八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
あっけない幕切れか?
2020/01/13 11:45:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 事故調

緊張感の高まる状況の下、イランでおきたウクライナ航空機墜落の原因は、当初の見解を翻し、一転、イラクがミサイル誤射を認める形で決着をみた。



事故当初は原因をエンジントラブルだと主張していたイラン航空当局も、複数の撃墜を示す証拠の存在が明らかになるに従い、誤射を認めないことには、対アメリカだけではなく、国際社会での孤立は避けられず、更なる経済制裁と国内世論がハメネイ師への反発に動くことを恐れたのだろう。
もし誤射だとしてもブルドーザーで現場の証拠を隠滅し、フライトレコーダーも破壊すればなんとなると考えていたイランの目論見は、衛星やスマホの発達によってあっけなく崩れ去ったのかも知れない。


誤射であるとイランが認めたのだから、ボーイングB737NGの機体に問題はなかったとして、ここで石垣空港メモリアルの仕事を終えてよいのかも知れないが私が勘違いしていたことと、感じたことがあるので、今後の課題として書いておこうと思う。



それは墜落場所である。
真っ向から反発していた軍による誤射を認めたことで、イランの言うことなど何の根拠もなく、あてにならないと世界に印象づけた感はあるのだが、どうやら全部全部が嘘でもなさそうなのだ。
現場のデータがなかった当初、FR24のデータから、レーダーからの消失点で爆発し、ほぼその近くに落ちていったものと考えていたが、ミサイルがヒットした地点と墜落地点との間には直線距離で16kmほどあり、ミサイルを受けた後も何がしかのコントロールは効いていた可能性があるのだ。
位置的な関係をまとめると下図のようになる。



イラン航空当局の言う「空港に戻ろうとしていた」という発表は、大嘘だと考えていたが、これを見る限り完全には否定できないように思う。
黄色で描いた点線のコースはこんな感じなのか?と、レーダー消失点と墜落点をなるべく自然につないだだけの想定飛行ルートだが、1500mの高度からこの距離を飛ぶとすれば、かなり航空機としての空力的特性をミサイルを受けた後も維持していたと考えられるのだ。ミサイル着弾により大きく破壊され、質点に近い物理特性であったとすれば着弾したときの飛行ベクトルの延長上に自由落下に近い状態で墜落しているはずだからだ。



また、レーダー消失からなぜ点線の飛行経路を想定したかといえば、最終的に墜落場所の残骸の散乱状況から上図のような方向でかなり、浅い角度で前進速度を保ったまま堕ちて行ったと思われるからだ。
これはNGにも昇降舵系の配線に短絡の危険が言われているが、そうしたメカニカルトラブルではないことも示している。


推定される墜落の方向はこうだ。
不幸中の幸いと言う言葉はこの場合、適切ではないけれど、もう少し手前に落ちてたら乗客乗員以外にも多くの死者を出すことになったと思われる墜落現場である。



真上から見るとこのような場所で残骸はこの線上に400mに渡り散乱しており、墜落の衝撃で垂直尾翼が外れ前方まで飛ばされたのかウクライナのマークのついた垂直尾翼がポツンと草地に落ちている映像がしばしば報道されている。



この状況からすると地上からの映像では機体は大きな火の玉にはなっていたが、大きく飛行能力を奪われることはなく墜落地点まで飛び、その時点では多くの乗員乗客は生きていたのではないか、176名の人命を奪ったのは、多くが墜落による衝撃と火災によるものではないかと想像される。
ミサイルが当たってばらばらになってしまわないのかは専門ではないのでわからないが、今回のように着弾した高度が低ければ胴体に多数、穴開いたとしても与圧によって破壊されることはないかも知れない。
もちろん最初に強硬に主張していたエンジントラブルが原因だったというイラン当局の説明に根拠はないし、自ら認めたのだから、墜落原因が誤射だったのは間違いないだろうが、重大事象が発生して無線コンタクトもないまま、PS752は偶然か必然か現段階では不明だが、空港へ戻るような形で飛び続けたのは事実のようだ。
ここにFR24にエマーム・ホメイニ空港を離陸するPS752と他の航空機の飛行コースの履歴がある。比較しても特に変わった経路ではない。







当日はイランの弾道弾によるイラク拠点への攻撃があり、更なるアメリカの報復攻撃が予想される緊張感の高まった状況であったとはいえ、自国の空港から通常に離陸する旅客機を巡航ミサイルと間違えて対空ミサイルを撃つものだろうか?
本件を「イラン革命防衛隊の誤射の撃墜にて一件落着」として、これ以上の情報が開示されるなくなることを危惧する。墜落の経緯には、誤射の事実だけではなく、まだまだ明らかにされねばならないことは多いのだ。トランプ大統領の微妙な言い回しにも何か隠している裏取引があるんではないかと疑いだせばキリがない。
ちなみに今回のように国際関係の緊張のなか軍の誤射によって、今までも多くの関係のない民間人の命が奪われてきた。
隠し通すことをあきらめ誤射と認め、謝罪もしたのだから隠滅しないでDFDRやCVRのデータは明日の航空安全に資するものとして開示し、原因とともに墜落までの経緯を明らかにして欲しいものである。








コメント(0)
トラックバック(0)