ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ひらやーちー♪
2010/04/20 10:09:25 ブログカテゴリ 沖縄料理 | 書庫 全般

材料

  • 小麦粉 60g

  • ツナ 15g

  • ニラ 5g

  • 小さじ1/2

  • 100g

  • ウスターソース お好み

  • 鰹節 少々

作り方は、 お好み焼きと一緒♪
小麦粉、ツナ、ニラ、塩、水をボールで混ぜる。
フライパンに油を多めにひき、中火にかける。
(1)を薄く焼き、焦げ目がついたら裏返す。両面共に焦げ目がついたら、まな板で8等分し皿に盛 る。
ウスターソースと鰹節をかける。

これでおしまい!
こどもも大好きなおやつです(#^.^#)


コメント(2)
トラックバック(0)

島ラッキョウの天ぷら
2010/04/20 10:05:12 ブログカテゴリ 沖縄料理 | 書庫 全般
こんな簡単な料理はない!
1.島らっきょうの薄皮を取り除
2.衣をつけて、天ぷらを揚げる。
3.食べる前に、お好みで塩をつけていただく。


お酒のおつまみにいいですよ♪

ところで石垣島は暑い暑い毎日です。
夜は熱帯夜で、
窓を開けていると突然のスコール★
主人との出会い
も、こんなスコールの日でした♪
メル友 だった私たち(^_^;)
でも、冬はあまり好きじゃない。
でも、冬があるから春がある。
fx 口座開設 キャッシュバック について勉強中です。
石垣島は、秋も「秋?」って感じだし、春も「春?」
ってかんじだから、年中夏みたい(^_^;)
夏の富良野に行ったのは、もう10年前になりますが
すごく良く覚えています。
富良野では、ラベンダー畑に遊びに行きました。
いい香りと、すごくきれいな景色に
感動しました。
主人は、北海道で人気のメンズエステ ひげ脱毛 に行ったりしていました。
ネットのツアー会社で、フリーのツアーを企画してもらって、
添乗員とかなしでいきました★
富良野にはいくつかのラベンダー園とお花畑があります。
そんな富良野でも人里離れた所にあるひつじの丘は、
羊たちがラベンダー畑をのんきに歩いているような、
なんとものどかな雰囲気のベンダー園です。
富良野で一番標高の高いところにあるラベンダー畑がここひつじの丘。
ラベンダー畑としてはわりと小さな施設ですが、
寒暖の差があることからラベンダーの紫がとても綺麗なうえ、

水もとてもきれいな北海道では、ウォーターサーバー 比較 はひつようないのかな?
スワップ 比較 は、必要ですね♪
 富良野のラベンダー園の中でも一番遅くまでお花を見ることが出来ます。
また、ドラマ「北の国から」の撮影が行われたラベンダー園でもあり、
雄大な風景の中にラベンダーを重ねてみる事が出来る事から、
多くの写真家が訪れる所でもあります。
人ごみが嫌い、のんびりとラベンダーのお花を見ていたい、
そんな方には、オススメのラベンダー園です。



コメント(0)
トラックバック(0)

パパイヤチャンプルー♪
2010/04/20 09:59:15 ブログカテゴリ 沖縄料理 | 書庫 全般

パパイヤチャンプルー

  • 具材
  • 青パパイヤ 150g

  • 豚肉 50g

  • かまぼこ 50g

  • ニラ 20g

  • サラダ油 大さじ1杯

  • 豚ダシ(カツオダシ) 1カップ

  • A
  • だしの素 小さじ1杯

  • 小さじ2分の1

  • こしょう 少々

  • 醤油 小さじ2分の1

この材料で、 あとは、 順番に炒めて出来上がり♪
注意☆青パパイヤは、包丁で切らずに、必ず卸し金を使うといいですよ!


コメント(0)
トラックバック(0)

ゴーヤチャンプルー!
2010/04/20 09:56:47 ブログカテゴリ 沖縄料理 | 書庫 全般

沖縄料理の定番、ゴーヤチャンプルー♪

卵、ポーク、豆腐、ツナなどいっしょに入れる具は好みのもので構いません。

それらの具が無い場合、できればそれに代わるものを入れ、それも無い時は入れなくても構いません。

入れる量もバランスを考えながら適当に。

でも、ゴーヤだけは忘れてはいけません!(^^)!


ごーやーをきれいに洗って先ず両端を切り落とし、

次ぎにたてに二つに切り、両方とも中のわたをスプーンでていねいにそぎとっておきます。

このわたが苦いので、苦いのが苦手な人は

しっかりととっておきます!

そして、2〜3mm位(好み)の厚さにスライスします。

卵は器の中で割ってよく混ぜておき、豆腐は適当に手でちぎって、ポークは5mm位に短冊切りしておきます。

順番に炒めて出来上がり♪



コメント(0)
トラックバック(0)

ラフティー
2010/04/20 09:52:32 ブログカテゴリ 沖縄料理 | 書庫 全般
ラフティー

材料
豚バラ肉(塊)...約600g
カツオ節...20g
泡 盛...200ml
昆布...15cm
砂糖...大さじ3
醤 油...大さじ3
絹サヤ...18枚
  • 1.豚バラ肉は鍋に入る大きさに切り、たっぷりの水と一緒に鍋に入れてアクをひきなが ら竹串がスッと通るくらい迄茹でます。(約1時間)
  • 2.粗熱を取って茹で汁 ごとボウルに移し、冷まします。
  • 3.上に浮いた脂肪を除き、豚肉を取り出し ます。茹で汁のうち600mlを沸かし、カツオ節を加えて漉し、だしを取ります。(約400ml取れます。)
  • 4.豚肉を5〜6cm角に切り、(3)のだし、泡盛、水に浸して食べやすい大きさに切った昆布を加えて落し 蓋をして火にかけます。
  • 5.沸騰後15分くらい煮たら、砂糖を加えてさらに 15分煮ます。
  • 6.醤油大さじ1・1/2を加えて15分煮て、さらに醤油大 さじ1・1/2を加え15分煮ます。
  • 7.豚肉が柔らかくなったら鍋に蓋をし て、そのまま放置して味をしみ込ませます。
  • 8.器に盛り、塩茹でした絹サヤ を添えます。



コメント(0)
トラックバック(0)