八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
桃は再びやってきた
2018/09/09 13:30:12 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 ピーチアビエーション

おっ!台風21号で浸水、アクセスも壊れて閉鎖の後、損害を免れたB滑走路を使って再開している関西空港。昨日まで欠航していたピーチの石垣便(MM0231)は今日は飛んだようだ。まだ全便が復旧したわけではないが意外にも早い復活劇といえる。

石垣人の到着情報をネットで確認した後の目視確認!(仕事よりマジメだ)
確かに南ぬ島石垣空港の5番スポットには足止めを喰っていた機体とは別のピーチアビエーションのA320(JA8014P)の姿があった。
最初に見た滑走路水没、架橋へのタンカー衝突の衝撃映像からすれば、正直よくまあ一週間以内で石垣島に舞い戻ってきたものだと思う。






関空は日本の物流も担う主要な空港だ。総力を挙げての復旧作業に多くの物理的困難や難しい法的手続き、交渉、さらには駆け引きがあったのだろうことは容易に想像はされるけれど、とにもかくにも官民力をあわせて復旧させた関係各位の尽力には敬意を表したい。
しかし同じ関空便でもANAやJALの石垣便については、いまだ欠航が続いている状態であり日常に戻ったわけではない。






ピーチが比較的早く復帰できた裏には関空はピーチアビエーションの拠点であると同時に、使用しているB滑走路と第2ターミナルが今回、完全に水没してしまったA滑走路と第一ターミナルと比較してずっと損害が軽微であったことが挙げられるだろう。
大阪湾内のより沖合いに張り出していて普段はピーチと国外LCCが主に使用する滑走路であるためメイン建物までは遠く、バスによる移動の不便さや倉庫みたいなターミナルであまり印象は良くないのだが今回は、これらが幸いしてピーチの復旧が早くできた要因となっているのだから皮肉だ。
今後はまだ欠航の続いている国内便に加え、順次、国際便も復旧させ、予定によると明後日以降はソウル便を除いて全て復旧の予定だ。




しかし、もともとアクセスの良くない第二ターミナルである上に、空港島唯一の連絡橋では片側通行を余儀なくされ、要の鉄道もタンカー衝突の影響により復旧にまではまだ1ヶ月を要するとされており、関西空港の機能が完全復旧するまでには、まだ相当、多くの時間を要しそうだ。

また、この台風被害の直後には北海道で地震に端を発した千歳空港の閉鎖など、我々は、想定外の事象が次々に起こる時代に生きていることを踏まえて、海上空港の安全性の見直しを図る一方、石垣島も海で囲まれており、災害時には同様の離島になり得ること配慮した防災計画が重要といえる。
単純に観光客数さえ伸びればよいという経済優先の考え方は、島のキャパシティも踏まえて今後、改める必要があると思われる。
それは、激しく変動する気候に対する備えとなると同時に、東京2020の特需が終わった後の観光産業の救済にも繋がるものと私は思っているが、いかがだろうか。









コメント(0)
トラックバック(0)

桃の里帰り
2018/09/07 13:07:45 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 ピーチアビエーション

連日チェックしていた石垣島に残されたピーチのA320(JA803P)は6日の夕方、巣の関空に戻っていったようだ。




FR24からすると南ぬ島石垣空港を19時17分にテイクオフし2時間14分のフライト後、関空のB滑走路に着陸したということになってる





しかし、本日の関空〜石垣便(MM0232)は欠航になっているから、ピーチは全国に散った機体を関空に引き戻してはいるが、今後の運行については、他のトラフィックや空港の復旧状況に合わせて運行する便を適宜、決めてゆくことになりそうだ。
関空のプレス発表によると今日から、一部の便について飛ばすとのことだが、関空〜石垣便についてはANAもJALも欠航している。





一方で地震の大停電による千歳の空港閉鎖は、すでに解除になっているから、連絡橋も壊れてアクセスの確保も難しい関空はしばらく混乱が続きそうだ。




コメント(0)
トラックバック(0)

桃のその後
2018/09/06 21:10:33 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 ピーチアビエーション

ピーチアビエーションのJA830Pはまだ石垣空港の3番スポットに駐機したままです





受付カウンターにもお客様へのメッセージにも昨日からの変更はなさそうです。




ピーチアビエーションのサイトから欠航のお知らせを見ると




これだと国内便が直接的な台風の空港閉鎖に伴う欠航とされているのに対して、海外の便については台風の影響によるシステム障害とありますから、大規模な停電やネット障がいに伴うシステム障害が直接的な原因のようです。



本日のピーチのサイトで運行を確認すると昨日は空欄だった備考には欠航の表示があります




当然ながら、JALの石垣〜関空を結ぶ086便も欠航です。
しかし空港閉鎖でまったく関空に機体が降りられない状態なのかというと、どうやらそうでもなさそうなんです。


関空を運営する関西エアポートは5日夜に着陸したピーチ機について、7日に乗客を乗せて飛ぶためのテストフライトだと説明。6日夕方以降も同社の機体が何便か着陸する予定という。

