開示されるなくなることを危惧する。墜落の経緯には、誤射の事実だけではなく、まだまだ明らかにされねばならないことは多いのだ。トランプ大統領の微妙な言い回しにも何か隠している裏取引があるんではないかと疑いだせばキリがない。
ちなみに今回のように国際関係の緊張のなか軍の誤射によって、今までも多くの関係のない民間人の命が奪われてきた。
隠し通すことをあきらめ誤射と認め、謝罪もしたのだから隠滅しないでDFDRやCVRのデータは明日の航空安全に資するものとして開示し、原因とともに墜落までの経緯を明らかにして欲しいものである。








コメント(0)
トラックバック(0)

ウクライナ機墜落、原因究明が困難に
2020/01/10 10:44:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 事故調

イランでのウクライナ機墜落原因に関して、イランをはじめ他国の報道でも、ミサイルや爆弾テロではなく機体そのもののトラブルだろうと推測してきたメディアも論調が変わりつつある。


今回の事故機 ウクライナのB737−800(UR-PSR


どうやら、昨日まで爆弾テロやミサイルを否定し、機体のメカニカルトラブルを墜落原因だとろうと報道していたメディアの多くも撃墜説に傾きつつあるように見える。


その理由は、爆弾テロやミサイル攻撃ではないとする明確な証拠が示せていないことに加え、昨日、アメリカが発表した同日、同地域での2発のミサイル発射を検知しているという情報や、機体の残骸に見つかる細かい穴、さらに現場からミサイルの破片が見つかったという未確認情報などもメカニカルトラブルからミサイル攻撃へと推定原因の流れを変えた大きな要因になっていると思われる。


ミサイルの小さな破片で外部から抜けたようにみえる穴

更に、墜落がアメリカへの報復攻撃の直後であり、イランもアメリカの更なる報復攻撃に備え対空警戒を行っている最中であること、また早朝の暗闇もあって視認しにくく防衛システムの誤射の可能性を払拭できないことも、ミサイル攻撃なのではないかと疑う根拠になっている。
現状、これを払拭するには、イラン側が爆弾テロやミサイル攻撃ではなかったとする新たな証拠を提示する必要があるだろう。
イラン側の主張が正しいのであればアメリカ側が要求するように、せめて信頼のおける第三国にでもDFDR,CVRを提出してもらえれば、この点ははっきりするし、出さないこと自体がミサイルでは?との疑惑を抱かせることになるだろう。

個人的には、前回の火の玉になって墜落する動画を見た感想として述べたように機体内部の原因にしては墜落の仕方が不自然なことも気になるので、実はミサイルによるものでした!という決定的な証拠が出る方がすんなり納得が行く気がしている。
またその証拠が出てくれば、もはや機体側の不具合についてこれ以上、ここで議論する必要もなくなる。



ただし、この決着は容易にはつきそうにない。墜落した場所であるイラン主体で事故調をすることになるだろうが、ご存知の通りイランとアメリカは戦闘状態にある。
DFDRデータなどの情報のやりとりはもちろんのこと、国益も絡み、国際問題となってしまうから事故は現実であっても調査で真の原因にたどり着くかは不透明だ。
また原因が特定されたとしても統一した見解は作成しにくく、発表はまるで違う2つのものになる可能性が高い。



墜落したB737NGは世界中で飛ぶもっともポピュラーな旅客機のひとつ、しかも現在グラウンドされ安全の担保されていないMAXへとのつなぎにあたる機体であるので、もしこのNGにも不具合があるのだとすれば今回の事故に関して機体の正確な情報が欲しい。

両国の情報操作が行われ真の原因究明、再発防止を前提とする通常の事故調とは異なるスタンスの調査環境では困難な活動であるけれど、ぜひともメディアには正確な情報をつかんで発表していただきたいと願うのみだ。




さきほど公開された撃墜の瞬間といわれる映像。果たして本物なのか。ミサイルが命中し二つの光に分離し、しばらくの間飛行しているように見える。また、この後10秒ほどしてもう一発の発射音が聞こえるが、これがアメリカが2度の発射を確認していると言われる所以なのかは不明だ。









コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]