八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
アイランダーは遠くになりにけり
2017/11/13 11:09:37 ブログカテゴリ オタク | 書庫 RAC

FlyTeamによると第一航空のBN−2アイランダーが全て売却されたそうです。

第一航空は2017年10月、国土交通省航空局に対し、同社で使用していたブリテンノーマンBN-2B-20アイランダー3機の抹消登録を申請し、10月13日(金)付けで抹消されました。抹消理由は、オーストラリアのコルビル・アビエーション・サービスへの売却のためとされています。



抹消された機体の中には以前、RAC機として旧石垣空港と波照間を結んでいたJA5324とJA5325の二機も含まれています。




この記事によれば”抹消されたのは、機体番号(レジ)「JA127D」と「JA5324」、「JA5325」の3機です。第一航空のアイランダーは、2015年7月まで沖縄の離島路線に就役していましたが、8月1日から新規導入されたツインオッターの就役に伴い退役、8月28日には、粟国空港でツインオッターのオーバーラン事故が発生し、以降、第一航空の沖縄路線は全便で運航を停止しています。”とのこと。




以前は長崎のオリエンタルエアブリッジや調布の新中央航空等のアイランダーも離島を結ぶコミューター機として活躍していましたが、残っていた、この第一航空のアイランダー抹消により、このレシプロ双発の9人乗り小型機BN−2アイランダーは新日本航空のBN−2が残っているかも知れませんが国内での定期就航においては、その幕を閉じたことになりそうです。



軽快なライカミングのエンジン音を響かせて離陸して洋上を低く飛ぶアイランダーの姿が沖縄はもとより、国内の空でも見られなくなることはさびしいですが、仲間は世界でまだまだ現役です。





コメント(0)
トラックバック(0)

珍しい飛行機がやってきた
2017/11/07 09:55:20 ブログカテゴリ オタク | 書庫 Others

陽もくれた南ぬ島石垣空港のエプロン9番スポット

見慣れないリアエンジンの機体が駐機した



正面にまわる。Oh!まさしく昔懐かしいダグラス系の顔立ち



垂直尾翼にはFATの文字が、どうやらチャーターでやってきた台湾の

遠東航空 (Far Eastern Air Transport)のMD−83のようだ




今回は石垣島まつり関係で来島する友好親善都市、蘇澳鎮からの旅客を

運んだのだろう。降り乗りには前方ステアウェイのみが使われ後方の

リアゲートは使用していなかった



出発時プッシュバックしているのでトーバーはどうしているのかと

思ってみていると



自前で持って来ていたようで、ブッシュバック後に床下の

カーゴスペースに収納して帰っていった



MD機取材の裏側

前回、B777−200の初来航の撮影に成功したFlyteamのMARK0125さん発信のツイッターで事態を知り、フライトレーダー24で確認すると残念なことに、初の来航は11月3日の13時ごろで既に到着しており、今回はその時の御一行様の迎えだったらしい。
初来航時は、今回MARKさんも撮影されていないようなので次回こそはと望んだMD機の撮影でしたが・・・
到着予定時刻18時30分は日没後でほとんど、フライトシーンは厳しい状況と思われた。
そして待つことしばし、実際には予定時刻を更に1時間近く遅れてタッチダウン。
思ったとおり夕闇で機体は真っ黒、垂直尾翼の文字もボケボケ、しかたなくエプロンでの撮影がやっととなりました。
なんとかDC−8の流れを汲むMDらしい機影を撮ることはできましたが、次回は、明るいうちに来て欲しいなあ。次回があるならですが。







コメント(0)
トラックバック(0)

さようならJA8991
2017/10/11 02:15:30 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JTA


日本トランスオーシャン航空のB737−400(JA8991)が退役したそうだ。



記事によると
日本トランスオーシャン航空(JTA)は2017年9月、国土交通省航空局に対し、同社で使用していた737-400、機体番号(レジ)「JA8991」の抹消登録を申請し、同機は9月19日(火)付けで退役しました。
「JA8991」は、日本航空(JAL)が1995年に導入した737-400です。1997年から2012年までJALエクスプレスで使用されたのち、JTAに移籍して現在に至ります。JALエクスプレスは、「JA8997」を除く「JA8991」から「JA8999」まで8機の737-400を保有、全機JTAに移管されていましたが、退役機は「JA8991」が初となります。
なお、「JA8991」は、9月27日(水)付けでアメリカ籍の「N137WF」に機体番号を変えています。

とのこと。



こうして、次々に新しいB787−800が導入される影で、ひっそりと、1機、また1機と国内で見られるB737−400型が退役して減ってゆきます。



やがて来年には石垣空港で見られるB737もANAの500型を除いて、すべてウィングレットがついたNGのグラスコクピットの機体にとって代わられることになるのでしょう。



