ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
毛沢東スペアリブ作ってみた
2021/02/22 10:12:51 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
ある日 テレビで 

毛沢東スペアリブをみた

沖縄県民は スペアリブをソーキ骨といい

日常に食べてい手に入りやすいので

早速 うちのこのために 作ってみることに

美味しいものは手間がかかり

スペアリブを軽くゆでて油を軽く抜き

圧力鍋で軽く肉が柔らかくなるように煮て

スペアリブの水けをきり そのあと片栗粉をまぶして

油で揚げる

フライパンに毛沢東スペアリブの要となる

パン粉 ガーリックパウダー 一味唐辛子 オイスターソース

五香粉などなど 沢山の香辛料使って パン粉が香ばしく焼けるまで

全てを炒めておいて 

カラッと揚がったスペアリブの上にかけて食べるのだが

出来栄えは 残念なことに あんまり美味しくなかったのだ

その原因は はっきりしている

ちゃんとした 工程をこなさず 簡単というワードで探し出し

適当に作った結果なのだ

悔しいので また きちんとな 工程を経て

大成功の 毛沢東スペアリブにしたいと決意したのです

かけたパン粉は ハンバーグに使用して

スペアリブは 煮込みにしメイクして

スペアリブでとれた出汁は そば出汁に

無駄なくしっかり食べきりました






コメント(0)
トラックバック(0)

コロナ禍の恵方巻
2021/02/02 22:02:11 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
本日は 珍しいとされる

2月2日の節分

で 豆まきと恵方巻

うちの子二人が小さかったころは

恵方巻よりも 鬼登場の豆まきが主流でしたが

うちの子が 寿司好きであることから

ドラえもんの恵方巻などの恵方巻にどはまりして

近年は そんな 我が家でございます

イオンに かねひでに サンエーに ファミマに

恵方巻は石垣島でも選び放題

方位などは全く気にせず とりあえず食べたい!!!

それが きっと うちなんちゅー流

うちの子のリクエストは サーモン巻き かつ巻き エビかつ巻き

ですが 残念ながら

かつ巻き サーモン巻きしか購入できず

メインは けっきょく サーモン刺身を漬けにして

サーモン漬けを海苔巻きにして 堪能したうちの二番目

またまた 来年の節分も

美味しい恵方巻の数々に

ワクワクしながら 恵方巻ショッピングツアーするはずです

来年こそは

コロナも無くなって みんなでわいわい恵方巻たべたいなぁ

当たり前と思っていた 人とくっつく暮らし

当たり前と思っていた ほんの少し前の日常

そんな 当たり前が 当たり前に早く 

静かに 夢だったみたいに 一日も早く

元通りになりますように・・・・・

恵方巻でお店の方々は大わらわな一日だったでしょうが

大変美味しく 大変嬉しく 幸せいっぱいの節分になりました

こんなコロナ禍の中 私たちの生活を支えてくれるすべての人に

感謝を込めて・・・・・






コメント(0)
トラックバック(0)

大倉誠について
2021/01/20 22:38:23 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は 長野県下伊那郡阿智村で 仕事をしていたことがある

