八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
プレミアムドリーム建造報告fromタスマニア
2008/02/19 14:45:46 書庫 PREMIUM DREAM
前回の掲載から、大変時間がかかりましたが、
PREMIUM DREAM(プレミアムドリーム)の建造報告をいたします。
まず、タスマニア・ホバートの風景。
タスマニアは、真夏だというのに、気温が15℃くらいでした。
さすがに、石垣から行くと寒く感じます。

PREMIUMの進み具合を確認したあと、観光地ストラーハンという町に行くことになりました。ストラーハンでは、RDM(PREMIUMの造船会社)が造った双胴船が遊覧をしているとのことです。体験乗船です。

LJF?(レディー・ジェーン・フランクリン?)に乗り込みます。
PREMIUM とほぼ同型です。

コースは、ストラーハンを出て、一旦外海に出て航海したあと、世界遺産でもある川をクルーズするというものです。





さて、操舵室の後ろに位置取り、外海へGO!
船首部のデッキには、美しい景色を見ようと観光客がいっぱい出てました。

ところで、船長の右手が見えますか。
ジョイスティックです。
これで、クイッ、クイッと操船しています。

船長は、おしゃべり(一応、観光地の説明)ばっかりです。


やっと、世界遺産の川にはいってきました。それにしても寒い!









川にはいって、航路も狭くなってきました。
おしゃべりばっかりの船長は、最後には、なんと!ご婦人に操船させて、自分はおしゃべりに夢中。
実はコレ、オートパイロットという装置がついてて、進路がズレなく設定されているそうです。






おっと、前からくるのは、イーグル(これもRDM製)ではありませんか。
写真をみて頂くとおわかりになると思いますが、船の進行に伴う引き波がほとんど立っていません。
スーッという感じで進んでました。

PREMIUM DREAMが八重山諸島を颯爽と走る姿を
夢見つつ、タスマニアからの建造報告を終わらせて
頂きます。