八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
海上自衛隊TC90現る
2018/03/24 02:40:54 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JSDF

南シナ海での中国の動きをけん制し、フィリピンへの貸与の決まっていたTC90、昨年3月末にフェリーした2機に続き、今年も残り3機が徳島基地を出発し、各地を経由してフィリピンに向かう途中、南ぬ島石垣空港にもその姿を表した。これで5機全機がそろい貸与完了になる。



今回は3機だったのだが、22日に着陸した3機のうち1機はハンガー内に2機は海保前のエプロンに置かれて翌日の出発を待った。



明けて23日は晴天。ハンガー内の1機も引き出され、3機そろったTC90は、間を置いてRWY04を次々に離陸していった。



また随伴してやってきた2機のP−3CもTC90のあとを追うように北の空へと消えていった。



フィリピンはこのTC90よりも随伴機としてやってきた対潜哨戒能力の高いP-3Cの方を希望したようだが、中国に接近しアメリカとの関係が微妙なドゥテルテ政権に日本がP−3Cを貸すということは対米関係からもあり得ないだろう。



今後、対潜哨戒機が国産のP−1に世代交代が進めばP−3Cは順次退役し貸与も可能ではあろうが、フィリピンはそれまでRACでも以前、波照間や宮古便に使用していたアイランダーであったから民間機ビーチ改造型のTC90が適当なところなのかも知れない。
しかし、この海上自衛隊を記した派手な塗装のまま、フィリピンで哨戒任務につくのだろうかね。





コメント(0)
トラックバック(0)

ピーチとバニラが合併
2018/03/18 18:22:36 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 バニラ

先日、バニラエアが石垣島就航を発表したばかりだが、今度はそのバニラエアと同じANAホールディングス傘下のLCCであるピーチアビエーションが合併するというニュースが飛び込んできた


この記事よれば
ピーチは現在、拠点空港として関西、那覇、仙台、そして2018年中に新千歳にも展開する予定です。展開する路線は関西発着で国内線が成田、那覇、仙台、新千歳、新潟、松山、長崎、宮崎、鹿児島、石垣島の9路線、国際線で台北・桃園、上海・浦東、ソウル・仁川、香港、高雄、釜山線の6路線、那覇発着では福岡、台北、高雄、仁川、バンコク線、仙台発着では新千歳、台北線、新千歳発着では福岡、台北線を就航しています。このほか、成田/福岡線、羽田発着で仁川、上海、台北線を展開しています。また、8月に関西/釧路線に就航する予定
であり



大阪のオバチャンちたちが鍛えたピーチアビエーションはピンク

今回ピーチとの合併することになったバニラエアは
拠点空港として成田を中心に、国内線では新千歳、関西、那覇、奄美、函館線、国際線では台北、香港、高雄、セブ、ホーチミン線を展開していますが、関西、ホーチミン線については運休、新たに成田/石垣線の就航を発表しています。このほか、台北を拠点的に展開し、これを発着する関西、那覇線に加え、3月26日(日)から福岡線、8月には那覇/石垣線を加えるほか、関西/奄美線を運航しています。
であるが


そもそも赤のエアアジアとは合わず成田拠点のバニラは、黄色に

上記2社は、いずれもANAホールディングス傘下のLCCということになる。
ピーチはANAグループが株式の67%を所有する連結子会社であり、バニラエアは当初マレーシアのエアアジアとANAが出資して設立したエアアジア・ジャパンに端を発しているものの、国際的なLCCを目指し日本展開を図ったエアアジアと日本的な事情を踏まえたLCCを目指すANAとの間でソリが合わず、結局ANAが全額出資のバニラエアとして生まれ変わった経緯がある。
かくして結局、両者ともLCCとはいうものの、開港当時に低価格を誇ったスカイマークとは1線を画し、フルサービスのANAに気をつかった身内の格安航空会社ということなので、石垣発着便の選択肢が増えることは素直に歓迎したいが本体のANAを脅かすほどの価格やサービスは期待できないんじゃないかと思われる。
先日、発表された石垣〜那覇便の運賃が常時¥3780だったら当時のスカイマークよりやすく上記の見解は撤回ですけれど。



