ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々のニュースやニュースで感じたこと、日常で感じたこと、発見などを綴ります。
ファッションデザイナーになるには留学した方がいい?
2015/09/01 02:05:34 ブログカテゴリ 雇用 | 書庫 全般

ファッションデザイナーの中には留学(語学留学だけでなく、ワーキングホリデーやおけいこ留学、親子留学、国内留学など、色々なスタイルがあります)経験がある人もいらっしゃるかもしれませんね。

では、ファッションデザイナーになるには留学(明治時代には、ごく限られたエリートや裕福な家庭の子息だけが留学できたものです)した方がいいんでしょうか?

結論からいうと、しないよりはした方がいいでしょう。

留学(明治時代には、ごく限られたエリートや裕福な家庭の子息だけが留学できたものです)する事により日本では得ることができない経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)ができるはずです。

海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)外と日本では文化(多かれ少なかれ、育った土地のものが影響してきます)が異なる為、ファッション感覚も大きく違いるようです。

異文化(歴史が長いほど、様々なものが育つでしょう)のファッション感覚を取り入れる事は、ファッションデザイナーとしての幅を広げることにも通じるので、留学経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)は無駄ではないんです。

ですので、経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)を積むためにお金を貯めて海外留学(昔はお金持ちや一部のエリートしかできなかったものですが、最近ではある程度のお金と時間があれね誰でもできますね)する人もよくありがちなです。

しかし、留学を希望行う事は強い意思を持っていないと無意味なものになってしまうみたいです。

言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)は違いるみたいですし、生活習慣(一度に何もかも改善するのは難しいですが、健康によくないことを一つでもやめる・減らす、からだにいいことを一つでも始めるということが大切です)も異なりますので、そこに馴染むのは並大抵の事ではありません。

それに生活費だって馬鹿にならず、日本にいる以上にお金が掛かります。

色々な問題と直面するので、中途半端な気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)で留学するとすぐに戻ってきてしまう事もあります。

絶対に何かを吸収して帰ると言った強い意思を持って留学(明治時代には、ごく限られたエリートや裕福な家庭の子息だけが留学できたものです)なさってください



コメント(0)
トラックバック(0)