八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
RACがちょっと気になる
2015/11/17 09:03:02 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 RAC

石垣島からは与那国、宮古に飛んでいるダッシュ8だが



最近、ちょっと気になるのは、そのトラブルの多さだ



1日に2件の不具合の状況はお互いに関係があるのか気になるところだが、一件は揚力を調整する高揚力装置(フラップ)の不具合を示すランプが点灯したため那覇空港に引き返したものであり、もう1件は出発しようとエンジンをかけたところ、化粧室の煙を探知する装置が何らかの原因で作動したものということだ。




原因については発表されていないが実際に不具合が起きていたことも考えられるし警告関係の誤作動の可能性もある。
ひとつには使用機材がDHC−8の中でも−100型という最も胴体の短い初期の型であることもその一因には考えられるのではないか。
比較的新しい−300型を除きトラブルを起こしている−100型の登録をみるとすでに15年以上過ぎた機体もあることから、経年劣化に対する整備の状況が関わっているとも考えられる。





この−100型は来年以降、順次新機材のQ400型のコンビ機と替わることになっているが、ハインリッヒの法則からしてマイナーでもトラブルの数が多くなってくると重大なトラブルに見舞われる可能性が高まり、運行の安全が脅かされる。経年で劣化する部位についてはあと少しで新機材と交換だから・・・と考えがちだが整備をしっかりしていただきたいと思う。





コメント(0)
トラックバック(0)

名古屋の空にMRJが飛んだ日
2015/11/11 17:59:34 ブログカテゴリ オタク | 書庫 Others

ついに国産民間ジェット旅客機MRJが名古屋の空に舞った



その様子はUSTREAMを通じて全世界にライブ配信された。アクセスの集中からか

動画が固まるシーンもあったが、現在数々のニュース映像が公開されている

JNN   ANN 動画  Youtube    NHK   FNN   

また各所から撮られたファーストフライトの写真がFLYTEMに掲載されている







このHAYATOさんの写真も素晴らしい。およそ古くから日本の航空に関わる
ものとして涙なしには見れないショットだろう。


記念すべきMRJのファーストフライトにぴったり寄り添う先輩のチェイサーたち。
サイドに随伴する機体は、その昔、自社開発の民間ビジネスジェットとしてアメリカに販路を求めたMU-300。
ターボプロップの高速ビジネス機として成功を収めたMU-2の後をおって技術的には成功したものの、シビルエビエーションで航空機を販売することのハードルの高さを思い知らされた。
そして後尾につけている練習機は川崎T−4。
そのすぐれた操縦性で空自のブルーインパルスの使用機材としても用いられる名機だが、あくまでも自衛隊練習機という位置づけであり、民間転用も輸出もできず、総生産機数は212機という機体である。
そんなバックグランドを思いながらこの写真を見るとき、先輩チェイサーからMRJに送るエールが聞こえてくる。
これから飛ぶ空は君にとって厳しい世界だけれども、ぼくらの分まで未来に向かって羽ばたけ、民間の世界でしたたかに頑張れよ!と励ましているようで、胸の詰まる思いがするのである。
戦争によって鍛えられ、戦争によって消滅しかかった日本の航空技術が、長い長いトンネルを抜け再び世界に羽ばたこうとしている。
現在の南ぬ島石垣空港でも旅客機はかつて日本をじゅうたん爆撃したボーイングの翼が主力だが、将来は国産の機体でエプロンを埋め尽くしてみたいものである。






コメント(0)
トラックバック(0)

日の丸ジェット。テイクオフ間近
2015/11/09 19:12:38 ブログカテゴリ オタク | 書庫 Others

戦後初の民間機旅客機YS−11が初飛行したのは、1962年の8月30日だった

その後、東京オリンピックでは聖火を運んだことからオリンピアと呼ばれ南西航空

時代には石垣〜那覇便や石垣〜与那国便でも使われていた



それから日の丸民間機は泣かず飛ばず。ボーイングの下請けに甘んじていた

そして、今、悲願であったYSの後継機、日の丸民間ジェットのMRJが初飛行

に向け最終段階に入っている



産経新聞の記事によると今週中に初飛行を迎えるとのことである



また最近FLY TEAMに投稿されたScotchさん の写真を拝見すると

離陸滑走中にノーズギアまで浮揚する離陸直前の段階まで進んで

いる試験状況を知ることができる。劇的瞬間はもう間近だ

また、その劇的瞬間はUSTでライブ中継される予定だ





YS−11が東京オリンピックの聖火を運んだのと同様に次期、日の丸旅客機MRJは再び2020年東京オリンピックの聖火を運べるだろうか。石垣空港でも、その姿をいつ見られるか楽しみはつきない。












コメント(0)
トラックバック(0)