ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
神戸港
2014/04/30 00:45:34 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

尼崎西宮芦屋港・大阪港・堺泉北港とあわせて
阪神港と称される。

その歴史は大輪田泊や兵庫津と呼ばれた兵庫港に始まり、
かつての都であった奈良や京都と、
日本国内の東西航路や大陸との交易の拠点として
古くから栄えてきた。

また、商業や工業が集積する大阪に近いこともあり、
近代以降も国際貿易の拠点として規模を拡充した結果、
1970年代には阪神工業地帯の輸出港として
コンテナの取扱個数が世界一になるなど
世界有数の港として知られていた。

日本の物流機能に対する役割を担うために、
オーバーパナマックス船への対応をした
国内初の大水深高規格コンテナバースの供用の開始。

 

琉球スキンケアカナン お試し

コメント(0)
トラックバック(0)

ホテリアー
2014/04/28 00:07:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

日本では、ペ・ヨンジュン主演作品の扱いを受けるが、本来の主演はキム・スンウである。
字幕版『ホテリアー』を東京MXテレビにて2003年12月9日から2004年4月20日まで放送。日本テレビの毎週月曜から木曜10時30分 - 11時25分(のちに10時25分 - 11時20分)にドラマチック韓流枠で、吹き替え版が2004年9月22日から10月28日まで放送された。関西では、読売テレビで2004年7月16日から9月18日まで放送、2005年4月にも再放送された。
BS朝日でも2007年4月4日から放送。
テレビ埼玉では、字幕版が2007年4月6日から毎週金曜朝9:00〜9:55の枠で放送された。
2007年4月19日から2007年6月14日までテレビ朝日木曜ドラマ枠でリメイクされた日本版のホテリアー上戸彩主演を放送(ペ・ヨンジュンの特別友情出演がある)された。


 



コメント(0)
トラックバック(0)

薯童謡
2014/04/27 00:07:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

それまでの韓国大河ドラマは朝鮮王朝(李氏朝鮮)時代を描くことが多かったが、本作は韓国ドラマ史上初めて三国時代の百済を舞台にしている。 『宮廷女官チャングムの誓い』のスタッフが再集結し、百済の武王が書いたとされる敵国の姫との恋物語を歌った民謡「薯童謡」を題材に、百済王子と敵対国家である新羅の第3王女・善花(ソンファ)姫との純愛と、国王になるための険しい道を描いた歴史ロマン大作である。

百済国王の四男として生まれながら、数奇な運命のために平民として育てられた主人公のチャン。幼いころから才知に溢れ、百済の優秀な技術者として成長していくが、敵国新羅のソンファ姫に出会い恋に落ちてしまう。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

あいくるしい
2014/04/25 23:50:45 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

真柴 豪
長男。直情型でとにかく熱い性格。母の入院費を稼ぐために、ガソリンスタンドでアルバイトをしている。自分の将来の明確な目標はなかったが、中川竜一と出会い、ボクサーを目指すようになる。

真柴 みちる - 綾瀬はるか
長女。母の入院中は家事全般をおこなっている。一家の長姉だという意識が非常に強く、そのせいで自分のやりたい事をこらえてしまう事も。しっかり者を自認しているが意外とドジも多く、非常に落ち込みやすい性格。母の入院先で出会った研修医の矢口淳一と付き合うようになる。

舞台は静岡県伊豆の国市と伊豆市。田舎町に暮らす7人家族「真柴家」の家族の「絆」と「成長」を描く本格派ホームドラマである。同時に真柴家の次男・幌が自分を含めた7人の「虹色の戦士」を探してゆく過程も描いており、そんな彼らの友情物語としての側面も持つ。

 

にんにく生姜の効能

コメント(0)
トラックバック(0)

噂のチル姫
2014/04/25 00:08:53 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

80年代、ナ・ヤンパルはトクチル・ソルチル・ミチルの娘ばかり三人を持つ韓国陸軍の上士(サンサ、日本では曹長にあたる)。四番目の子は男の子をと望んでいたが、またしても娘を出産。失望したヤンパルは子作り終了の意を含めジョンチルと名づける。20年後、長女トクチルは専業主婦に、次女ソルチルは父の意向に従い韓国陸軍中尉に、ミチルは看護婦になっていた。そしてジョンチルは次姉ソルチルと同じく陸軍士官学校入学のため勉学の日々を贈っている。ヤンパルは元士(ウォンサ、日本では上級曹長もしくは特務曹長にあたる)昇進退役後も娘達に厳しい軍事的養育を施し、近所の人々はナ家の四姉妹を「噂のチル姫」と呼んでいた・・・。

 



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]