八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
コロナと八重山
2020/11/29 18:40:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 Others

全国的に新型コロナの感染者数は急増している。直近一週間の人口10万人あたりの感染者数では北海道、大阪、東京都につづいて沖縄県は全国4番目だ。
しかし、その母数の違いから考えれば沖縄の危機意識は4番目ではなく、日本でもっとも危険であると考えて良いと思う。



ここへ来て第三波といわれる陽性確認者数急増の原因には、冬場の低温・乾燥といった同じ人の生活であっても感染力の増す環境的要因があることは、間違いないし、感染症学者が以前より指摘されていた通りだと思うけれど、今回、広くの地域に分散し、また感染経路が職場や家庭ということになり高齢者への感染が増えたことはGOTO関係で検査を十分でない段階で人の往来を活発にしたことによると考えられる。
GOTOが感染拡大に関係する証拠はないと菅氏は言うが、多くの人が検査もせず動き回ればいたるところで感染の機会が増えることに反論できる証拠などなく、自明だろう。




沖縄県の感染者もまったく収束する気配もなく増え続けている割には危機感は薄い。
医療現場の逼迫とは裏腹にのんきに観光する映像を流す報道も差別的で何かこの国のよくない体質を見る思いがする。
石垣島も11月15日に陽性者が確認された以降、しばらく感染者ゼロが続いたが本日、また一人の陽性者が確認されており、3連休の結果が出てくる今週、再び増えないことを希望している。
現在、家庭とか職場という本来ならば発生現場といえない場所を感染経路として判断していることでも分かる通り、夜の街関連と呼ばれた頃とは異なり、そのほとんどが感染経路が不明であることを重視しなくてはならない。
防疫対策として当初から原理的に抜けのある無症状感染者への水際対策が、市中感染に及んで対応を極めて困難にしており、感染者総量の増加は重症患者を増加させ医療のキャパシティのない沖縄や石垣島にとってはこれからが正念場になるだろう。





感染の多い大都市圏からの観光客の多い沖縄県。外からの感染経路は大丈夫だろうか。南ぬ島石垣空港での防疫体制は、いまも空港出口に設置されたサーモセンサー頼みの状態だ。発熱していなければ、かかることもなく、発熱でひっかかっても行動の規制はあくまでお願いベースであり、PCR検査の要請にも従わない人がいると聞く。
ましてや発熱している段階では、そこで止めたとしても最大の感染力も持つといわれる発症の2日前を過ぎて既に手遅れ状態とも言えるだろうし、感染力のある無症状感染者については、これだけでは防ぎようがない。
そこから市中で飲み食いした際に感染した従業員が家庭や職場で感染を広げると、医療崩壊は目前にある状態ということは、誰にも否定できそうにない。かなり神頼みに近い。





入域客を監視するサーモセンサーの上に鎮座した桜ジンベイに我々の運命を託すのは、彼女にとっても少々、荷が重すぎる職務のような気がする。
政府の舵取りによくアクセルとブレーキという言葉が使用されているが、ストレート前でブレーキを踏んだり、コーナー前でアクセルを踏んだり経済のためやむなしと言っている割に経済にとっても裏目に出ているよう見えてならない。
本来、完全にブレーキで感染が抑えられていればGOTOキャンペーンなど不要だし、安売りしなくても、みんな安心して沖縄にも石垣にも来たいと思っているのだ。
こうして来たくても気がひける状況では、我慢している方々からの恨み節を毎日、聞かされる羽目になる。








コメント(0)
トラックバック(0)