八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
隠れ家!
2008/07/26 10:35:09 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 八重泉の飲める店(本島)
uppic










自分好みの「隠れ家的な酒処」って、誰しも1件くらいは密かに
心の内に隠してたりするものだと思いますが、ちゃぶねもいくつかあります。
今回は、その大事に温めていたい「隠れ家的な酒処」を一件御紹介しますね!

串焼き「竹茂」。「ちくも」と呼びます。
本店は京都の祇園で、舌の肥えたお客様を相手に、
30年以上のれんを守ってきました。
「竹茂」の串焼きは少し変わっていて、焼き方は、「鍬焼き」といわれる方法。
なんでも昔、農民が農作業の合間に野鳥や野菜を、
鍬の上で焼いて食べたのが始まりといわれている焼き方だそうです。

美味しさの秘密は知らないのですが、普通の串焼きの風味、口当たりとは異なり、一つ一つが素材の旨みを抱えながら、ふっくらと焼きあがって、これまた絶妙なタイミングで、神々しい光を放ちながら目の前に一本ずつ出されます。それをゆっくり手に取り、味わいながら、八重泉を呑む…「あー大人でヨカッタ」って思う瞬間です。(精神年齢は6歳ですケド)
一緒に行ったTちゃんも口にしたとたん、びっくり大絶賛ですよ!

と、ここまで読むと、「さぞかし高級なお店なんじゃあぁ」
って思われた方、ご安心ください!
しっとり落ち着いた店構えとは別に、お値段も良い感じです。
メニューも豊富で、「石垣牛」は観光客にもおすすめ。
にんにくチップが沢山のっかってます。
(写真上↑Tちゃんご満悦)

大将と女将は、息のぴったり合った美男美女の新婚さん。
女将は石垣の女性なので、地元の方も親しみやすいかと思います。
(ちゃぶね友人の従妹でした!)
大勢でワイワイ訪れるのではなく、数人でゆっくり語り合いながら、
目の前に置かれる串を一本ずつ堪能してみてくださいね。

那覇店の大将と女将は、気心しれたちゃぶねの呑み友(特に奥さまとは元同僚)なので、どうぞ那覇店も御贔屓に!

竹茂(石垣)
営業時間:PM6:00〜AM0:00
新栄町2-71-C ※JA裏、「三寿司」隣
TEL 0980-82-0535

竹茂(那覇)
営業時間:PM5:30〜AM0:00
沖縄県那覇市泉崎一丁目22-5
TEL:098-863-9433
定休日:日曜日

お薦め串(個人的にネ)
・石垣牛
・れんこんの肉詰め
・カナッペ
・糸こんにゃく
・キャベツ
・ジャガバター
・鶏葱
・ささみチーズ

は、食べてみて!

STAFF ちゃぶね

uppic

東京葛飾の沖味亭
2008/07/16 19:34:04 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 八重泉の飲める店(本島)
東京は葛飾区立石‥

石垣中学校の同期生が経営する
居酒屋「沖味亭」を訪ねてみた

六時開店だが15分前についてしまった
初めてくる場所‥‥散策だぁ
駅からゆっくり歩いて商店街をぶらぶら
内藤大助選手のボクシングジムが近くにある
ちょくちょく沖縄そばを食べにくるらしい
それに、亀田ジムも‥なぜ?
ここは葛飾内 ‥(勝しかない) なるほど!

沖味亭に着いて戸を開けた 
30数年ぶりに見る「アッコ」彼女がオーナーだ














面影があるような ないような?
話が ハズム 店内は沖縄そのもの
壁に貼ってあるポスター 流れるBGM
本日のお勧めメニュー
並んでいる泡盛 それに八重泉の甕

しばらくすると高校も一緒だった
「ユウジ」が先に来た
次々に「シンチャン」に「トシオ」それに
「ミドリ」と「ユウコ」も来てくれた
トシオは若いヤマトンチュの奥さんと一緒
みんなさすが東京 特に「ミドリ」はナイス!