当日でも那覇まで5000円を達成したのに大きなお買い物が災いして
石垣島から撤退してしまったスカイマーク



さらにANA系の石垣発着便では既にコードシェアをしているソラシドエアもあり、このグリーン、ピンクに加えて、今回、黄色がきても石垣空港のエプロンでもロビーでも青味の強い色彩になってきていると言えよう。
これに対しJTAはB737NGの−800型を投入し無料WIFIで対抗はしているが、JALの中型機運用もなくジンベエザメだけでは押されっぱなしの印象だ。
国内での航空自由化は中折れした感触で、先日迷い込んだジェットスターや海外のLCCを呼び込んで健全な競争をしてリーズナブルな路線として石垣便も定着してもらえると島ちゃび緩和で住民としては嬉しいのだが。
ドル箱路線だし、安くしすぎると島が観光客だらけになって逆に生活を脅かされることにもなるだろうか。
情報によると合併後は桃にトッピングしたバニラアイスが溶けてピーチブランドのみになるようですが、ひとまずバニラ味の桃はおいしいのかどうか味わってみたいものである。

PS
その後、今回の合併報道について当のANAホールディングス側は、様々な検討はしているものの、まだ決定した事項ではなく本件については何も決まっていないとの見解を示した。

しかし、その後、22日には
ANAホールディングスは2018年3月22日(木)、傘下の格安航空会社(LCC)のピーチとバニラエアについて、2018年度下期から統合に向けたプロセスを開始し、2019年度末をめどにピーチを基盤として統合することを決定しました。3月22日に開催した取締役会で決議しました。
という公式発表があり先行したニュースは正式発表以前に流出した模様だ。




コメント(0)
トラックバック(0)

おいしそうな話
2018/03/14 03:20:50 ブログカテゴリ オタク | 書庫 バニラ

バニラエア、7月から成田/石垣線と那覇/石垣線に就航へ




開港5年目にして国内LCC、バニラエアが7月~10月の期間、石垣〜成田および石垣〜那覇に就航する予定が発表された。リゾート便をメインにする会社なので観光時期が終わったら冬季の継続はないのかも知れませんが運行スケジュールは記事によると

那覇/石垣線は1日2往復便を運航します。このうち、那覇発JW881便が10時5分、石垣発JW882便が11時50分で、それぞれ飛行時間はおよそ1時間です。午後便は曜日により異なり、那覇発JW887便が17時35分から18時15分、石垣発JW888便が19時20分から20時
となっています。

先日、ジェットスター機がダイバートして、石垣島にも来てくれないかと書きましたが、バニラが来てくれると、国内LCCとしてはピーチの関空の1便しかない住民の足としても選択肢が増えてありがたいことではあります。


バニラエアのサイトによれば時期で多少の上下はあるものの
  成田〜石垣 7780円〜
  那覇〜石垣 3780円〜
このお値段だったら、まずは最初に考えますよね。東京便が羽田ではなくて成田なのが個人的には不便ですけど。
また機体は全部エアバスA320ですが、シートピッチはどうなのでしょう。ピーチと一緒だと、またまた個人的には、ちょっと辛い面もありますね。



那覇空港に着陸するバニラエアのエアバスA320

こうした新たなエアラインの参入があることで南ぬ島石垣空港は今後も更なる旅客需要の増大が見込まれ、現在、拡張工事の急がれている国際線ターミナルとともに2通路機の増加にともなう国内線ターミナルのキャパシティ不足が指摘されています。
同時にターミナルに限らず、駐車場も、アクセス道路も厳しい状況になりつつあります。
さらに先日、3期目当選を果たした中山市長は石垣空港の2500m滑走路への延長計画も示唆しており、国内最後の新空港として開港した南ぬ島石垣空港は大都市から離れた地方空港としては国内最大規模へと発展を遂げようとしています。



