八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ソラシドが浮上
2014/12/20 14:50:01 ブログカテゴリ オタク | 書庫 JTA
先日、毎年3月に来るソラシドのお話をしたばかりだが

ソラシドエア新規2路線 那覇―中部、石垣 ANAと共同運航




とのニュースが入ってきました

那覇―名古屋(中部)と那覇―石垣の2路線を新設

毎年、3月チャーター便で来ていたソラシドエアの機体を2015年3月29日からは毎日見られることになりそうだ。
使用機材はボーイング737―800(174席)。就航便数や運賃などは来年1月下旬に発表する。とのこと。今まで古い−400型で来ていたが、来年からはANAやスカイマークと同じ−800型が来ることになりそうだ。
しかし、基本的にはANAとのコードシェアなので、あまり安くなることはなさそうな・・・





コメント(0)
トラックバック(0)

ナッツ姫の波紋
2014/12/18 10:07:06 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 Others

最近のニュース報道からナッツリターンということばが
航空用語に加えられようとしています



語源になったのはJALのアークの向こう側に見える大韓航空です
そういえば、このコリアンエアのB737-900を開港直後の南ぬ島石垣空港で
見たことがあります



通常、プッシュバックされて一度出ていった機体が引き返すのは機材の不具合
だとかハイジャックだとか、それなりの無理からぬ事情によるものです。






ところが、今回の引き返しの理由はナッツの出し方が気に入らなかった趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長の常軌を逸した行動が発端でした。

飛ぶ前の引き返しだったらGTB(Ground Turn Back)、飛んだ後ならATB(Air Turn Back)と
呼ばれますが、今回のナッツリターンだとさながらNTB(Nuts Turn Back)なんでしょうか?
このターンバック、韓国の一大財閥の人間の所業がきっかけであったことが、珍しいことでもない11分の遅れを航空関係者のみならず韓国社会をもゆるがす大騒動に発展させてしまったのです。

すなわち、裏には一財閥の力によって国境を越えて公平に適応されるべき航空法までも捻じ曲げてしまう国のあり方自体の問題との危機認識があったからでしょう。
セウォール号の事故以来、特に韓国の財閥が運行する公共交通の安全性には疑いがもたれています。
これでは、もし事故があっても財閥しか救助しないだろうこと、まともな報道や事故原因追及などは期待できないであろうことを容易に予測させ、その会社に多くの人命を扱うA380の運用までも任せてよいのかという国際社会からの目もあったのではないでしょうか。
いえいえ、けしてB737ならいいわけではありませんが、石垣空港に就航しているJTAだって、ANAだってこんなつまらない理由でターンバックしませんから、そもそも韓国以外のお客様を乗せる国際線への就航に危惧が及ぶのはいたし方ないことです。

マニュアルどおりに袋から出して、現場で苦労するCAの手垢にまみれたナッツを食わしてやれば良かったんでしょうねえ。袋入りのNUTごときでPBBに戻るようなことはやめて、NOT RETURNにしてもらいたいものです。













コメント(0)
トラックバック(0)

翼はこころの鏡
2014/12/15 08:38:13 ブログカテゴリ オタク | 書庫 スカイマーク

スカイマークのウィングレットについたハートマーク


よく見ると翼にも映ってた



ダブルハートだ!



コメント(0)
トラックバック(0)

ソラシドも来ていた
2014/12/14 05:07:03 ブログカテゴリ オタク | 書庫 Others

南ぬ島石垣空港内のストリートビューで3Fの展望台に登ってみよう



ムムム。珍しい機体2番スポットに居るではないか



ソラシドのB737−400だがレジまでは見えない



過去の写真を探してみたところ2014年3月30日に熊本へチャーター便として
テイクオフするソラシドエアJA737Aの写真があったが17日から駐機していた
わけではなさそうなので、どうやら、その前にも飛来していたようだ



さらに以前だと2013年3月20日にも確認されている。これはJA737E。
なぜか3月にチャーター便でやってくるソラシドエア

いずれにしてもストリートビューの取材時期と重なって、南ぬ島空港では
レアな機体が写りこんだことになる。




コメント(0)
トラックバック(0)

3月17日の空港をさらに見てみよう
2014/12/13 15:18:32 ブログカテゴリ ゲーム | 書庫 南ぬ島空港

前項に引き続き3月17日の石垣空港を現在と比べてみよう



おそらくこのステンドグラスは1週年で設置されているので、設置直後
ではないかと思われる



クロスタニン・ドナリエラになった2F出発ロビーの写真は
まだ竹富島の赤山の写真が掲げられたままだ



出発時の手荷物検査場にはセキュリティの関係でボカシが入っているが



到着ロビーにまでこんな自主規制する必要あったのだろうか


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 4 件を表示 ]