八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
カーゴコンビの仕事はじめ
2016/04/03 12:45:21 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 RAC

RACが世界に先駆けて発注したDASH8のカーゴコンビ(すでに2機受領)が訓練飛行を続けていたが、いよいよ今月15日から実際に就航するとの報道があった。







記事によれば”DHC8-Q400CCは2016年4月15日(金)より那覇〜久米島、奄美大島、石垣、与那国へ就航。その後も順次、拡大される予定になっています。”とのこと。





今後、既存の−100と−300は次々とこの胴体の長いQ−400CCにとって替わられることになります。
すでに訓練で連日、南ぬ島石垣空港には姿を見せているので、もはや飛行中の光景は珍しくはなくなりつつありますが、市街地からROIGにアプローチする姿をみても新時代の鉛筆エイト(初期のエアライナーDC−8は長い胴体から、こう呼ばれていた)を思い起こさせ、同じダッシュエイトなのか!本当に?という感じがいたします。そういえばDC−8とDHC−8不思議な胴長コンビですね。





機内は簡素ながら、革張りでなかなかゴージャスなシートではございませんか。さらにシートピッチも広く、与那国まででは、もう少し乗っていたくなるような居住性が感じられます。
尚、この機体の大きさの割に乗客数が少ないのは後で述べる貨物との共存と、CAの数で乗客数を50人までに抑えたいという事情がある模様です。




そして、本機の真骨頂といえば胴体を仕切って後半部分が貨物室になっているところでしょう。
居酒屋の仕切りみたいになっているのかと思いきや、どうやらこうなっているらしいです。





実は国産の戦後初の旅客機YS−11にもパッセンジャーカーゴと呼ばれる貨客混載型がありまして、国内では自衛隊で使われておりましたが、ちょっとそれを思い出すスパイダーネットでミリタリちっくな感じがいたしますね。OD色アレルギーの方々にはいろいろと言われそうな感じですなあ。簡易に外せるパーティションは貼った方がよいのかも知れません。





いずれにしても与那国島にとって今後、この長い胴体の多用途な輸送能力と高速性能さらに静粛性は観光に住民の暮らしに将来へのホープとして前向きにとらえたいと思います。
ぜひ、量産に入りましたら国産のMRJも導入していただきたいところですが。





コメント(0)
トラックバック(0)

晴れたら白鳥になった
2016/02/08 23:57:33 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 RAC

石垣島は昨日までの雨模様の天気から一転、晴天になった



そんななかRACのカーゴコンビは今日もやってきていた



晴れているとま新しい機体は白鳥のように白く美しい



胴長な白鳥はスポットに入るが乗客や荷物を降ろすこともなく



点検を済ますと再び飛び立っていった


4月の営業運行開始まではしばらく訓練飛行が続くのだろう




コメント(2)
トラックバック(0)

カーゴコンビをもっとよく見てみよう
2016/02/07 15:17:45 ブログカテゴリ オタク | 書庫 RAC

運用は4月からだが試験飛行で来ているのか、RACに新たに入ったDHC8Q400CC機が連日、南ぬ島石垣空港に姿を見せている。近づいてクローズアップして見てみよう。




コクピットウィンドウの周辺に”Q400 Next Gen”の文字を発見

JTAのB737−800もだが、こいつもNEXT GENERATIONということか



ステップは以前同様ドアの内側についている。したがって乗降にPBBは使われず

てくてく地上を歩く。石垣だと通常9番スポットにつくことになる



大幅にパワーアップのエンジンもだが、なんといってもその外観の特徴でもある

青竜刀のような6枚ブレードのプロペラが圧巻

新しいアドバンスな感じに色を添えている



T尾翼の水平と垂直の交わる部分にフェアリングがついたのも今までとの違いだ

ちょっと船のバルバスバウっぽいが干渉抵抗の低減が目的か



後部胴体下側両舷にキールのように取り付けられたベントラルフィン

この位置だと方向安定増強が目的か


ダウンフォースを出しそうなくらい天を向いたAPUの排気口

地上でも騒音に対する配慮なのか?



