八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
サキシマスオウノキ
2011/02/03 09:19:19 書庫 全般



サキシマスオウノキ

奄美大島以南の南西諸島に生育し、地上に這い出す独特な板根を持つ。
西表島仲間川上流に生育し、昭和57年に発見されたばかり。
日本最大と言われている推定樹齢350年・・・

  

昔はこの板根を船の舵や建築材として用いたり、織物の染色材・家庭ではまな板としても代用してたとか。


このサキシマスオウノキは潮の状況で干潮時は行くことが出来ないが
陸路でも堪能できる場所が、大原港より古見集落外れ後良川の手前に群落がある。
群落と言うだけあって大きなものから小さなものまで。

沖縄では自由に立ち入る事が出来ないと言われる御嶽をくぐって見ることができる。

神秘的な自然に目を奪われる光景は広がっていますよ
是非、体感してみて下さい。




お得な八重山諸島のツアーはこちらから