ということだそうで、フライトレーダー24でスケジュールを確認してみると

>
ほほう。ピーチは夜間に無傷だった関空のB滑走路を使って飛行機を着陸させているのですね。
確かにスケジュールをみるとこれからも夜間に各地に散っていた機材を次々に着陸させる予定であることがわかります。
おそらく石垣空港にステイさせているJA803Pも同様な方法で今日、明日には戻すのではないかと思われます。
ただし、機体がピーチの本拠地に勢ぞろいしても連絡道路、その他のインフラや障がいのあるシステムなど空港機能は、すぐには回復しないと思われ、空港閉鎖の解除はまだ先になるのではないかと考えられます。
いつになったら、石垣〜関空便が復活するのかは定かではありません。




でも、今、全国的に話題になっているのはこちらの方でしょうか。北海道の地震で関空に続いて空港閉鎖に追い込まれた千歳空港の状況です。
こちらは電力供給の問題なので明日には閉鎖は解除される予定ですが、記録的な台風や予測不能の大地震と想定外の自然災害の前には、なすすべのない我々人類の脆さを思い知らされた思いがいたします。






コメント(0)
トラックバック(0)

漂流桃の行方
2018/09/05 16:50:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 ピーチアビエーション

そして5日になっても飛べないピーチは、エプロンに置かれたままだ




掲示板を見てもKIX行きは全便欠航に決まってはいる



ピーチのカウンター前の掲示板には、昨日と同じように手書きのこんなインフォメーションが



そうなのね。欠航便については払い戻しはするけど自社、他社便に関わらず乗り継ぎ便までは振り替えなどの補償できないってことみたいですね。



明日以降の予定も立たず、見込みを聞いても要領を得ず、途方にくれる搭乗予定の利用者たち。じゃネットの運行情報はいったいどうなっているんだろう?とみると。







う〜ん。6日以降の運行便についても影響を受ける可能性があります。って。
そりゃ、そうだろう。
明日、明後日に運行が開始できるのかって言われれば絶望的な気がする。
神戸とか伊丹に送ってあげることはできないのだろうか。







試しに運行情報で6日の石垣〜関空を検索してみると、予定はそのまま10時50分に出発するように書いてあるし備考にも何もない。
これじゃ見た人は普通に飛ぶのかと期待を持ってしまうだろう。
そうこうしてるとISGにTVで見覚えのあるチンダミのオジサンがやってきた






こうハッキリ言ってあげたほうがよくないかね









コメント(0)
トラックバック(0)

ピーチ石垣〜那覇線から撤退?
2014/07/20 22:22:27 ブログカテゴリ オタク | 書庫 ピーチアビエーション

JTAが羽田便にB767を就航させた翌日、ピーチは石垣〜那覇便を運休させた




日経新聞の記事によると

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが沖縄県の那覇―石垣線の運航を取りやめる。
同社が運航を無期限で休止するのは初めて。
採算の確保が見込めないためで、ピーチはすでに同路線の運休の方針を国土交通省に伝えたもようだ。

 同路線は昨年9月に片道最安3290円で運航を始め1日に1往復していた。
ピーチやスカイマークの就航をきっかけに、全日本空輸(ANA)など大手は約2万円の片道料金を5000円
程度に引き下げるなど競争が激化していた。

 ピーチは機長の確保不足で7月から那覇―石垣線路線の便数を減らし、8〜10月は全便を運休すると
発表していた。11月以降も運航しない考えだ。
地元ではピーチの運休などで再び運賃が上がることを懸念する声もある。

 ピーチは那覇―福岡便の運航を19日に始める。関西国際空港からの石垣便も継続する。
那覇―石垣便も1日1往復では採算が厳しいが、複数便を効率よく運航できる状況になれば再開も視野に入れる。




ピーチとスカイマーク就航のおかげで距離的にもずっと近くなった那覇と石垣島だったが
こうした競争激化によって利益の薄い路線と判断したピーチやスカイマークが撤退して
行けば再び本島からも本土からも遠い日本の離島に逆戻りだ



一時は990円での運行など、定時運行やロードファクターの高さを誇り、急成長したLCCとして
注目を集めたピーチだがここへ来てパイロット不足での運休や那覇でのミスアプローチ。
さらには今回の那覇〜石垣線の無期限運休という事実上の撤退表明で石垣市民にとって
のイメージダウンは計り知れない。



今までは儲からないと路線から早々に撤退するスカイマークを懸念していたが、ピーチ
が撤退する現状を目の前にして本当の意味での地域の翼は誰なのか再考せざるを
得ない状況だ





コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]