八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
さようならJA8991
2017/10/11 02:15:30 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JTA


日本トランスオーシャン航空のB737−400(JA8991)が退役したそうだ。



記事によると
日本トランスオーシャン航空(JTA)は2017年9月、国土交通省航空局に対し、同社で使用していた737-400、機体番号(レジ)「JA8991」の抹消登録を申請し、同機は9月19日(火)付けで退役しました。
「JA8991」は、日本航空(JAL)が1995年に導入した737-400です。1997年から2012年までJALエクスプレスで使用されたのち、JTAに移籍して現在に至ります。JALエクスプレスは、「JA8997」を除く「JA8991」から「JA8999」まで8機の737-400を保有、全機JTAに移管されていましたが、退役機は「JA8991」が初となります。
なお、「JA8991」は、9月27日(水)付けでアメリカ籍の「N137WF」に機体番号を変えています。

とのこと。



こうして、次々に新しいB787−800が導入される影で、ひっそりと、1機、また1機と国内で見られるB737−400型が退役して減ってゆきます。



やがて来年には石垣空港で見られるB737もANAの500型を除いて、すべてウィングレットがついたNGのグラスコクピットの機体にとって代わられることになるのでしょう。



このJA8991は新空港になった時点では、すでに鶴丸塗装になっていたようですが、旧空港時代にはこのようにJAL EXPRESSの塗装でやってきていました。
特に、この左側面が美しくJAL系の中では珍しくダイナミズムのある見栄えのする塗装であっただけに今、思うと懐かしく、その姿が見られないのは残念に思います。



こうして特長のある機体が消え、鶴丸のB737−800に統一されJALなのだかJTAなのだか分からない機体一色になってしまうことは経営方針とは言え、ウォッチャーからするとつまらないですねえ。
もっともB737−800のジンベエはすでに那覇には到着しているようではありますが・・・






コメント(0)
トラックバック(0)

イリオモテヤマネコはどこに?
2017/08/04 11:27:49 ブログカテゴリ オタク | 書庫 JTA

JTAのB737ー800の2号機のウィングレットにイリオモテヤマネコが描かれている



先日のヤンバルクイナに続いて2番目のキャラクターに選ばれたイリオモテヤマネコ
珍しい立ちポーズ、しかもまたウィングレットの内側のみだ



駐機してあっても、よほど気づく人でなければ目立たない設定に腰の引けた
対応を感じてしまうのは私だけなのだろうか



ピカリャージェットの時代だってもっと自己主張があったと思うが
JALへの忖度しすぎではないのだろうか



親方の鶴丸にこそっと寄り添っているって感じだ



このころの方が派手だったよね








コメント(0)
トラックバック(0)

JTA「JA8525」を抹消
2017/07/11 08:24:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JTA

22年間JTAで使用されてきた機材B737-400のJA8525が登録抹消された




日本トランスオーシャン航空(JTA)は2017年6月、国土交通省航空局に対し、同社で使用していた747-400、機体番号(レジ)「JA8525」の抹消登録を申請し、同機は6月2日(金)付けで退役しました。「JA8525」は、JTAが1995年9月に導入した同社3機目の737-400です。約22年の期間、一貫してJTAのみで運用され、今回の退役に至りました。導入当初はJALグループの旧鶴丸塗装でおなじみの灰色の帯をまとったカラーリングで就航、その後、太陽のアーク塗装、新鶴丸塗装を経て今回の退役に至りました。「JA8525」の、JTAの737-400は10機となり、全機「JA8900」番代となっています。



確かに2013年ごろまではアーク塗装をされていたようだ。

こちらは旧石垣空港で撮影したもの



こちらは、南ぬ島石垣空港で撮影したもの。新空港の開港が3月7日だからこの時点までは、まだアーク塗装だったということですね


最近までは、鶴丸になっていましたが、後輩のー800に後を譲り、輸送機としてアメリカで余生を送ることになっているようです。今までありがとう。これからも環境は違いますが元気に飛び続けてください



コメント(0)
トラックバック(0)

南西航空就航50周年記念
2017/07/04 21:36:34 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JTA

現在のJTAだが、県民の翼として1967年に南西航空として沖縄の島嶼を結ぶ6路線に就航。今年の7月1日で半世紀になるそうだ。琉球新報



現在は新機材のB737−800も就航しているが、50年前に就航させた当時の機体はアメリカのコンベア240というプロペラ機とビーチクラフトのH18という機体でスタートしたそうだ。



コンベアCV−240(40席)



ビーチについては南西航空の写真は残っていないが
機体としては上が同型機と思われる



FlyTeamにはチャーリーマイクさんのこの写真が載っている
これは海保だが、南西航空にもこの同型機があったようだ



そして国産旅客機であるYS−11も導入されました
この後、オレンジ色のSWALカラーになります



このころからは私も実際に乗った記憶があります



そしてB737−200の時代になり会社名も南西航空から
JAPAN TRANCEOCEAN AIRに改称



現在の主力B737−400に移って現在に至ります
今後は下のー800のNGに順次交代する予定です








コメント(0)
トラックバック(0)

翼端は遠きにありて思うもの?
2017/06/17 09:32:30 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JTA

あらあらRACの新機材Q400が翼端をPBBと接触させてしまったようです。



 14日午前8時37分、久米島空港から那覇空港に向けて離陸作業中だった琉球エアーミューター872便(ボンバルディアDHC8ーQ400)が駐機場を移動する際、搭乗ブリッジに接触し、左の主翼の先端の一部が破損した。乗客39人、乗員3人にけがはない。滑走路に破損はない。乗客は後続便で那覇空港に順次向かう。
【琉球新報電子版】



普段のQ400の翼端の状況です。幸か不幸か、もともとウィングレットはついていません。写真からではチップのカバーが損傷した程度に見えます。桁にまで被害が及んでいなければ軽微な修理で復帰できるかも知れませんね。



こちらが今まで使用していた機材DHC−8ー100型。今回、事故を起こしたQ400よりスパンでは2.5mほど短い。今回の件と関係があるかどうかは分かりませんけど。



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]