ごーやーどっとネット沖縄 こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
美工GM日記
2012/10/29 14:45:26 ブログカテゴリ 野球 | 書庫 全般
今日は、第一代表決定戦で負けて、学校に帰ってからバッティングと個人練習をやりました。そのあとに監督ミーティングと一年生ミーティングがありました。

監督ミーティングから

�体育祭は野球部の頑張りで成功できた。毎日のライン引きからテント張り、演技のリーダー、役員といろいろ頑張ってくれて感謝しています。ありがとう。
�さて、今日の試合は、勝ちたい気持ちが相手が強かった。
野球は力のあるチームが勝つのではなく、勝ったチームが強いと言われている。だから、もっと力を着けないと勝てるチームにはならないし、お互いに切磋琢磨して、日頃から強い心をを持たないと勝てない。
�そして、本番で力をだせるかどうか一番大事だ。
本番で燃えきれない、吠える事の出来ない選手はどんなに練習しても力を出せないし勝てない。

�今日負けたことはチームにとって悪いことではない。勝ち続ける事で自信をつけ、試合事に強くなるチームがうる。しかし、本当の力のないチームが勝って自惚れたら大事な試合で負けてしまう。負け試合には反省材料と課題がたくさん見つかる。今日の試合が、負けて良かったか悪かったかは、今後の取り組みできまる。
�また、練習でいつも同じ注意を受けているものは、性格や生き方に問題がある。最近、個人練習を増やしてきたが、その時に自分の課題に真剣に取り組めば必ず良くなる。課題を克服できたら次のステージが待っているよ。
�ストライクゾーンはルールと試合では違う。試合でのゾーンは審判のクセもあり、審判の取るコースはストライクゾーンだ。だから、ティーバッティングやスローバッティングで、たまにはボール2個分まで内外を打つ練習が必要です。
バッテリーはそれを上手く利用しないといけない。今日の相手バッテリーはそれができていたと思う。

一年生ミーティングから

�点を取られた時に、ベンチの雰囲気が下がっているので、声を出して切り替える。

�ランナー出た時に声かけや指示が足りない。
�「絶対勝つ」のではなく「勝てる」と言う気持ちでいた。「絶対勝つ」と言う強い気持ちを持ったチームが上に上がる。
�練習の時のボール拾いをもっと走ってやる。
�次の美里戦に勝って中央大会に必ずいく。
�全員がキャプテンの気持ちでやる。


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。