八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
バニラエア就航の波紋
2018/05/25 03:12:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JTA

GWも終わり夏休みシーズンに向け各航空会社の動きが活発化している






そんななかでも気になるのがこれだ。先日7月からの石垣便の就航を発表したバニラエアの低価格を歓迎すると書いていたら一転

八重山毎日新聞にはこんな記事が


 格安航空会社(LCC)のバニラエアが7月1日から成田ー石垣、那覇ー石垣に就航する。ピーチ・アビエーションが那覇路線を廃止してから約4年ぶりのLCC就航だ▼地元の人が多く利用するであろう那覇路線は片道3780円からの設定で、うまく利用すれば1万円以下で往復が可能。先日は片道980円からの特別運賃でも販売された▼ピーチの路線廃止で遠ざかっていた「那覇で模合」の夢が再び現実となる日も近づいている。早めに計画を建て、うまく利用すればLCC運賃の安さは魅力だ▼その歓迎ムードの中、県は17日、離島住民の航空機の利用に一定額を補助する「沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業」の適用保留を発表。これを受け、航空2社は補助額分の片道6350円を既存離島割引運賃に加算するようだ▼適用保留の理由は「航空会社の公正かつ自由な競争が制限されるから」。利用者に事前の安い料金を利用しなさい。もしくは、航空各社が競争し、当日運賃も引き下げよ、ということか▼事前に旅行計画を建て、利用する観光客はともかく急な利用や予定変更も多い地元の利用者にとって離島割引は便利だっただけに、適用保留は残念だ。バニラの便数は2便。大手2社の約4分の1。この比率で競争原理が働くのか疑問だ。




これは、いったい何の仕打ちなのか。大手2社の価格の1/4と言っても2便しかないバニラの参入によってこのトラフィックでの自由競争が期待されるから、今後は離島割引は廃止します、ということを言っているのだとしたら島民にとって恩恵だと思われたバニラ参入は一機に色あせたものとなる。
そもそもこの大手二社に対して、その傘下のLCCが加わっても自由な競争など期待できないのは自明ではないか。
デザートにバニラアイスをあげるから、主食のパンと米(ANAもJTAも)はこの際、値上げしましょうね、と言っているのと同じである。
そもそもトレードしてはいけない異なる分野をごっちゃにしているところが変だろう。
島民はブルーシールを毎日主食に食べているわけではないのだから。






石垣島に住んでいると何かと急に那覇に飛ばなくてはならないことが多い。沖縄県庁の八重山事務所ではすまない案件もそうだし、子どもたちのスポーツ等の派遣にしてもだ。
そんな時に当日でも使える島民割引は石垣島の経済を支える上でも島で住民が生活する上でも必要不可欠な存在といえる。

バニラエアのように以前から予約を必要とし、リゾート観光を主体にした日に2便しかない座席数の僅かなバニラエアの存在と島民の生活を支える「沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業」を同じ土台の上でやりとりすること自体がその主旨に反していると思うが、その点について県はどう考えているのだろうか。








コメント(4)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

酷い話ですね?
学生の身なので離島割引保留はキツいです
2018/05/25 20:47:12 [ MARK125 ]

おかしいですよね。主旨の違うものをトレードしようとしている。裏のやりとりを疑ってしまうのは私だけ?島民が暮らしにくい島になるなら、あふれるほどの大量の観光客が来ても豊かな島は成立しないです。
2018/05/28 09:43:01 [ goldjet ]

お久しぶりでーす!
久しぶりに来て過去記事から食い入るように見てました。笑  ツインオッターのエンジン音聞けないのも寂しいですが、離島ならではの個々の経済面も大変ですよね。姉妹、小中の派遣とその引率でお給料ぶっ飛びますもん。泣
行政が離島の援助に必死になってくれることを期待しつつ、ここのブログ記事と写真で癒され中です!
2018/05/28 22:42:13 [ S.SNGW ]

おひさしぶりです。
ブログに足跡を残していただきありがとうございます。
地域のコミューター航空存続問題も離島割引の問題も、島で暮らす我々にとっては生活や財布にダイレクトに響く関心事。県は地域住民からの強い要望があれば、との対応だそうです。声をあげてゆきましょう。
2018/05/28 23:58:34 [ goldjet ]


▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。