ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
沖縄で痩せるなら全身痩身専門ササッときれいFREYA ダイエット シェイプアップ デトックス 美肌 骨盤調整 パフォーマンスの向上
過食太り・中年太り・下半身太り・産後太り 続々と美しく変身 驚きの全身−37.6? 次はあなたです! 家事やデスクワークで首や肩が凝っている 冷えむくみをなんとかしたい ストレスでなかなか眠れない なにをやっても痩せない
成長ホルモンの減少
2010/05/28 15:42:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
成長ホルモンが減少すると 疲れが抜けない 筋肉や骨の衰え 関節の異常 肌のハリがなくなる・・・・・・

他にも様々な症状があります。

成長ホルモンは子供のころはさかんに分泌されますが、体の成長が終わる20歳ころを境に減少してきます。

分泌がもっとも多い10代と比べると50代の分泌は5分の1以下にまで低下するといわれています。

年をとると疲れやすい 痩せにくいのは、この成長ホルモンの減少が関係していたのです。

年齢とともに分泌が低下するといっても、あきらめる必要はありません。

努力によっては、成長ホルモンの分泌量を増やすことができるからです。

では、どうすれば成長ホルモンは分泌されるのでしょう?

加圧トレーニングをすると成長ホルモンが安静時の290倍に

何故?加圧をすると・・・・?明日のブログで



コメント(0)