八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
JTA羽田直行便にB767
2019/04/27 09:51:16 ブログカテゴリ オタク | 書庫 JTA

以前、夏場の7〜8月の繁忙期にはJALからのウェットリースでB767を飛ばしていたJTAの羽田直行便だが一昨年と昨年はリース機の関係からなのか就航がなく需要の高いドル箱路線をANAに押さえられたカタチだった。
今年は都合がつけられたのか、再び就航になるようだ。







写真は2014年当時、南ぬ島石垣空港で撮影したもの


26(金)日の八重山毎日新聞には以下の記事が掲載されていた





一日、羽田〜石垣を二往復しているうちの午前便のみが、このB767−300になるようだ。
試しに7月の予約状況で運行を確認してみると、確かに機材の欄には767の文字が見られる。
予約時点ではB737−800だったものに変更が出ているから、B6の投入は最近になって確定したものなのだろう。






東京との直行便は3時間のフライトとなり、B3よりもB6の方が機内も広く快適である。
B767は2通路機とは言え大型ではなく中型機という範疇になるが2−3−2のアブレストでゆったり乗れるB6は機内サービスに関してもゆとりがあるように感じる。

ここ数年、羽田直行便に関して言えばB737−800の二往復のみのJTAに対して、B6、B7、B8を自在に飛ばすANAの独壇場だったが、赤組としては今年の夏場は一矢を報いた格好だ。
でも、せっかく3時間以上あるのに機内WI-FIが使えないとなると、人によっては午後便の選択もあるのかも知れない。





JTAは運行停止になって夏場の空への復帰の目処も立たないB737MAX−8にしなくて良かったと思っていると同時にB6が調達できて、夏場に向けて安堵しているところではなかろうか。



ちなみに7月のANAの方はJTAと同日運行予定を予約状況から確認してみると使用機材は午前便、午後ともB777−200になっている。
航空機の座席キャパシティが増えて来島する観光客も増えると同時に、今度はターミナルに人が溢れ、レンタカーが足りなかったり、アクセス道路が渋滞したり、それはそれなりにかかえる課題も多そうだ。







コメント(0)
トラックバック(0)