ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
会社を辞めて自由の身へ
2008/12/08 03:17:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
繰り返しますが、会社を辞めることは、簡単なのです。「無職になるのが嫌だ・・・・」⇒ 転職先を決めておく or 失業保険の期間を確認してから退職する。しかし、同時に自由も手に入ります。「保険の手続きは面倒なのだろうなあ・・・・」⇒ 確かに面倒なこともあるが、それほど大変ではない。

当サイトは、会社を辞めたいけど、辞めるために何をすればいいのか判らない。あなたの退職に、役立つことができれば幸いです!。そんな人のお役に立つための情報サイトです。会社を辞めて自由の身へ会社を辞めると無職になります。

(上手な切り出し方を後で紹介します)「私が今辞めたら、同僚が苦労する・・・・」 ⇒ 一時的には苦労するが、あなた一人いなくても、組織は問題なく動いていくものです。あなたが今の職場を飛び出したいなら、本気で退職を検討しましょう!想像上では、ものすごく難易度が高いようなことに思えるでしょう。「後任が決まってないし・・・」 ⇒ あなたがいなくなれば、誰かがやります。ですが、やってみると、意外と楽に退職できます。

「退職の理由はどうするの・・・・」⇒ 本当の理由を話す必要は無し。会社は辞めることができる!「なかなか言い出せない・・・・」 ⇒ 相談という形で穏やかに切り出せばいい。退職用の理由を用意する。

コメント(4)
トラックバック(0)

辞表 封筒
2008/12/08 03:13:33 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
とくに一般の会社員の場合、「辞表」とは書きませんので注意しましょう。では封筒の書き方です。辞表はなるべく、黒インクのボールペンや万年筆、サインペンなどで、しっかりと書くようにしましょう。ない場合は、自分で考えて辞表を書かなければなりません。それには正しい辞表の書き方のポイントをしっかりとおさえておきましょう。

自分の「部署名」や「氏名」をしっかりと書くようにしましょう。まず、いくら自分の書く字に自信がないにしても、必ず自筆で書くようにしたいものです。また、「退職届」という書き方もあまり好ましくありませんので覚えておきましょう。続いて封筒の書き方、裏面です。表面には、「退職願」と書きます。

「白は当然、あたりまえでしょ」と思われるかもしれませんが、たまにピンクや黄色、ブルーやグリーンなど、色付きの便せんめ封筒を使う人もいるそうです。また、辞表の指定がない場合の封筒と便せんですが、必ず白地のものを使うようにしたいものです。もしある場合、それに従って書き込むようにします。特に、女性はおしゃれなので、普段のセンスで色つきを選んで使用しやすいようなので、注意をしましょう。

最近ではパソコンから簡単にダウンロードできるシステムがありますが、やはりあまり好ましく思われません。どんな理由にしろ、会社を辞めるとき、恥ずかしい思いをしないようにしたいもの。また、気になる辞表の書き方ですが、とくに封筒や便せんなどについても気をつけたいポイントがあります。まず、所属していた会社にて指定されたものがあるかどうかを確認しましょう。

コメント(0)
トラックバック(0)

辞表(書式)
2008/12/08 02:39:18 ブログカテゴリ 転職 | 書庫 全般
辞める理由はひとつではないでしょうし、正式に辞表なり退職届を出す前に、自分の気持ちを見つめ直しておくことは必要です。表書きは「辞表」乃至は「辞職(辞任)届」ということになります。たとえ上司が気に食わなくて辞めるとしても。だいたいの書式を以下の通りです。辞表平成○○年2月15日株式会社辞職商事代表取締役社長 辞職一郎 殿常務取締役 辞表太一私ことこのたび一身上の都合により、平成○○年3月20日をもちまして辞職いたしたく、ここにお願い申し上げます。

さあ、それでも辞めるのだ、後はこうするのだ、と決まったら書きましょう、辞表を。つまり手紙と同じ構成ですね。それが大切です。また、「私こと」は「私儀」でもけっこうです。会社を辞める決意をしたら、とりあえず口頭でも上司に伝えておくのがよいですね。

縦書きの場合は右から、表書、主文、日付、役職氏名、宛名(代表者名)の順になります。もちろん手書きで、黒い筆乃至ペンで書くべきでしょう(黒ボールペン、青万年筆は許容範囲です)。なぜ辞めるのか。つらつら考えているうちに辞める気がなくなることもあるでしょう。

宛名は会社であれば社長、それ以外でもそれぞれの団体・組織のトップに対して出すこととなります。その真の理由と辞めるきっかけとをつきつめて、辞めた後のことも考え、気持ちの整理もつけておく。「辞表」ですから前項でも記しましたとおり、あくまで、役員クラスの出すものです。それはそれでよしとしてください。

コメント(0)
トラックバック(0)