八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
蘇る南西航空の思い出
2013/03/13 21:01:12 ブログカテゴリ オタク | 書庫 SWAL

SWAL 昭和世代の人々にとってこの言葉は懐かしい響きを持っている
そして石垣空港閉港の日にその記念すべき機体はやってきた



台北から那覇へそして、石垣へと直前まで本当にやってくるのだろうかと
思っていたSWALカラーの復刻塗装機を望遠が捉えた瞬間





ファイナルアプローチで黒い鼻が見えた 確かにこの鼻には見覚えが・・・






タッチダウン間近 機体側面にひかれたオレンジ色のラインが鮮烈に




そしてタッチダウン 流れた月日を乗り越えあの時の記憶が蘇った




機体は同じB737でも、あのときの−200型とは異なり−400型なので
いろいろと違いはあるがSWALの記憶が目前を通過していった





エプロンでは歴代のCAの姿をしたスタッフに迎えられていた




SWALジェットからは、次々に乗客が降りてくる。新空港にはPBBが設置され
タラップを使うのも今日限りだろう




セレモニーなどで、少し遅れはしたが、再びSWAL塗装機はお客さんを
飲み込むと再び沖縄本島へ飛び立っていった




SWALジェット後ろ姿 垂直尾翼の海燕マークがよく見えるこのアングル
SWAL機らしいかもしれない
(JA8999 もとJAL EXPRESS だよね)





コメント(0)
トラックバック(0)

ツインオッター
2012/05/10 10:52:17 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 SWAL
波照間便に就航していたDHC−6 ツインオッター


コクピットと客室の間にドアは無く古きよき時代の機体だが、CAは居た記憶がある。

レジからすると北海道で使っていたJA8798ではないだろうか


コメント(0)
トラックバック(0)

南西航空メモリアル3
2012/05/09 15:26:21 ブログカテゴリ オタク | 書庫 SWAL

これまた南西航空時代のYS−11 JA8787

このオレンジの機体を見ると胸がときめいたものである



機体後方から送風用のダクトをつないでいる様子が見える

気温の高い石垣島では本機の地上での空調は十分でなかったのだろう

撮影年代は1986年頃と思われる




コメント(0)
トラックバック(0)

南西航空メモリアル3
2012/05/09 15:24:02 ブログカテゴリ オタク | 書庫 SWAL
懐かしい写真が出てきた。南西航空時代のYS−11 JA8787




エンジンスタートには地上電源を使用していた

このJA8787はSWALでは”そてつ”で呼ばれ、1996年ごろフィリピンに
売られてしまったらしい






コメント(0)
トラックバック(0)

南西航空メモリアルその2
2012/04/02 15:52:22 ブログカテゴリ オタク | 書庫 SWAL
引き続き、南西航空の記憶です。
あのころ、那覇便にB737そして与那国便にYS−11、更には波照間にDHC−6が飛んでおり、スポットの機体には南国情緒にあふれていた・・・

SWAL

手前からB737−200、YS−11そしてDHC−6ツインオッター

コミューター空港、いかにも南の島の雰囲気が漂う光景だ


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 1 件を表示 ]