八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
台風にも人気の石垣島
2015/09/28 14:03:07 ブログカテゴリ オタク | 書庫 JTA

27日。台風21号が接近する南ぬ島石垣空港RWY04にアプローチするJTA機



真北に近く振った風向はカラ岳のガストでガブられる



大気は湿度の高い状況でフラップ外側からは長いベーパーをひく



タッチダウン後にもべーパーをひいているおもしろい写真だ



そして翌日、台風21号は中心気圧が低いまま石垣島に接近




この状況では全便欠航だ。今年は海外からの観光客が多かっただけではない

台風にまで、人気ツアーとされてしまった八重山石垣島の旅であった


先の台風15号の被害も修復していない石垣島への迷惑なリピーターとなった台風21号

もう、しばらく来島はご遠慮願いたい




コメント(0)
トラックバック(0)

あり得ない航空会社
2015/09/09 14:40:21 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JTA

台湾・復興航空機がまたエンジン停止



台北から台湾の離島、澎湖島に向かっていた復興(トランスアジア)航空の双発プロペラ機ATR72が8日朝、2基のエンジンのうち1基に異常が発生し、残る1基だけで飛行して澎湖島の空港に着陸した。乗客乗員26人にけがはなかった。地元メディアが伝えた。

復興機は2月、エンジンが2基とも停止して墜落し乗客乗員43人が死亡したほか、5月にも飛行中にエンジン1基が停止し再起動させるトラブルを起こしている。

 8日は、離陸から約40分後に右翼エンジンに異常が発生したため機長がエンジンを停止、そのまま飛行して約20分後に着陸した。



ちょっと同じ機体でこの航空会社が営業運航が続けられている理由がよく分からない。おそらく国家的な都合によるのだろうが、同じ時代に同じ地球上を飛ぶ飛行機としては、この事故率やエンジンの停止事象の多さは、あんまりではないか。

この事故もまだ記憶に新しいし、その後の調査で整備不良を承知で飛ばす地上整備員や運行管理の問題、健全なエンジンを間違えてとめてしまうという重大なパイロットエラーが確認されたばかりだ。

更にその後もまともにエンジン整備をしているとは考えられないエンジントラブルの数々。同型ではないにしてもATRの機体は日本のJACや天草にも入ってくる予定だから、メーカーへの信頼の低下になっていないことから機体側に根本的な問題はないと判断されている。機体やエンジンはまともだとすれば、運用も整備も管理もできる状態にはない会社なのは明らかだ。
南ぬ島石垣空港にはチャーターでも来ないほうが良い会社の筆頭にあげておきたい。






コメント(0)
トラックバック(0)

相方をチェック
2015/09/08 18:55:16 ブログカテゴリ オタク | 書庫 Others

粟国で着陸に失敗した第一航空のツインオッターJA201Dピンクの

相棒がこのブルーのJA202D



那覇空港のハンガー前に駐機している機体を望遠レンズで確認するとやはり飛来した当時より派手なラッピングが施されていた。

重大インシデントから事故扱いになった粟国空港での滑走路逸脱、1年はかかるともいわれる事故調の結果を待つとすると再開までは気が遠くなりそうだ。

重大インシデントが多すぎる昨今、運輸安全委員会の仕事が追いついていないのが実情なのではないだろうか。


コメント(0)
トラックバック(0)

その後のツインオッター
2015/09/02 19:16:04 ブログカテゴリ オタク | 書庫 Others

粟国空港で着陸に失敗したツインオッターが吊り下げられた


これでみると前胴下部のダメージが特に大きいことがわかる
前回の後ろから撮影された画像と一緒に見ると



手前に落ちているのがノーズホイールと見られるから、滑走路脇のフェンスに機首
から突っ込むと同時にV字側溝にノーズギアを突っ込み脚注からへし折れたようだ。
そのときに前胴の下面にダメージを負ったと思われる



また上から停止状況を撮影した画像ではソテツのような植物に頭を突っ込んで
いる様子も確認される。側溝の段差、フェンス、フェンスの支柱、ソテツが最終的な
制動要因になって機体を静止させたものとみられる



車輪のわだちと機体の停止位置をみると側溝とフェンスの存在によって
突っ込んだ機体は画面左上にスライドして停止したカタチになったようだ



側溝もフェンスもなければこの方向に行っていたと思われる



事故直後の映像なのだろう。パイロットかコパイだろうか。
制服姿の男性が立っているのが確認できる。

今回の事故は両操縦士からも事情が聞ける上、機体は炎上せず状況は確認できる。当初パンクと言われたが、パンクはしておらず地上で聞かれたという異音の音源も気になる。
さらにフライトレコーダならびにボイスレコーダといった多くの物的証拠となるデータが回収され分析ができるので調査に1年などといわずに早期に原因を突き止め、適切な対策をとって欲しいと願っている。波照間は飛行機が来るのを首を長くして待っているのだ。





コメント(0)
トラックバック(0)