八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
さようならJA8991
2017/10/11 02:15:30 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JTA


日本トランスオーシャン航空のB737−400(JA8991)が退役したそうだ。



記事によると
日本トランスオーシャン航空(JTA)は2017年9月、国土交通省航空局に対し、同社で使用していた737-400、機体番号(レジ)「JA8991」の抹消登録を申請し、同機は9月19日(火)付けで退役しました。
「JA8991」は、日本航空(JAL)が1995年に導入した737-400です。1997年から2012年までJALエクスプレスで使用されたのち、JTAに移籍して現在に至ります。JALエクスプレスは、「JA8997」を除く「JA8991」から「JA8999」まで8機の737-400を保有、全機JTAに移管されていましたが、退役機は「JA8991」が初となります。
なお、「JA8991」は、9月27日(水)付けでアメリカ籍の「N137WF」に機体番号を変えています。

とのこと。



こうして、次々に新しいB787−800が導入される影で、ひっそりと、1機、また1機と国内で見られるB737−400型が退役して減ってゆきます。



やがて来年には石垣空港で見られるB737もANAの500型を除いて、すべてウィングレットがついたNGのグラスコクピットの機体にとって代わられることになるのでしょう。



このJA8991は新空港になった時点では、すでに鶴丸塗装になっていたようですが、旧空港時代にはこのようにJAL EXPRESSの塗装でやってきていました。
特に、この左側面が美しくJAL系の中では珍しくダイナミズムのある見栄えのする塗装であっただけに今、思うと懐かしく、その姿が見られないのは残念に思います。



こうして特長のある機体が消え、鶴丸のB737−800に統一されJALなのだかJTAなのだか分からない機体一色になってしまうことは経営方針とは言え、ウォッチャーからするとつまらないですねえ。
もっともB737−800のジンベエはすでに那覇には到着しているようではありますが・・・






コメント(0)
トラックバック(0)