気がついてみると店内は満席
他のヤマトンチュもいっぱい 人気のある店らしい














アッコの手際のよさで料理がでてくる
チャンプルー・さしみ・ガチュンの唐揚げ・沖縄そば
味は最高!まさに沖縄の食堂の味だ
是非 よって見てください
沖縄の僕が推薦しますから 美味しいですよ

場所は葛飾区立石7丁目です

会話も昔に戻り アンヤタン ‥‥
言葉もアクセントも石垣島に戻っていた

改めて 石垣島の友人・泡盛に感謝
これからも 八重泉よろしくね
又 葛飾で飲もうね

STAFF モリカツ


御料理 いしみね
2008/06/23 15:09:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 八重泉の飲める店(本島)
和の落ち着いた玄関
壁伝いに品欲並べて植えてある竹
今日もよい酒が飲めそうだ













お店の名前は 御料理 「いしみね」
オーナーで大将である伊志嶺さん(店名と一緒)
彼も石垣島の出身である

関西で修行し 沖縄で錦を飾ったのだ

那覇市久茂地2丁目 58号線より1本裏通りにある
和食の酒処である














まだ新しいカウンターに腰掛ける‥‥綺麗だ
まずは 冷たいビールでといきたい所だが
わりと 苦手なほうで やっぱ泡盛の水割りで 乾杯

つまみは 何にしょうか
メニューを見てみると 決めれない

泡盛をまた グラスに注ぐ
結局 大将に お任せで注文した

隣にいた友人は後から来て 迷わず 注文する
羨ましい性格だ 私もそうなりたい‥‥

後を振り返るとテーブル席がいくつか
各部屋ごと個室になっているプライベート席
たまには 二人っきりで‥‥














それで 雰囲気良し 味良し 酒良しの
お勧め店です

電話 098-862-3759

営業時間 18時〜24時 定休日 日曜日
STAFF NAHA


小桜
2008/06/17 16:29:14 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 八重泉の飲める店(本島)
那覇で八重泉を 楽しく飲める店を紹介します

国際通り 牧志交番より竜宮通りへ

老舗中の老舗 小桜 

入ってすぐ目に付く

いつも 観光客が必ずカウンターに座っている
しかも 初めて店に来る人は珍しい
皆 常連だ 年に1度 2度 3度 と
さまざま 地元の客も負けずにくる
だから 話題は全国 津々浦々
退屈はしない 

すごいのは 壁中の写真 来店者を大将が
記念撮影してくれる それでいて 
誰がどこにいるか分かっている
(もちろん 写真のこと)














泡盛はほとんどある

さて つまみは ミソピー がおすすめ

俺は小桜のお好み焼きもグー

もちろん ゴーヤー ソーメン トウフ などの
チャンプルーも美味しいヨ














極めつけは 大将の笑顔とお話

退屈はさせません 是非お立ち寄り下さい

STAFF NAHA


CaRaKui-Ya
2008/06/13 14:29:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 八重泉の飲める店(本島)
八重泉をすすめてくれるお店を訪ねてみる
場所は那覇市牧志2-17-44 2F
名刺によると
Nature Cafe and  Bar  CaRaKui-Ya
となっている













オーナーは三重県出身 気さくな愛想のいい、男前
それに長野県出身のかわいい娘がいた
まず 店の中に入ってビックリ!
沖縄ではないような 中東みたいな?
なんか 落ち着く空間 居心地がいい













最初に注文したのは 八重泉ベースの
泡盛トニック‥‥‥わりといける
でも今日は酒飲み三人 あっという間に飲み干す
もったいない だったら 「八重泉」をボトルで注文
つまみに 自家製チーズの上に
鮪の塩辛をのっけたやつをだしてくれた
それも泡盛に合うつまみだ!














居心地がいい オーナーも楽しい 酒が美味い
すぐにボトルが底をつく 幸せな一日になった

STAFF NAHA


[ 次の 3 件を表示 ]