八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
FDAによる色覚検査
2020/02/25 17:14:13 ブログカテゴリ オタク | 書庫 FDA

世の中、新型コロナウィルスで話題持ちきり。そんな観光客減少の折、FDAのチャーター機がしばしば飛来する。エプロンに置かれたエンブラエルのERJ175



なんか、これって以前、石見た機体のような気もするが、若干、色褪せてないか?と思ってレジ番をよく見直してみると



JA16FJ。なんとFDAでは最新の機体で昨年の12月の登録機だ。では以前、見たのは何だったのだろうと写真を見返すと



こっちだった。これは6号機のJA06FJで、公式に色はパープルということになっている。
うん、確かにJA16FJはバイオレットという色名になっている。でも、これって天気によって、けっこう見分けにくかったりするだろうな。




かくしてFDAは色ですぐわかるからいいよね、というのは初期の話。このほかにも03のピンクと15のローズピンクが似てたり、04と11がグリーンだったりけっこうレジ番をみないと結局、分からなくなりつつある。
さらに今後、順調に機材の数が増えていったら、色だけでは識別困難になりそうだ。





個人的には全部、色違いのほうが被写体としては変化があって楽しいけれど、なにかあってパネル類の使いまわしするとすぐバレるので、みっともないことになるのが整備関係者にとっては頭痛の種なんじゃないだろうか。


そういう理由なのかどうかは分かりませんけれど、伊丹にはしばらくウィングレットのない状態の10号機が駐機していたようです。RagRagさんのツイッターより。




コメント(0)
トラックバック(0)