ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
男性必見! PMSと上手につきあおう! 2014-04-13 00:21:50
2014/04/14 01:35:59 ブログカテゴリ 健康 | 書庫 全般

男女必見! PMSと上手につきあおう!


男性必見! PMSと上手につきあおう! 







生理が始まる3〜10日くらい前から起こる、イライラ、腹痛、眠気、頭痛など、ココロやカラダのさまざまな不快症状を、PMSPre Menstrual Syndromeの略=月経前症候群)といいます。

PMSは生理のはじまりとともに症状が消えて軽くなるのが特徴。生理がはじまって2〜3日目ごろがピークの生理痛(月経困難症)とは異なります。個人差はありますが、生理のある女性の多くがなんらかのPMS症状を経験しています。

Q.PMSはなぜおこるの?

PMSの原因として、排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係しているといわれていますが、詳細は明らかになっていません。他にも、性格などさまざまな要因が相互に密接に関与してPMS症状を引き起こしているものと考えられます。PMSは精神的な影響が大きく、ストレスが症状を悪化させることがわかっています。

Q.PMSに個人差があるのはなぜ?

ほとんど症状が出ない人がいる一方、会社を休むほど重い症状に悩む人もいて、PMSは個人差が大きいのが特徴。それは、PMSの原因がホルモンバランスだけでなく、本人の性格やストレス等に関わっているためと考えられます。

Q.PMSについて婦人科で相談することはできますか?

日常生活に支障が出るようなら、我慢せずに婦人科に相談を。症状に合わせた対処療法の他に、ピルでホルモンバランスを調整する治療法や、漢方薬をおすすめする場合も。とくに症状が重いとき、急に症状が重くなったときは、子宮内膜症などの病気がかくれている場合もあるので、すぐに婦人科を受診しましょう。

Q.食生活など普段からできるPMS予防策はありますか?

PMS症状を緩和する方法のひとつに食生活の見直しがあります。栄養バランスのとれた食事で、ビタミン・ミネラルをしっかり摂取して。低脂肪食もPMS緩和によいとされています。ビタミンB6、カルシウム、マグネシウム、大豆イソフラボンなど、不足しがちな栄養はサプリメントで補うのもよいでしょう。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Chura Warmth 小顔美顔ブログTOP




コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。