現在の滑走路の北側エンドはGOOGLEでみると、こんなですが、仮に北側に500m延長すると、下図のようになりそうです



滑走路北側はかなり段差になっていて、工事はかなりの土盛にはなりますが、スレッシュホールドも含めてなんとか陸地内に収めることはできそうな感じですね。




コメント(0)
トラックバック(0)

南ぬ島石垣空港開港5周年
2018/03/07 22:55:38 ブログカテゴリ オタク | 書庫 南ぬ島空港

2013年3月7日に運用を開始した南ぬ島石垣空港は今日で5周年を迎えた




以前は市街地にあった1500m滑走路の旧空港から盛山に新しい2000m滑走路の南ぬ島石垣空港が開港して以来、右肩あがりに乗降客数を伸ばし、国内の地方空港としてはもっとも活気のある空港のひとつと言えるだろう。
開港後ANAは中型機B767での東京直行便を就航させ、ますます石垣島と内地の主要都市との関係を近いものにする。


B787−9 直行便は中型機を導入できるANAの独壇場だ

さらにANAはB767についでB787を就航させ、今ではB787の−9やB777−200まで使用して直行便で乗客数を稼ぎだし、以前はほとんど那覇経由だった観光客もいまや半数は大都市との直行便でやってくる、そして昨年は累積乗降客数でついに1000万人を超えた。



空港5周年は石垣島のスタバ5周年でもあった

増加したのは国内便だけではない。毎年、石垣空港にやってくる国際チャーター便も増えている。
今まで、マンダリンエア、香港エクスプレス、チャイナエアライン等に加え、季節限定のチャーターではあるが韓国ジンエアーやイースタージェットなどもやってきた。
勢いターミナルビルの増築が行われているが、国内線の急激な乗降客増加もありこれ以上、増えたら手荷物カウンターやラウンジがパンクするとの危惧する声も強い。



5周年記念で2Fロビーに展示されるミス八重山などのパネル

混雑するターミナルとともにアクセス道路も同様に課題だろう。現在、新しく道路も整備中だが早くてもオリンピックの2020に間に合うのかどうなのか。
こうして石垣島は観光客とレンタカーの急増で市街地は渋滞や事故も増えており、昨今パトカーだらけで大都会並だなあと思うことも多い。
空港やクルーズ船でインバウンド需要で経済が閏うのは良いが、まるで異国のようなスーパーマーケットになったり飲食店はどこもいっぱいで居酒屋難民などという言葉をよく耳にするようになった。
石垣島にどんな未来像を描くにしても、5周年を迎えたこの南ぬ島石垣空港の動向と現在、行われている石垣市長選の結果に、その多くが託されているように思える。







コメント(0)
トラックバック(0)

迷鳥A320
2018/03/06 03:31:06 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 南ぬ島空港

MARKさんからジェットスターが石垣にダイバートしたという第一報をもらった時には、既に一杯飲んでしまっていたので撮影に行けず、残念だったと思っていたが、その後、5日になってもまだいるという情報を空港関係者から聞きつけ、おっとり刀でかけつけると確かに3番スポットに普段、見かけることのないJETSTARのA320(JA01JJ)が駐機していた



3日にセントレアから那覇に向かう途中、なんらかの理由でダイバートしてきた
GK383らしいが5日になってもまだ石垣に居た



R24によれば那覇にアプローチしたもののあきらめ、宮古も支障があったのか
石垣ダイバートを決めたらしい




その後、石垣から那覇の便が出ているので、どうやら臨時便を出して乗客
のみ輸送し、JA01JJは石垣に残されたということのようだ




機材にもなんらかの問題があったのか残されていたJA04JJは5日の12時
過ぎに乗客を乗せることなく機体のみプッシュバックされ



滑走路エンドまでタキシング、RWY22からテイクオフに向かう
なんとも珍しい光景だ



その後、速やかに滑走路に入ると軽貨のためか軽々と
南の空に吸い込まれていった



詳しい事情は、わかりませんが、これを縁にジェットスターさん
南ぬ島石垣空港にも就航してくれないものだろうか





コメント(0)
トラックバック(0)