ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
私の学び
2008/07/09 14:15:46 ブログカテゴリ 宜野湾市 | 書庫 全般

     

先日 『夢・希望を育む地域懇談会』 がありました。

中学校区で 学校・家庭・地域の方々が集まって

連携をとった取り組みを話し合います。


この日のテーマは

「あいさつ運動推進について地域でできる
          具体的な取り組みについて」


今のご時勢。
子どもに挨拶しろといっても 
知らない人にはなかなかできないです

「あれはあの家の人だなあ」 
「いつも会うご近所さんだ〜」

って やっぱり自分の住んでいる地域の方の顔が
見えてこそ、挨拶ができますよね。

地域には すばらしい伝統の行事が残っていて 
大山大綱引き なんてとってもすばらしい 
伝統行事なのに、
    ↑
   昨年の様子
   http://footyell.ti-da.net/e1663196.html
 
参加者がかなり減ってて、大人が参加しないから
もちろん子ども達も少なくて。

こういう時こそ、地域の方々と触れ合うチャンスなんですよねよつば

地域の人との 顔のわかる関係は、
家庭だけで育つのではなく、
地域の人に見守られているという安心が
きっと 子どもたちによい影響を与えるはず。
ニコニコ

まずはきっかけ作りに
夏休みのラジオ体操を
子ども、保護者だけでなく、小さな子からお年寄りまで
参加する(参加しやすい体制)ようにしよう!!

という提案もでましたよ。電球


この日 私は 司会☆ という大役でした。
先生方や自治会、老人クラブ、婦人会の方、保護者のみなさんという
多くの参加者の中で うまく進行することは 
かなりの プレッシャー 汗汗

私は23歳の頃、大勢の人前で話す機会があって
その時に 緊張でかなり舞い上がってしまい、
声もうわずり、へんてこりんなことを言って
かなり爆笑されて 赤くなった経験があるので
それがトラウマ(?)になっていて 
司会やあいさつなどは 
とっても苦手意識
(というか 怖い!!)を引きずってました。
(今でも。。)

今 フットセラピーのトレーナーとして
否が応でも話したり、リードしたりしなければならない立場。

PTAの副会長として 学ばせていただいています。
この役を 率先して引き受けたわけではないけれど
学びの場をいただいて 
ホントにありがたいなあと思っています。サクラ

この日の司会は うまい、下手とかではなく、
緊張もせず、冷静に淡々と進行した自分に驚いています。びっくり!

終わった後は やっと自然の笑みができたかな。