ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ブログパーツ エステ
一進一退
2012/04/08 21:34:39 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
を繰り返している母ちゃん・・・

(母ちゃん=お婆ちゃん)

母ちゃんは20歳で私の母を産み、母は19歳で私を産んでくれた

38歳でお婆ちゃんになった母ちゃん

その母ちゃんが、痛みに苦しむ姿を見るのは辛い

母ちゃんは末期の大腸がん

ヒトはいつかは死ぬというのは分かってる

でも、今、また、それが、迫ってこようとしている。

今のこの現実が苦しくて辛くて悲しくて・・・

老いて心安らかに人生を卒業していくのが理想だったけど、母ちゃんまだ75歳だしまだ若いし

でも現実は

最期を看取る覚悟は自分なりにしている

延命医療について賛否両論あるけど、どんな姿でも状態でも生きていてほしいと思う

身体を触ってその人の体温を感じることができるだけでいい

祖母は死を感じているのか「死ぬ・・・死ぬ・・・」と息苦しい声で何度も言う

昨日までは話せたのにこんなに急変して

在宅ホスピス・・・

だんわケアへの展開・・・

スピリチュアルの世界・・・

安楽死と尊厳死・・・












死は1つの通過点であり終着駅ではない

痛みが強いときはモルヒネ投与・・・食事とれないから点滴・・・

母ちゃんの人間性を失わずに、人生最期の日にチューブや点滴など刺されずに安らかな死を迎えることができたらいい

でも、現実難しい

在宅も厳しい

はぁ〜。。。

何でこんなんなんだろ

とにかく、痛みから解放してあげたい

どうしたらいいのか、何をしたらいいのか、今の私が何をしてあげられるのか

できるだけ苦しまずに、自然に死に向かうことができたらなと思う

クオリティーオブライフを保つことに焦点をおいて・・・優しさに満ちた雰囲気にしてあげたい


生をまっとうする助けをしたい










今日はシーミー

mamaが一番恋しくなる日

今年は前日に買い物を済ませていたので時間にゆとりがあった










今生きているファミリーからの思い届いたかな



甥っ子1号2号の存在はほんとにありがたい

親はどうであれ・・・

産まれてきてくれてありがとうkana&shown



何で人間は病気になるんだろ


生きたいと思う人が死んでいき、どうでもいいと思ってる人間が生きる


何かなんだろ神様間違ってるよ











コメント(2)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。