八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
おいしそうな話
2018/03/14 03:20:50 ブログカテゴリ オタク | 書庫 バニラ

バニラエア、7月から成田/石垣線と那覇/石垣線に就航へ




開港5年目にして国内LCC、バニラエアが7月~10月の期間、石垣〜成田および石垣〜那覇に就航する予定が発表された。リゾート便をメインにする会社なので観光時期が終わったら冬季の継続はないのかも知れませんが運行スケジュールは記事によると

那覇/石垣線は1日2往復便を運航します。このうち、那覇発JW881便が10時5分、石垣発JW882便が11時50分で、それぞれ飛行時間はおよそ1時間です。午後便は曜日により異なり、那覇発JW887便が17時35分から18時15分、石垣発JW888便が19時20分から20時
となっています。

先日、ジェットスター機がダイバートして、石垣島にも来てくれないかと書きましたが、バニラが来てくれると、国内LCCとしてはピーチの関空の1便しかない住民の足としても選択肢が増えてありがたいことではあります。


バニラエアのサイトによれば時期で多少の上下はあるものの
  成田〜石垣 7780円〜
  那覇〜石垣 3780円〜
このお値段だったら、まずは最初に考えますよね。東京便が羽田ではなくて成田なのが個人的には不便ですけど。
また機体は全部エアバスA320ですが、シートピッチはどうなのでしょう。ピーチと一緒だと、またまた個人的には、ちょっと辛い面もありますね。



那覇空港に着陸するバニラエアのエアバスA320

こうした新たなエアラインの参入があることで南ぬ島石垣空港は今後も更なる旅客需要の増大が見込まれ、現在、拡張工事の急がれている国際線ターミナルとともに2通路機の増加にともなう国内線ターミナルのキャパシティ不足が指摘されています。
同時にターミナルに限らず、駐車場も、アクセス道路も厳しい状況になりつつあります。
さらに先日、3期目当選を果たした中山市長は石垣空港の2500m滑走路への延長計画も示唆しており、国内最後の新空港として開港した南ぬ島石垣空港は大都市から離れた地方空港としては国内最大規模へと発展を遂げようとしています。



現在の滑走路の北側エンドはGOOGLEでみると、こんなですが、仮に北側に500m延長すると、下図のようになりそうです



滑走路北側はかなり段差になっていて、工事はかなりの土盛にはなりますが、スレッシュホールドも含めてなんとか陸地内に収めることはできそうな感じですね。




コメント(0)
トラックバック(0)