八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
スペースジェット凍結報道の波紋
2020/10/27 16:50:04 ブログカテゴリ オタク | 書庫 Others

10月22日、三菱の開発する国産リージョナルジェット機のスペースジェットが開発計画を凍結するという報道があり、航空界がざわついた。

この報道に対して、当事者、三菱側からは開発凍結の決定は社内ではなされていない旨の指摘があり訂正する一幕があった。





これらの経緯を含めて報道された上記の内容からは凍結は決定ではないものの、その判断がまったくの事実無根でもない厳しい裏事情が透けてみてとれる。



国内には早くも日本独自の開発にこだわった無理な計画があだになったなどの批判的な記事が見受けられるが、私はまったくそうは思っていない。
型式証明取得目前まで行っていたにも関わらず、凍結も選択肢のテーブル上にのせざるを得ない裏にはコロナ禍による今後の需要蒸発も大いに影響はしているが、何度もの独自開発のチャンスがありながらボーイングの下請けで満足してきた政府の取り組みの甘さ、航空機開発事業の重要性への認識の無さがあげられる。





B787でも全機35%は日本製だから、実質日本製であるとか、ANAがローンチカスタマーにもなっているから日本が設計を任されているような幻想は捨てるべきなのだ。
また航空機開発のノウハウは未来の国の盛衰を制するコアスキルであり、国が積極的にバックアップするのは当然。税金も投入して失敗だ、無駄遣いだと批判をするのは簡単だが、航空機というものが国力を示すバロメーターであり、すべての産業の牽引役である事実を忘れているとしか思われない。
航空機の開発能力と国力は比例する。経営的には凍結に近い開発の一時的休眠はやむを得ないかも知れない。しかし、航空機というキーテクノロジーの独自開発を諦めたとき、それは国が国であることを諦めたときだということを国家にも国民にも考えてもらいたい課題だと思っている。
YS−11開発が無ければ、その後のP−1もC−2もなかった。現時点で経済的成功が得られていないとしても、延期続きの苦渋に満ちた開発の中で得たものは未来への重要な資産であることだけは忘れてはならない。
成功しないからやらない。という選択肢はない。国が国として存在するためには成功するまでやり続けなければならないのが航空機開発なのだ。




ビジネスとして振り返れば、計画段階では先行したものの開発が遅延したことで同じGTFエンジンを装備するエンブラエルE2の追随を許し、市場での商品価値が失われる中で、新型コロナによる需要自体の消滅が止めを刺したカタチだが、その原因は技術力の低さにあったのではない。
民間航空機の設計開発において日本が第一線から距離を置いた期間の長さが問題だった。
売れる商品があろうとなかろうと一朝一夕ではできない航空機開発は常に国内に人材を育て維持してゆく必要があるのだ。
国際標準の中で学んだ今回の経験を活かして、仕切りなおした後、日本総力戦として日の丸ジェット復活の日が来ることを願っている。
最後に付け加えれば、スペースジェットに型式証明を与える立場であったFAA内部の問題もB737MAXの事故では明るみに出た。
スペースジェットの一時、休止はやむなしではあるが、世界の航空勢力図を見直して新しい展開を図る転機だと考えて前進させてもらいたい。









コメント(0)
トラックバック(0)

ANAが大型機削減
2020/10/22 12:04:14 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 ANA

コロナ禍で大きな打撃を受けている航空業界、どこも空前の赤字を計上しているが、とりわけオリンピックに向け国際線を拡大し、投資してきたANAHDの今年度の赤字幅が5000億を超える見通しとなり、給与の3割減、冬のボーナスカット、希望退社や長期休暇の薦めなど、生き残りへの様々なリストラ策を講じてきた。


全日空、大型機25〜30機削減

 全日空は21日、主に長距離国際線で使う大型機25〜30機を削減する方針を固めた。リースを含め約60機の大型機を保有しており、半減させる。現在の航空業界の状況では売却の際、取得時の価格よりも大幅に安くなることが想定されるため、まずは帳簿上の価格を引き下げ、評価損を計上する減損処理を20年9月中間決算で行う。大型機は小・中型機に比べ燃費が悪く、整備費用などもかかるため、リストラ策の柱とする。コロナ禍で拡大路線は巻き戻しを余儀なくされた。

 成田、羽田、中部、関西の各空港の国際線はすでに大多数を減便しているが、需要回復時には羽田の発着便から優先的に再開する方針。  共同通信社




そして、国際線の再開の見通しがたたず経費のかさむ大型機から保有機材の半数近くを売却するとしていいる。



売却される大型機とは、B777でー200型は乗客の多い季節、余剰機材を使って南ぬ島石垣空港にも定期的に姿を現していた。
その圧倒的な大きさ、胴体後端で直線に収束する独特のスタイルやハモるエンジン音などでひときわ目立ち、空港に近づくとB777の垂直尾翼の先端でいち早く空港に着いていることがわかったものだ。
具体的に、どの機体が対象になるのかは分からないが国際線用であっても今後しばらく、もしかしたら数年先まで、このB777の姿を石垣島の空港で見ることはできないのかも知れない。



国際線でJALを追い越し、東京オリンピックを見据えたインバウンドの伸びを見越しての投資が今回、あだになってしまった格好だ。

また比較的国内線の多いLCCの方が復活が速かったりもするのかもしれないが、今、国内で人気の観光地、沖縄県も石垣島も医療崩壊の危機である。
後ろ髪をひかれるようなキャンペーンではなく、まずは安心して人が移動できる確実な検査体制が経済を回復させる上でも必須だと思う。
誰もがこんな2020年を予測したものは居なかったが、小説よりも奇な現実を前に多くのものが壊れ、苦悩しながらも受け入れ、変わろうとしているのだ。
人生塞翁が馬、好事魔多し、一寸先は闇。人間の予定はあくまで人間の立てた予定。自然界に人間の都合は通じないということなのだろう。エネルギーの浪費も含めて右肩上がりの航空需要をただただ喜んでいたことを反省させられる。
絶好調なときほど、隠れたリスクについて思いを巡らし、何事にも注意深くあらねばならないというご教訓的なものを感じずにはいられない。




ANAは国民の足でもあり、社会的なインフラでもある。つぶすわけには行かない。
新型コロナ対応のリストラ政策には今後、本当に必要なものなのかを吟味しながら、経済のみではなく環境と安全と幸福度が最大になるような配慮が望まれる。







コメント(0)
トラックバック(0)