八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
南ぬ島石垣空港開港5周年
2018/03/07 22:55:38 ブログカテゴリ オタク | 書庫 南ぬ島空港

2013年3月7日に運用を開始した南ぬ島石垣空港は今日で5周年を迎えた




以前は市街地にあった1500m滑走路の旧空港から盛山に新しい2000m滑走路の南ぬ島石垣空港が開港して以来、右肩あがりに乗降客数を伸ばし、国内の地方空港としてはもっとも活気のある空港のひとつと言えるだろう。
開港後ANAは中型機B767での東京直行便を就航させ、ますます石垣島と内地の主要都市との関係を近いものにする。


B787−9 直行便は中型機を導入できるANAの独壇場だ

さらにANAはB767についでB787を就航させ、今ではB787の−9やB777−200まで使用して直行便で乗客数を稼ぎだし、以前はほとんど那覇経由だった観光客もいまや半数は大都市との直行便でやってくる、そして昨年は累積乗降客数でついに1000万人を超えた。



空港5周年は石垣島のスタバ5周年でもあった

増加したのは国内便だけではない。毎年、石垣空港にやってくる国際チャーター便も増えている。
今まで、マンダリンエア、香港エクスプレス、チャイナエアライン等に加え、季節限定のチャーターではあるが韓国ジンエアーやイースタージェットなどもやってきた。
勢いターミナルビルの増築が行われているが、国内線の急激な乗降客増加もありこれ以上、増えたら手荷物カウンターやラウンジがパンクするとの危惧する声も強い。



5周年記念で2Fロビーに展示されるミス八重山などのパネル

混雑するターミナルとともにアクセス道路も同様に課題だろう。現在、新しく道路も整備中だが早くてもオリンピックの2020に間に合うのかどうなのか。
こうして石垣島は観光客とレンタカーの急増で市街地は渋滞や事故も増えており、昨今パトカーだらけで大都会並だなあと思うことも多い。
空港やクルーズ船でインバウンド需要で経済が閏うのは良いが、まるで異国のようなスーパーマーケットになったり飲食店はどこもいっぱいで居酒屋難民などという言葉をよく耳にするようになった。
石垣島にどんな未来像を描くにしても、5周年を迎えたこの南ぬ島石垣空港の動向と現在、行われている石垣市長選の結果に、その多くが託されているように思える。







コメント(0)
トラックバック(0)