八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
「失われたアーク」in石垣空港
2018/01/21 18:12:55 ブログカテゴリ オタク | 書庫 RAC

RACで一機だけ残っていたアーク塗装のダッシュ8のー300型が引退となり、1月31日の定期運行を最後に引退するのを記念して周遊飛行が計画されている。



なるほど。先日、Q400の機内でもらったのが−300型だったということをご報告したけれど、もう引退したら配れなくなるという理由もあったのかも。
引退記念で、かえって貴重な頂き物になったけど。Q400のももらったし・・・
アーク引退を機会にこのー300型を石垣島での写真を中心に振り返ってみたい。



RACで一機のみ運用されたー300型(JA8936)は2007年2月に受領し、同年3月からの運用となっているが、これは、まだま新しかった2008年、旧石垣空港で撮影したものだ。
まだアークも鮮烈な赤い色をしている。



こちらはしばらく経った2010年、旧石垣空港で撮影したもの。シーサーのー100型は4機いるのに対して1機のみのアークは被写体としてはレアで優先度が高かった。
海保のダッシュ8もー300型なのだが胴体の長さは短いー100型と超長いQ400の中間に位置し、−300型が見た目にも程よい長さであり、飛行機としてのバランスは一番よさそうだ。



更に旧空港の閉港も近づきつつある2012年頃に撮られたJA8936



南ぬ島石垣空港に移ってからのJA8936。新空港にかわり投入後10年近くになるとシーサーもアークも機材トラブルで遅延や欠航することが増え、3番スポットにおかれたダッシュ8を頻繁に見るようになった。
このころから新機材に決定したQ400CCの就航が待たれるようになっていった。



そして、今月、那覇空港で撮影したJA8936。初期のころのアーク塗装と比べると垂直尾翼の赤も大分色あせ疲労感を感じる。
残された最後のアークは2月1日の遊覧フライトを終えたら塗装を落とされ、ウーパールーパーのような姿でランウェイの反対側に置かれフェリーを待つのだろう(涙)
ありがとう。そしてお疲れ様、JA8936。

この機体が引退するとRACの機材はQ400CCに統一され、より快適で機材の運用も効率的になるとは思うが、白の鶴丸ばかりで面白くもおかしくもなくなる。
せっかく与那国みたいな個性的な地域を飛んでいるのだから地域性のある特別塗装もお願いしたいところである。
ちなみにこの機体の名称をDHC−8Q300と表記しているものを多くみかけるのだが、Qは”Quiet”の頭文字で静粛性への配慮を示す記号であり、Q400から装備された室内騒音制御システムのNVS装備機についてのみ付すべき”Q”ではないかとワタシは理解しているのだが、ボンバルディアはどう考えているのだろう。






コメント(0)
トラックバック(0)