八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
小浜島でエギング三昧
2011/04/04 10:01:17 書庫 エギング
 小浜島で泊りがけで
 エギングしてきました。
 
 夕方の満ち潮にあわせて、
 小浜港でがんばったのですが、
 釣れません。

 むむーん。
 ポイントを変えて再トライ。
 
 夕日を見ながらののんびりエギング。
 この雰囲気だけでも心地イイー。

 心ではイカツリ闘志が
 メラメラと音を立ててます。

 
 一投目!!

 シャクって、シャクって、リールを巻きます。
 最近、雑誌で読んだのですが、横に3〜5回シャクって、
 大きく上下にシャクるのが良いとのこと。
 
 それを忠実に守り、繰り返していると、
 カリカリ、ぐーっと引かれる感覚。
 きました、きました。しかも一投目。
 キリキリ音を立てて、糸が出て行きます。
 
 今回は、
 ひさしぶりの獲物だったので、
 「逃がしてはなるものかー」と、
 はじめてギャフを使いました。

 サイズは700g位だと思います。
 エギは3号です。



 

 小浜島のホテルで、刺身にしてもらって、
 ふーっ贅沢!!

 ←こんなに立派になりました。






夕方のエギングは終了。だけど、まだまだ続きます。

翌朝は6:00からエギング。
7:00が満潮です。

ちびイカが1匹釣れたものの、
意気込みとは裏腹に釣果は上がらず。
8:00になって、ソロソロひきあげようかとした瞬間。




グン!カリカリカリカリー!と糸が出て行きます。
「おろおろろー!」
「デカい、デカい」
一人で興奮して、言葉がでます。
キリキリキリーって、まだ、糸が出て行きます。
ドラグを締め直し、こっちもがんばって巻き上げます。

遠くの方で物体が浮き上がってきました。
「デカい、デカい!」
これまでにない引きと、海面で暴れているイカの姿に興奮気味。

近くまで巻き上げて、ギャフで引っ掛けた瞬間。
ブシューっと墨放出。
ズボンは墨だらけ。でも満足でした。

 立派なアオリイカ。
 エギは昨日と同じ3号でした。

 おうちに帰って測ったら、
 2.0kgでした。

 




まだまだ、大物が眠ってます。

釣りのあとは、浜下りしてモズクやハマグリを採りました。
小浜島を満喫した休日でした。

離島めぐりでエギングするなら、八重山乗り放題ドリームパス

★新登場★西表島観光&人気の竹富島でレンタサイクル付フリープラン♪

4月からはじまりました。小浜島はいむるぶしでの宝探し&ビーチ満喫プラン

きっとあるよ!お気に入りのツアー。
お得なツアーはコチラから