このJA8991は新空港になった時点では、すでに鶴丸塗装になっていたようですが、旧空港時代にはこのようにJAL EXPRESSの塗装でやってきていました。
特に、この左側面が美しくJAL系の中では珍しくダイナミズムのある見栄えのする塗装であっただけに今、思うと懐かしく、その姿が見られないのは残念に思います。



こうして特長のある機体が消え、鶴丸のB737−800に統一されJALなのだかJTAなのだか分からない機体一色になってしまうことは経営方針とは言え、ウォッチャーからするとつまらないですねえ。
もっともB737−800のジンベエはすでに那覇には到着しているようではありますが・・・






コメント(0)
トラックバック(0)

3機目のオスプレイ飛来
2017/10/03 20:49:04 ブログカテゴリ オタク | 書庫 Others

10月2日、17時過ぎに降りてきた、新たなオスプレイ



同じく海兵隊所属のMV−22B(ビューローNo168014)だ



RWY22に降り立つとプロップローターをやや前方に傾け、仲間の2機が待つ西側エプロンに向かいタキシングする



こうして都合3機のオスプレイが南ぬ島石垣空港でそろい踏みすることになった


入ってきたときの様子を独特のエンジン音とともに動画でごらんください。
この後、持ってきた修理用の部品やミッションオイルと思われる荷物を隊員たちが手分けをしてそれぞれの機体に運ぶと、救援機はそのままテイクオフし、故障していない168283は離陸の準備に入りました。


上はエンジン始動する168283と下はそのテイクオフシーンです


こうして故障機一機を残して、2機のオスプレイは南の空に向かいテイクオフすると左旋回しながら北の空へと消えてゆきました。
普天間基地に向かったと思われます。エプロンに残されたオスプレイはエンジントラブルを起こした1機のみですが大分の例をみても修理でしばらくは石垣島に留まるものと考えて良さそうです。


多くの物議を醸しているオスプレイですが、そうそう生で見るチャンスはないと思います。
まだご覧になってない方は、4日も空港に行けば間に合うかも知れません。
海上保安庁側からのフェンスから覗けますので、是非、自分の目でご覧になってください。普天間基地でも、こんなに近くで見ることはできませんでした。今がチャンスです。

続報・・・4日の日没後にエンジンテストの後、飛び立ったそうです。




コメント(0)
トラックバック(0)

緊急着陸のオスプレイその後
2017/10/03 20:12:39 ブログカテゴリ オタク | 書庫 Others

9月29日にエンジントラブルにより、南ぬ島石垣空港に緊急着陸した
普天間基地所属海兵隊のオスプレイ2機



左側が今回オイル漏れのトラブルをを起こした「03」(ビューローNo168282)で右側が一緒に緊急着陸した「02」(ビューローNo168283)、いずれも海兵隊所属のMV−22Bだ。



故障機の168282にはトーバーがつけられ、健全なNo1エンジンにはインレットとアウトレットにカバーがかけられ、しばらくいじることがないことを暗示していた。
30日には夕方KC−130Jが救援に来たものの、必要なミッションオイルを届けることができず、健全な機体も飛ばせなかった旨の説明があった。
あけて1日の日曜日の午前中には故障機の漏れたオイル漏れを回収したとされるが、日曜ということもあり、健全機のフライトもなかった。



そして2日は午前中に健全な168283のRemoveBeforeFlightタグが取り外され、点検を受けていたことから、こちらは10月2日中の飛行が予想された。
しかし、その後、待てど暮らせど機体に変化はなく、またしてもたそがれ時を迎えることになった。




そんな状況のなか、今後の飛行に関する詳しい情報もないままフェンスに集まった報道関係者も飛行シーンを収めるまで帰れない状況が続く。
テイクオフシーンをビデオに収めるべくテレビカメラを三脚に据えたまま、ただひたすら待ち続けるしかなかったのだ。
途中、国会議員も視察にやってきたが、ほとんど日本側には詳しい情報がもたらされないことを伝えらるばかりであった。




しかし、米軍も兵士も機体のそばに寄っている。その行為から、30日の輸送機飛来のように米軍も何かを待っているのではないかと思われた。
もしかしたら、30日に突然現れたように支援機がやってくるのではないかとエアバンドに耳をそばだてていた。
陽も暮れかかりスチルカメラでは撮影できる限界も近づいたとき、未確認の機体からタワーに無線が入ってきた。
左ダウンウィンドを見ると、なんともう一機のオスプレーが旋回しているではないか。



そして速やかに機体をバンクさせるとショートカットしてRWY22に滑り込んで来たのだった。(続く)









コメント(0)
トラックバック(0)


[ 前のページを表示 | 次の 5 件を表示 ]