とにかく長い胴体。この全体のアスペクトはダックスフントのようで

従来の−100型と見間違える心配は皆無

またRACが一機所有する太陽アークの−300型よりもはるかに長い

古い飛行機ファンならDC8のストレッチを思い出しそうだ



この長い胴体の中身はこうなっているらしい。74席とれるシートの50席から後ろを

カーゴコンパートメントとして使用する。与那国便ではここに島で捕れたカジキを

乗せて運ぶことになりそうだ




コメント(0)
トラックバック(0)

やってきた長い飛行機
2016/02/06 01:54:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 RAC

大浜上空、向かって飛んでくる飛行機をよくみるとT尾翼だがいつものダッシュ8ではない

もしやこれは?!と思いカメラを向けた



当たりだ。先日、RACに導入され1月19日に報道に披露されたばかりの

ダッシュ8のQ400コンビ機だ



運行は4月からとなっているから、今回はお客さんを乗せた定期運行

ではなく訓練目的での飛来だろうと思われる




機体外形では長い胴体と6枚プロペラ、T尾翼の接合部分のふくらみなどで

今までの−100とは容易に区別がつく。またこのアングルで見上げると

お腹にあるベントラルフィンが目にとまる



目の前を通り過ぎてゆく胴体は今までの−100型と比べると別機体と思えるほど長かった。
今までが青と黄色のRAC独自のシーサー塗装だったことを考えると天草エアラインのイルカとまではゆかなくても沖縄県の離島を結ぶ地域の翼としては、もう少し独自色を主張したかったところだが初号機は親会社に気をつかったのか極々シンプルな鶴丸塗装機だった。
Q400は一時、トラブルが続き、欠陥機扱いされたこともあるが、ANAのバックアップもあり現在では、きわめて安定した運行をされている様子なので、キャパシティが増える上に高速な本機は−100型の後継機としては妥当な選択なのではないかと思う。
今あるRACの5機は17年度末までに、すべてこのダッシュ8のコンビ機であるQ400CCに置き替わる予定だ。



コメント(0)
トラックバック(0)

RACの新機材はQ400CCですと
2016/01/20 19:39:33 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 RAC

RACに新機材 DHC−8Q400CCが導入され4月から運行の予定




DASH8のQ400CCは、聞く名前も初めてだが、それもそのはず。
ただのQ400ではなく貨客混載型であり、今回、RACもキックオフカスタマーの一社になって新たにボンバルディアが開発した機体。
貨客混載型はB737がなくなってしまった与那国便などで、観光客とともにカジキなどを鮮度を保って市場に出すために必要な機能なのだろう。



ノーズの形状こそ、いままでのDASH8と変わらないがコクピット内部は完全にグラスコクピット化されている。エンジンもPW120AからPW150Aとなり倍以上にパワーアップされ、ターボプロップながら最高速は700km/h弱なので近場での運用であればジェット機よりも早く目的地に着くということは十分あり得そうだ。



今までの−100型から大幅に胴体は延長され乗客数は現在の39名から50名になり、プロペラは4枚から6枚になった。
やまちゃんKさんの写真をみるとコンビ機なので後部に大型のカーゴドアがあるのが確認できる。
今後、従来の−100型5機は次々にこのQ400CC型に以降する予定だが、機体とともにグラスコクピットなので、これからパイロットの養成にも費用がかかりそうだ。
Q400CCのQは"quiet"のQだ。動的に騒音を減らすシステムが搭載されている。どのくらい騒音が静かになっているのか?早く南ぬ島石垣空港で、その音を聞いてみたいものだ。



一方で、このボンバルディア、三菱のMRJのライバル機であるCRJも製造しており、先日は受注の落ち込みから経営不振もささやかれていた。
またDASH8のQ400はANAでも使用しており、設計にも三菱が関与してるから日本との関わりも深く、将来、三菱との提携や支援があり得るかも知れない。
日本はYS−11の後継機がつくることができず製造した日本航空機製造は解散、その後、三菱が維持管理をしていたYS−11もボンバルディアのDASH8に次々にとって替わられた経緯がある。そしてCRJのライバル機としてMRJを世に送る三菱が、もしボンバルディアを支援することがあれば、まさにコミューター機の一大叙事詩のようであり民間機の国際競争に日本が絡めるチャンスが訪れたことに南ぬ島石垣空港でその姿が見られるばかりでなく、将来の希望を見出す気がする。





コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]