八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
SWAL賛歌
2018/02/05 23:37:03 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JTA

南西航空特別塗装機の引退にともなって、過去に撮影したJA8999の写真を集めてみました。
被雷時にアークのラダーと交換した珍しい写真などもあるので、もう見ることのできないJA8999の姿を特集して残しておこうと思います。















































コメント(0)
トラックバック(0)

SWALジェットよ、永遠に
2018/02/05 01:17:37 ブログカテゴリ オタク | 書庫 JTA


南西航空時代を再現した特別塗装機「SWALジェット」の最終フライトが報じられていた



JTAの特別塗装機「SWALジェット」が1月30日に最終フライトを迎えた。順次NG機の−800にとって代わられているボーイング 737-400型だが、ふるきよき時代の南西航空を思い出させてくれたJA8999も1月30日、ついに最終フライトを迎えたそうである。



本機は、この石垣空港メモリアルのトップ画像としても長年使用しており個人的にも特別に思い入れがある機体だ。
5年前、2013年3月6日の旧石垣空港の閉港の日に初お目見えしたSWAL復刻機である本機の胴体は美しく輝いており、エンジンはCFMに変わり若干、ー200より胴体は長かったものの、充分、雰囲気を残しており、その昔、降り立った南国、石垣島の空気を彷彿させてくれた。



そして時をさかのぼること30年あまり、内地で働いていた私にとって、指折り数えて待つ待ち遠しい夏休みに南の島の楽園に運んでくれた救世主のような飛行機。それが南西航空カラーのクラシックなB737-200だったのだ。



その後JTAとなり、鶴丸一色となった今、特別塗装機はジンベエジェットしかないので、JA8999が退役した今、当然、一般からはNG機でのSWALカラー復活を望む声はあろうかと思うがウィングレットをつけたNG機はやはり、私の青春時代を包み込んでいた時代の雰囲気とは異なる機体だ。
南西航空は-800型での復活することはないだろうと思う。
さびしくはなるが、5年間というつかの間ではあったが、南西航空時代を思い出させてくれた関係各位の粋な計らいに感謝したいと思う。



シーサーだったRACのダッシュ8−100も鶴丸のQ400かわり
B737-200のSWAL復刻機も-800の鶴丸に・・・時代の変遷だ









コメント(0)
トラックバック(0)