ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ベストティーチャー
2014/07/02 19:54:19 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
■ベストティーチャーの講師陣は世界15カ国以上の国から集められています(これが重要な点)。 ■みなさんご存知のように、多くのオンライン英会話スクールでは講師陣全員がフィリ○ン人であったりするところがごく普通ですよね(ベストティーチャー)。 ■べつにフィリ○ンの講師がいけないというのではなく、あまりに講師の国籍が偏っていると、ブロークンイングリッシュであったり、ビジネスシーンに通用しない英語であったり、いろいろと問題が多いのです(ベストティーチャー 評判)。 ■その点、ベストティーチャーの講師陣ならまんべんなく世界中から集められているので、各講師による微妙な違いも、生きた英語を学ぶ機会としてとても役に立つのです(ベストティーチャー 英会話)。 ■「ちょっと他とは違う」オンラインスクールであるベストティーチャーですが、まずは講師が違うという点が他のスクールとの大きな違いです(ベストティーチャー 英語)。


■英語を幼児期から学ぶ場合は、「音」を重視するのは当然です(オンライン英会話スクール)。 ■しかし、ある程度の年齢になってから、つまり、いったん日本語の音韻構造を身につけてから英語を学ぶ場合、あまりに「音(リスニング)」を重視するのは考えものです。 ■なぜなら、日本語の50音でとらえられない中間的な発音などは、音だけでは記憶にとどめておくことができないからです。 ■そこに文字(アルファベット)が入ると、様子は一変します。 ■ヒヤリングやスピーキングでは収まりの悪い不安定さを感じていても、文字を書くことで気持ちが落ち着き、文字が記憶の「よすが」となって会話を助けてくれるのです。 ■ベストティーチャーは、この点で、とてもいい線いっているスクールだと思います。 ■経験的にも、書いたものって記憶に残りますからね。

コメント(0)
トラックバック(0)