八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
バイキングエアって何だ!?
2014/01/26 12:45:34 ブログカテゴリ オタク | 書庫 南ぬ島空港

波照間便の復活についてツインオッター機での再開計画があることは以前も触れた

その後について

こんな記事が

載っていた



記事では昔の写真がないのか、波照間空港にこの水上機の写真が・・・

しかし計画されているDHC−6ツインオッターは、昔、波照間や与那国便で
使われていたこの機体である


<

DHC−6はデ・ヴィランド・カナダの設計で、湖の多い土地柄、水上機の設計で有名な会社だ。しかし今はボンバルディアに統合されツインオッターは生産していないだろうに、と思っていたら記事にはバイキングエアなる会社の名称が・・・

バイキング・エアは、過去のデ・ハビランド・カナダ機全機に対する部品製造関連事業をボンバルディアから買収した。さらに2006年2月24日にはボンバルディアより既に製造が終了したデ・ハビランド・カナダの旧機種対する型式証明の譲渡を受けた。対象となったのは以下の各機種である。

・DHC-1 チップマンク  ・DHC-2 ビーバー ・DHC-3 オッター    
・DHC-4 カリブー ・DHC-5 バッファロー   ・DHC-6 ツイン・オッター
 ・DHC-7 ダッシュ7  

バイキング・エアはこれを元に新型機の開発製造を行う権利を獲得し、2008年以降はDHC-2 ビーバーとDHC-6 ツイン・オッターの製造を行っている。

なるほど、めっちゃ面白そうな会社だ。てっきり東南アジア辺りから中古機でも買うのかと思っていたがこんな会社があったのか・・・
ということは新造機の購入も可能だということだよね。個人的には石垣空港でバッファローやカリブーの姿なんかも見てみたいが、趣味でやってるわけじゃないもんね

いずれにしても離島コミューター機の継続問題は公的補助を含めた採算性です。 続けられるビジネスモデルの確立を目指していただきたいものです



コメント(2)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

http://flyteam.jp/news/article/31844
2014/02/13 03:57:17 [ 発注 ]

バイキングエアに本当に発注したんですね。
ツインオッターをぜひ南ぬ島空港で見てみたいです。
南西カラーで塗ってくれるとノスタルジーなんだけど・・・
2014/02/15 20:03:54 [ GOLDJET ]


▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。