八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
南ぬ島石垣空港で見なくなった飛行機
2017/11/13 12:48:22 ブログカテゴリ オタク | 書庫 RAC

尾翼にシーサーを描いたアイランダーも過去のものになって久しいが、最後まで残っていたシーサー塗装のDHC-8-100もまた、Q400CCにあとを譲り引退。その姿を見なくなっていました。




RWY22でテイクオフするシーサーダッシュ(JA8935)

Flyteamの記事によると


琉球エアーコミューターは2017年10月、国土交通省航空局に対し、同社で使用していたボンバルディアDHC-8-100、機体番号(レジ)「JA8935」の抹消登録を申請し、同機は10月12日(木)付けで退役しました。
「JA8935」は、2003年に琉球エアーコミューターに導入された同社4機目のDHC-8-100です。導入当初から一貫してシーサー塗装として運航され、太陽のアーク塗装や鶴丸塗装になることなく引退を迎えました。



最後に残ったJA8935

なお、琉球エアーコミューターは、2016年8月にDHC-8-100として初めて「JA8974」を退役させたほか、2017年1月には「JA8972」、6月に「JA8973」を抹消、天草エアラインで運航されていた「JA81AM」も含め、「JA8935」は日本最後のDHC-8-100となっていました。




「JA8935」は現在、「C-FWLN」として登録され、カナダなど北米に拠点を置き、航空機リースやMRO事業を手がけるAvmaxグループが保有しています。

だそうです。まだ飛んでいるようでなによりですね。









コメント(0)
トラックバック(0)