ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
宮古島 海の色
2012/06/24 16:03:10 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
そのおにぎりをくれた少年たちの親御さんたちが話してくれたこと。
「これでも本島の海は汚れてきちゃったんですよね。
先島諸島に行かないと本当にきれいな海はもう見られないですよ」
初めて沖縄に来たときは本島の海だって、私が見ていた海じゃないと、
いたく感激していたくらいなのに、現実はそうなんだ…と漠然と思った。

その後ずいぶんたってから、ついに本島観光→宮古島行きのチャンスが来た。
那覇空港から小さな飛行機に乗って小一時間。
そこに広がっていた海は、「これ見たら死んでもいい」と思うくらいだった。
彼らが言いたかったことって、こういうことだったんだな、と初めてわかった気がした。
写真が嫌いな自分が、思わず連れに頼んでポートレートを撮ってもらったくらい、
言葉に表せない色の海が、目の前にあった。

コメント(0)
トラックバック(0)

のんびりタイムと優しい心
2012/06/21 22:05:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都会はぎすぎすしていてやっぱり苦手だ、と逃げ道を作る自分もどうかと思う。
旅で行った沖縄ののんびり具合(うちなータイムっていうんですか?)の方が合っている気もする。
食べる物もけっこう合ってる、あ、山羊汁と豆腐ようはちょっと…ではあるけど。
黒糖大好き、豚のミミも大好き、タコライス最高!!

初めて沖縄に行った時、あるトラブルで目的のビーチに行けなくて、
市民ビーチ(着替えるところ位しかなくて店も何もなかった)で波と戯れていたら、
遠くで遊んでいた子供たちが、「余っちゃったんでこれ食べて下さい」と、
沖縄の肉みそを芯にしたおにぎりをいただいたことがある。
知らない人に声かけるとかって、都会じゃもうなかなかないから、
おにぎりもおいしかったけど、その気持ちが一番嬉しかった記憶がある。
人が人らしい余裕、みたいなものがまだあるのって、なんか素敵な気がしてならない。

コメント(0)
トラックバック(0)