その当時

阿智川 という 有名なうどん屋さんがあり

うちの職場は お弁当配達などもお願いしてました

店主は 大倉誠といい

うどん そばが 手打ちで

奥様と その両親とで切り盛りする素敵なお店でした

初めての就職先でしたので

毎日 緊張の連続で 

ゆるっとできないままの

昼夜のお勤めでしたが

彼のお蕎麦 うどんに向かう熱い気持ちや

娘を愛する気持ち 温かい家族愛

そんな 大倉誠という人にいつも勇気づけられていました

仕事で挫折したとき

仕事で人間関係で悩んだとき

いつも 彼と 彼の家族が温かく包んでくれました

彼の娘たちは みんな 私とも仲良くしてくれましたし

本当に 心の支えでした

そんな 彼は 私が長野を離れてしばらくして

店を閉店し 離婚しました

それでも ずっと 私に電話をしてくれて

温かく包んでくれながら

娘たちの話をしてくれました

二年前から突然連絡が無くなり

多分 亡くなってしまったんだと思うようになりました

職人気質の彼の姿に どれだけ励まされ

私もその境地の職人になりたかったことか

たぶん 寂しく 一人で 娘さんたちのことを思いながら

命の火を消したんだと思います

寂しかったからこそ

いつも 私を支えてくれた 大倉誠様

おすすめのイナゴの佃煮は食べれませんでしたが

職人の心意気と 奥様の強さ素晴らしさ

娘たちへの愛を 多く教えてくれた人でした

電話がないのは とても寂しいので

電話番号は 一生消しません

そして 職人としての私を見てもらおうと思っています

いつの日か 別れた奥様と 可愛い娘たちに

大倉誠の本音を伝えたいと思っています

これからも頑張るよ まこちゃん

今迄 本当に有難う




コメント(0)
トラックバック(0)

製糖工場を見守るのは
2021/01/18 08:47:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
石垣島の製糖工場

今期も頑張って操業中

製糖工場には 守神ならぬ

かんむりわし がいる

製糖工場には サトウキビの虫を狙った

シラサギも 沢山やってくる

トラックの運転手 工場で働く人

通りすがりの人々

ほのぼのさせる光景である

でも ダントツ人気があるのは

製糖工場が始まると

サトウキビの中に紛れている

ネズミやハブを狙って

石垣島の誇り

かんむりわしが やってくる

晴れている日は 朝早くから

製糖工場に出勤している

かんむりわし 

感動とともに 確かな存在感を示しつつ

しっかり 工場の安全を見守りながら

製糖工場に出入りするみんなに元気を与えながら

おこぼれの 食事を探しながら

元気に かっこよく

働くみんなを見守っている

ほとんど休みなしで毎日24時間続く製糖工場

4月まで まだまだ続くよ 製糖期

多くの製糖期にかかわる人たちの

元気と安全を見守る

かんむりわし

今日も 元気をもらって嬉しくなった

絶滅してしまいそうな かんむりわし

今日も お勤めご苦労様




 


コメント(0)
トラックバック(0)

一生に一度の成人式の話
2021/01/05 22:57:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
今年 晴れて成人式を迎える

はずだった うちの一番目

高校の友達も 少ない 山口県の大学へ行っている為

大学入学当時から

成人式が うちの一番目の 最大の楽しみ イベントでありました

郷土芸能で地方で三線をやっていたうちの一番目

成人式の座開きは 最大のイベントである

ですが コロナ禍のなか

成人式は開催できるけれど

大幅な縮小により 座開きは無くなりました

となり

それでも

成人式だけを楽しみにしていた うちの一番目

成人式も延期となり・・・

でも 希望は地域の成人式と 出身校での撮影会

ですが

これさえも 開催されることはなく・・・

3月へ延期 

泣く泣く 成人式をあきらめ 

明日 山口県の大学へ帰省します

石垣島の白保 黒島 与那国

成人式を強行した地域があるだけに

うちの一番目は とっても羨ましくて

ただ ただ 羨ましくて

辛くなっただけの 年越しでした

3月には 石垣島からコロナがゼロになり

安心して 成人式を強行できますように

誰が悪いわけでもないけれど

なんだったら 戦争よりも人と近づけず 

苦しいであろう 今を生きているすべての人たちに

明日こそは 笑えるよ!!!

って 自信を持ってもらいたい

こんな時だからこそ 人のつながりについて

あぁ 有難いな・・・・・・

温かいな・・・・・・

成人式は一生に一度の事だもの 

必ずやらなくちゃ!!! 

開催しなくちゃ!!!

そんなチャンスに変えてほしい

そんな夜です

3月の成人式 うちの一番目 あきらめていませんよーーーーーーーーーー








コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]