八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
MAX連続事故での気がかり
2019/03/21 02:28:37 ブログカテゴリ オタク | 書庫 MAX問題

事故原因につながる、今までにわかったこととして




「ボーイング最新鋭機はなぜ落ちたのか」と題してニューズウィークが日本語版をだしてくれている。
外からではわからない米国内部でこの事故をどうとらえているのかがわかり興味深い。

昨年10月のライオンエア、そして今回のエチオピア航空機という2度の重大事故という現実に向き合って内容をフォローしたとき、これが真実だとすると残念なことであり、けしてあってはならない話なのだが、ほぼ現実に起こっている話のように思われる。

やはり一番気になっていたのは、ボーイングやFAAという世界の航空を牽引してきた方々の重大事故後の対応である。

今、ニュースで2つの事故の類似性と言われている部分。
すなわちMAXから採用したMCASの問題は、インドネシアJT610便のときから散々、言われていた。
普通であれば、この時点で一度、MAXの運用を停止して考えられる問題についてスクリーンすべきじゃなかったのか?ということだ。
このJT610便の事故は最終的な事故報告こそまだだが、AOAセンサーの入力値が左右20度も違っていて、それに起因したMCASの機能とパイロットが戦ったのはほぼ間違いないことがわかっているのだから。




だが、それに対して、FAAもボーイングも表明したのはMAXの安全性は保証されているが、より安全にするためにソフトウェアを書き換える。マニュアルにMCASがRUNAWAYしたときの対応を加える。というもの。
本当にそれだけでいいの?という内容であった。
この時点で、はじめてMCASの存在を知ったパイロットがほとんどだったというから、インドネシアはいわずもがな、米国内ですらそうなのかい、と、呆れるしかない。
そしてこの時に不自然だと思ったのは、製造したボーイングとTCを与えるお目付け役のFAAって独立していないの?という不安感である。
ライバルのエアバスに対して国益・経済優先でキミたち一緒につるんでズルしてない?という疑惑だ。今はこの部分にも捜査の手が及んでいる。




そして一番、恐れていたことが起きた。
2度目の墜落事故だ。
普通だったら最新型機の似たような重大事故だ。何か機体に問題があるのでは?と素人だって疑うに違いない。
しかし彼らはそこでも「MAXは安全です、それには自信があります」と言い続ける。
運行停止も考えていないと言い続け、異例にも米国以外の国々からMAX運行停止の輪は広がり、株価に敏感なトランプがトップダウンでようやくMAXはGROUNDされることになった。
こうしたMAXと米国の対応から生じた不信感はエチオピア航空ET302の現場から回収されたブラックボックスを製造国ではなく、エアバス擁する敵地ともいえるフランスに送って取り出すという異例の事態を招く。
更に取り出されたブラックボックスのデータからは、ものの見事にMCASとの戦いの痕跡が・・・(出たらしい)
こうなると、「二つの事故を関連付ける根拠は今のところ何もない」と言っていたFAAにもボーイングにも「ほら見ろ、君たち知ってて何か隠してたんじゃない?」と疑惑の目を向けられるのは当然だ。



そして気になる問題が他にも出てきた。
飛行機は誰が飛ばすのか?だ。
機上で乗客乗員のために命を張るパイロット不在の航空機開発の現場であったり運用であったりが、事故後に数多く報告された。
どうせ普通のパイロットには説明してもわかるまい、と、知らない間に組み込んだビックリ箱に翻弄される彼らこそいい迷惑だ。
「基本B737だから充分わかってるよね、MAXとの違いはiPadで見といてね。」ってゲームじゃない!
昔のパイロットなら「必要な情報か、否かは俺が判断する、従来機から変更したところを全部知らせろ」って言っただろう。いつからこんなことになってしまったのだろうか。





実のところ、この裏には前回、申したとおり、ライバルエアバス機との激しいバトルがあり、米国としては国益を守るため乗客乗員の命よりも米国ファーストになってはいなかったのか。
ここまで書いてきた信じがたい内容が現実だとすれば押しも押されもせぬ航空大国である米国が世界のデファクトスタンダードから一転、一企業の経営判断レベルになったことを示しているのだろうか。
今後はFAAの承認などとらなくても、同様のエンジンを積むC919を世界に売り込めそうだと中国にかっこうの付け入る隙を自ら与えているのではないのか。
世界の航空の発展のためにも司法省はともかく、FAAやボーイングに対してNTSBはちゃんと独立した捜査をしてくれることを切に望みたいと思う。


















コメント(0)
トラックバック(0)