ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
iPhone5sとcのシムフリー
2013/11/26 21:21:52 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

iPhone5SとCのシムフリー版が突如販売されました。
事前の宣伝はなく、11月22日に突如です。
インターネットを検索すると、いくらか話題になっているようで、
熱い?議論が繰り広げられています(笑)

 

海外に長期滞在する人意外はまったく不要なのです。
ただ、年末年始の遊び+仕事でけっこう長い間海外にいくため、
今購入を検討しています。

 

どうしようかな?

今はソフトバンク製のiPhone5を使っているのですが、
5Sの買い替えを考えていたところに、このシムフリーの記事を見たので、
ぐらぐらと心が揺れています。

 

wifiさえ繋がれば、SkypeやLineで話すことが出来るし、
何より海外でシムカード買えば、安いですしね。
国内キャリアの海外パケ放題は、高いんですよね。
元々日本にいることを想定しているので、そりゃそうなんですけど。


 

ただ、正規品は16GBでも7万円以上するため、高いんですよね。
オークションならいくらか安く買えるのですが、
いつ手に入るか分からないですし、あの目の前で価格がアップされるのが堪らないんですよね。
負けた・・・と思うのが嫌なので。どうしようかな。
もうちょっと調べてみようかな。



コメント(0)
トラックバック(0)

ファミレスでの食事
2013/11/24 12:15:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

今日久々にファミレスに行きました。
ランチタイム?(2時過ぎってランチタイムって言うんですかね?)
だったので、非常に多くの人で混み合っていました。


この日は日曜日だったこともあり、子供連れで来ている人も多く、
ほぼ同時に注文するためか?「ピンポーン」という音がし、
「はいお伺いいたします!」という声が響いていました。
店員さんが少ないことも関係して、店内は一種のお祭り状態になっていました。


お腹が空いていたので、ハンバーグ&チキン南蛮を頼みました。
メニューで見ると、それほど多そうには見えなかったのですが、
実物が来てから驚きました。


かなりのボリュームでした。
味はまぁまぁでした。
自分で作る手間隙を考えたら、この料理は妥当だと思いました。
よく勘違いして、この料理は、○○円の価値がないと判断する人がいますが、
あれは一部間違っていると思います。

 

私が思うに、支払った価格以下で再現出来るなら、
その料理はそれだけの価値がないと思います。
ただ、もしも出来ない場合は、それだけの価値があったということです。

私は出来ないと思ったので、妥当だと思いました。


少し理屈っぽいですが、私はそう感じます。



コメント(0)
トラックバック(0)

二千円札って珍しいの?
2013/11/16 16:47:31 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
友達の結婚式があったので、大阪に行ってきました。
大阪には4年前に一度遊びに行ったことがあるので、
地名はなんとなく分かるのですが、地下鉄で迷いました。

JRはまだ地上に出ているので、見て分かるのですが、
地下鉄は看板?は出ていても実際の乗り場がよく分からず、
少し迷いました。


大阪と言えば、たこやき・イカ焼き・お好み焼きが有名です。
せっかく来たし、観光もちょっとしたいし!と思ったので、
結婚式の前日に一人で道頓堀あたりをぐるぐる観光していました。


その時に二千円札を使って支払いをしたのですが、
「はい、まいど」と言った後、少しあれ?みたいな顔をしていました。

おれ何かしたのかな?と思いましたが、気のせいだと思ってやり過ごしました。



そして、結婚式当日。
とても幸せそうな二人の様子に嬉しくなりました。
おめでとうと心から祝福しました。

ただ、自分の中では「あいつがこんなに早く結婚するなんて」という気持ちがありました。
学生時代からはまったく想像出来ない姿に、人は分からないものだなとしみじみ感じました。







コメント(0)
トラックバック(0)

七五三の季節
2013/11/10 14:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
今年もこの季節がやってきました。
とは言っても自分の子供がいるわけではないので、直接関係あるわけじゃないけど、
妹の子供が今年3歳になるので、一緒に神社に行ってきました。


自分の時は袴ではなく「名探偵コナン」みたいな恰好をしていましたが、
ひろき(妹の子供の名前、仮名)は袴でした。
昔は子供嫌いだった私ですが、今はとてもかわいく思います。
ATフィールドを張って、退けていた昔が懐かしいです。


「お母さん」をしている妹を見て、成長したな!
と父親のような気持ちになる自分がいました。
ちなみには私は、まだまだそういう予定もありません。


七五三って神道の行事だと思っていたのですが、
寺社仏閣に参拝にいく方も多いのに驚きました。
〇〇教を信じている人たちからすれば、神様を進行しているのではなく〇〇聖人
を信じているから、関係する寺に参拝するわけです。

ただ、崇拝者はすでに神格化されているので、寺という定義には当てはまらないのでは?
という矛盾を感じていました。


まぁ日本の良いところは、芥川龍之介が言った「造り変える力」なので、
それで良しとしようかな。
そう思いました。





コメント(0)
トラックバック(0)