八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ピーチ石垣〜那覇線から撤退?
2014/07/20 22:22:27 ブログカテゴリ オタク | 書庫 ピーチアビエーション

JTAが羽田便にB767を就航させた翌日、ピーチは石垣〜那覇便を運休させた




日経新聞の記事によると

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが沖縄県の那覇―石垣線の運航を取りやめる。
同社が運航を無期限で休止するのは初めて。
採算の確保が見込めないためで、ピーチはすでに同路線の運休の方針を国土交通省に伝えたもようだ。

 同路線は昨年9月に片道最安3290円で運航を始め1日に1往復していた。
ピーチやスカイマークの就航をきっかけに、全日本空輸(ANA)など大手は約2万円の片道料金を5000円
程度に引き下げるなど競争が激化していた。

 ピーチは機長の確保不足で7月から那覇―石垣線路線の便数を減らし、8〜10月は全便を運休すると
発表していた。11月以降も運航しない考えだ。
地元ではピーチの運休などで再び運賃が上がることを懸念する声もある。

 ピーチは那覇―福岡便の運航を19日に始める。関西国際空港からの石垣便も継続する。
那覇―石垣便も1日1往復では採算が厳しいが、複数便を効率よく運航できる状況になれば再開も視野に入れる。




ピーチとスカイマーク就航のおかげで距離的にもずっと近くなった那覇と石垣島だったが
こうした競争激化によって利益の薄い路線と判断したピーチやスカイマークが撤退して
行けば再び本島からも本土からも遠い日本の離島に逆戻りだ



一時は990円での運行など、定時運行やロードファクターの高さを誇り、急成長したLCCとして
注目を集めたピーチだがここへ来てパイロット不足での運休や那覇でのミスアプローチ。
さらには今回の那覇〜石垣線の無期限運休という事実上の撤退表明で石垣市民にとって
のイメージダウンは計り知れない。



今までは儲からないと路線から早々に撤退するスカイマークを懸念していたが、ピーチ
が撤退する現状を目の前にして本当の意味での地域の翼は誰なのか再考せざるを
得ない状況だ





コメント(0)
トラックバック(0)

桃子の気になる”くびれ”
2014/07/18 01:23:27 ブログカテゴリ オタク | 書庫 ピーチアビエーション

ピンクとパープルのカラーリングもあってピーチは女性に人気がある



このカラーリングは確かに青空に映える



しかし男性にも人気がある秘密は腰の”くびれ”



主翼と胴体を整形するフィレットの部分を良く見てみると・・・



Oh!見事なくびれではないか。このくびれ、実はホイットカムが提唱した
遷音速面積法則に従ったコークボトルライン・・・かも



ちなみにライバルのB737を見てみると、ほぼストレートのずん胴

やはりウェストラインのくびれに目が行くのは男の性。ボーイングも次世代では
セクシーライナーを目指してほしいものである



コメント(0)
トラックバック(0)

パイロットはいなくても・・・
2014/07/03 22:13:10 ブログカテゴリ オタク | 書庫 ピーチアビエーション

パイロット不足に語学力不足のパイロットと、いろいろ問題のあるピーチですが



むむ?きれいな機体だ



桃尻も魅惑的・・・ピカピカに光ってる



JA813P まだ先月納入されたばかりのピーチで一番新しい機体だ

パイロットの補充は思うようには行かないが機材は順調に増えているようだ




コメント(0)
トラックバック(0)

上書きしちゃった?
2014/05/02 01:46:22 ブログカテゴリ オタク | 書庫 ピーチアビエーション

先日、石垣からの那覇便で以上に低いアプローチをして重大インシデントとして
取調べ中のピーチアビエーション機ですが・・・




その後の調べで、現象を正確に把握するために必要なコクピットの会話を
記録したCVRの内容がその後のフライトによる上書きにより消失した可能性
があるとか・・・国内線のは記録時間が2時間しかないのか





ということは、本当に機長は海面の接近を認識していなかったのか
それとも異常を知った上での証拠隠滅なのか・・・このときに隣に居た
女性FOはどう認識していたんでしょうか




ただでさえ、運行乗務員不足で欠航が相次いでいただけに、これでまた
さらに欠航は増えてしまいそうで、石垣空港としても先行きが心配されます
社長!お願いしますよ。約束どおり、ちゃんと飛んでくださいね


コメント(0)
トラックバック(0)

英語のできる乗務員募集!桃航空
2014/04/29 23:59:08 ブログカテゴリ オタク | 書庫 ピーチアビエーション

先日来、人材不足による石垣便の欠航と八重山でもお騒がせの
ピーチアビエーションですが・・・




今回のニュースは同じ那覇〜石垣便でもちょっと深刻な運行安全面の問題で
クローズアップされましたNTSBとしても人命にかかわる事故になる可能性も考慮
に入れた重要インシデント認定・・・ピーチのお詫び



進入経路をみると滑走路7km手前で高度100m。通常進入する3度の降下角度
からするとこの時点で0.8度ですものね。グライドパスから完全に外れてます



しかも対地接近警報作動で初めて逸脱に気づいたらしいですから厳しい
マンニングでヘビーローテーション・・・かなり疲れた機長だったのでしょうか?



まあ、こんなニュースにマリコジェットの映像を出してくるNHKのセンスにも笑って
しまいますが 急降下のイベントは勘違いでも、おもしろくて安いジェットコースター
だったでは済まされません



そういえば・・・昨年の6月14日に石垣空港に就航したピーチ初便もRWY22で進入中
にGPWS (対地接近警報装置)作動し待ち受ける観衆の目前でゴー・アラウンドして
RWY04からの着陸だったんだよね

もしかしてエアバスA320とピーチの組み合わせで起こる定常的なゴー・アラウンド?
奇遇な話なのだがこの初便もレジはJA802P、今回騒動の機体も何の因果か同じ
JA802Pなのだ。まあ、ピーチのゴー・アラウンドは珍しいことではないのだが・・・

邪推はやめて後は運輸安全委員会に任せるとしよう



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]