ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日本政府ってさ
2014/06/15 15:29:52 ブログカテゴリ 育児 | 書庫 育児
子供が生まれると同時に、放射能という不安が襲いました。

でも、別にそこまでひどくはないだろう。と。

もしかしてそんなことは夢かもしれないと。

しかし、身をもって放射能があることを実感してしまいました。


以前は全くなかった頭痛。。

倦怠感。。

とある産地の野菜を食べて、強烈な下痢・・・病院に行けば原因不明。。


徐々に子供が大きくなり、現在はしゃべり始めていますが、こちらが息子の体力についていけないです。

私は以前は体力に自信があり、夜勤とかも普通にしていたのに。。


高気圧の日はいいんですが、低気圧で雨だったりすると体調はかなり悪いです。
いろんなものが雨に溶けているんでしょうね。


まぁ、そんなことを人に言うと頭がおかしいと思われるので言いませんけど。

ただ、近頃はスーパーもひどいです。

入ると同時に頭痛とめまいが襲ってきます。


感じない人は何も感じないのでしょう。ってか、ほとんどの人が感じてないみたいです。

そんな人に言わせれば放射能なんてのはただの空想。

日常生活になんの関わりもないわけです。


ただ、子供は放射能の影響を受けやすい・・・

現に、紙おむつの製造地を気にしていなかった頃には、息子の背中にカサカサとしたものがありましたし、

夜中によく泣きました。


布おむつにしたら背中のカサカサが消えましたし、夜によく眠ってくれるようになりました。

日本政府って嘘つきですし、恐ろしいです。


現在も、健康に問題ない。と偽っては、何もなかったかのように税金をとっていきますからね。


頭痛に倦怠感、いまだに出続けて濃くなり続ける放射能を、どうするつもりなのでしょうか。

ああ、魚が食べたいな・・・

ホント、おむつの製造地や食品の産地、気をつけるに越したことありません。

国など守ってくれません。隠したり嘘ついてばかりです。

親が子供守るしかありませんからね。


コメント(0)
トラックバック(0)