ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
Immigrants at Home With Imported Sport
2018/12/07 15:24:44 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

In countries beyond our borders, the word futbol is not a misspelling of a beloved American pastime. In fact, when mentioned, it is in a language or accent other than our own and refers to a game that leaves most U. S. residents cold. http://www.camisetasfutboles.es The United States may be a nation that loves sports, but on the list of favorites does not seem to be futbol , or soccer.



コメント(0)
トラックバック(0)

Soccer star pads his resume in new Adidas ad
2018/12/07 15:23:59 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

Futbol will meet football in a new Adidas advertising campaign that starts today

http://www.camisetasfutboles.es as the athletic shoe and apparel giant begins to leverage its sponsorship relationship with David Beckham, the soccer star who will join the Galaxy next month.

 



コメント(0)
トラックバック(0)

líderes militares
2018/12/05 17:36:36 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

Sin embargo, entre quienes se han ido de Venezuela hay un pequeño grupo que ganó una fortuna incalculable, http://www.camisetasfutboles.es/ el cual incluye a funcionarios de gobierno, empresarios con buenas conexiones y líderes militares que desviaron miles de millones de dólares. Muchos argumentan que esta corrupción arraigada abrió camino al colapso actual de Venezuela.



コメント(0)
トラックバック(0)

酒井法子、逮捕後初CDに非難殺到! 「いまさら清楚売り」の大誤算
2013/11/20 17:39:21 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

バッグ覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受け、執行猶予が明けた昨年11月に芸能活動を再開した酒井法子が、逮捕後初のミニアルバム『涙ひとつぶ』を発売することが決まった。同アルバムには、新曲のほか、テレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」や、今井美樹「PRIDE」などのカバー曲を収録しているという。

「酒井は最近『さんまのまんま』(フジテレビ系)に出演するなど、復帰後、着実に活動の幅を広げています。今回のCD発売で、酒井の念願だった歌手活動も再開できますしね。しかし一方で、『薬物逮捕された芸能人が復帰できるなんて、信じられない』という声は根強いです。CD発売についても、現在ネット上では批判が殺到しています」(芸能ライター)

 CD発売の事実だけでなく、CDジャケットやタイトルに関して、難色を示すネットユーザーもいるようだ。

「ジャケットやタイトルで、逮捕される前の清楚なイメージを忠実に再現していることに、疑問を抱く人が多いようです。『いまさら清楚アピール?』『外面だけ取り繕っても、薬物逮捕の過去は消えない』『タイトルで同情を引こうとしているのが見え見え』など、非難殺到ですよ」(芸能ライター)

 酒井としては、一刻も早く薬物のイメージを払拭したい思いなのだろうが、今回のCDは、「逆効果でしかないのでは」(同)という。また、最近の酒井は、“清楚売り”のほかにも、“スピリチュアル売り”に力を入れているようだ。

「今年9月、スピリチュアルカウンセラーであるウィリアム・レーネンとの共著『酒井法子×ウィリアム・レーネン対談DVDつき レーネンさんから学んだ「つらい過去」を手放す方法』ラローロ アマート(主婦の友社)を発売。自身が起こした薬物事件を『つらい過去』とし、被害者ぶる様子は、失笑ものでした。過去の事件をなかったことにしようとする姿勢を続ける限り、反感を買うだけでは」(芸能関係者)

 来月1日には、クリスマスディナーショーを行う予定だという酒井。モノマネタレント・オフコース小田とタッグを組み、2万円だというチケットは販売好調のようだが、古くからの根強いファンを失望させないよう、今一度“逃げの姿勢”を見なおした方がいいのかもしれない。



コメント(0)
トラックバック(0)

ビジネスの現場から見た「慰安婦」虚構の大罪、国家的損失の大きさ
2013/11/18 15:35:09 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
トートバッグ先月、産経新聞が大々的にスクープ報道したことで、河野談話の根拠とされてきた“元慰安婦16人への聞き取り調査が極めて杜撰だったこと”が浮き彫りにされました。

 もともと慰安婦問題は、吉田清治氏の小説「私の戦争犯罪−朝鮮人強制連行」を朝日新聞が真実のように世間に広めた「捏造」であり、著者本人が「創作フィクションであった」と認めたときに終止符が打たれるべきでした。ところが、最初から疑問を呈して来た産経新聞や、一部の政治家・有識者、そして産経に続き、後に朝日を糾弾した読売新聞などの正しい言説は、朝日、毎日新聞、NHK、左派政治家(自民党内左派宮沢派なども含む)などの“捏造派”、人権活動家たちの声の大きさにかき消され、広く世界に正論が認知されなかったという不幸をもたらせてしまったのです。

 しかも、そうした自虐的曲解の積み重ねが独り歩きしたことから、韓国マスコミ・政治に悪用され、転じて卑屈弱腰で史実確認を怠った宮沢内閣の加藤官房長官がまず「慰安婦へのお詫びと反省の談話」を、そして、次の河野官房長官が「慰安婦募集の強制性を認めた談話」を発表したことで、虚構がさも史実であったかのような錯覚を内外に与えてしまった次第です。事実が判明した今こそ、河野談話の撤回を通じて、韓国の政治利用と、米国ほか海外の一部政治や世論の扇動に止めを刺すべきではないでしょうか。

コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 1 件を表示 ]