ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
飲み比べ
2018/05/17 00:49:16 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
香川県の川鶴、愛媛県の梅錦、高知県の南をお猪口で飲み比べ出来ます。
四国の地酒でお好みが見つかるかもしれません。
カマンベールが丸ごと一個入ってあり驚きました!最初は濃厚すぎるかなぁとも心配しましたが食べると大丈夫でした。
すごくまろやかな味で、カマンベールとはいえそこまでチーズのくせはありませんでした!子供達も喜んで食べましたよー!広島焼きが食べられるとのことで初来店させて頂きました!焼いた物を、お皿もしくはカウンター前の鉄板に移すか選べるそうです。
せっかくなので鉄板においていただきました。
調理は全て厨房でされているようで、焼いてるところが見れなかったのが残念でした。
焼きそばチャーハンに手作りマヨネーズをかけるととっても美味しかったです。
このお店の近くには焼きそばの両横綱とも言われる名店2店があるのですが、その両店と食べ比べてみましたが私はここの焼きそばが1番と感じました。
  オムそばはLサイズ卵を3個使った大きくふわトロ〜のオムレツがドーンと乗っていて マヨネーズがかけられています。
 そのマイルドなオムレツとモチッとしたそばがベストマッチしていてやみつきになりました。
 ボリュームもあり普通サイズでも麺を2玉使用しキャベツも多く入っています。
  メニューが豊富で他にも五目、あんかけ、赤、黒、もやしの焼きそば、野菜ラーメン(塩味)  赤やきそばは特性の赤い辛いソース、黒焼きそばはイカ墨を使っています。
 もやし焼きそばは多めのもやしの上に半焼きの目玉焼きが乗っていてその黄身をくずして そばと一緒に食べるのが美味しいです。
  私のおすすめとしては赤焼きそばにオムレツを乗せた 「オム赤焼きそば」です。
 辛味のある麺とふわトロでマイルドな甘みのあるオムレツがベストマッチです。
  店主さんは話好きな気さくな方でメニューにないリクエストにも答えてくれます。
 自分のオリジナルな組み合わせを試してみるのも楽しいですね。


コメント(0)
トラックバック(0)

GWはランチでもコムね
2018/04/28 23:57:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

みなさんはGWどこへ行きますか?

今回は私たちは地元でゆっくりしたいと思います。そこで今日はせっかくなのでランチに♪

お店が兎に角ロマンチック。
 コースのお料理もそれぞれ2種類くらいから選べます。
 北海道の食材を沢山使っているので季節ごとに楽しめます。
 このレベルのお店にしてはお値段も安いと思います。
40代、50代、80代のランチを食べ慣れている女性たちがそれぞれ頼んだ料理ですが、味と値段に驚いていました。
お勧めのランチです。
ちなみに私はサーロインステーキを食べたのですが、写真の料理も味見しているので同意見です。
そして、ランチメニューは10種類程度あるので、その時の気分によって選べるのがうれしい。
食べ放題パンとコーヒー(お代わり自由)、ミニサラダのセットで480円(税抜)スープはプラス100円(税抜)パンの食べ放題とお代わり自由のコーヒーは価格以上だと思います。
アボガドの爽やかさとサーモンの旨みをしっとりと堪能できますランチについているサラダバーとデザートバーです。
サラダは野菜が新鮮で、デザートも種類が多くてよかったです。
桜えびとキャベツのスープパスタ。
 セットのスープが変わってる。
具がなめこや豆腐が入っていて、香辛料が何が解らなかった。
阪神芦屋駅から4分(JRからだと5分)くらい歩いたところに、芦屋の保存建築物にも指定されている「旧逓信省芦屋別館」があります。
昭和初期の面影が残る回廊や建築当時から残るアーチ窓など風格ある建物に、ラグジュアリーな調度品など現代のセンスを調和させた大人のためのレストランです。
野菜をテーマにした正統派フレンチです。
今回のお薦めは「DEGUSTATION」です。



コメント(0)
トラックバック(0)

酸っぱいソースが味の決め手
2018/04/04 20:00:43 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

やわらかいとろりとした食感のわらび餅甘すぎず美味出汁が染みて、しっとりとしてうまみたっぷり。
一杯飲みながら頂きたい。
どの料理も綺麗に盛りつけがされていて見た目も味も大満足でした白身魚のフライはそれほど油っこくなく、 とろとろチーズの様な風合いのマヨネーズがとても合っていました。
 お酒にも合います。
 フライドポテトとサラダも付いていて、安いのにお得。
 ファストフード店のメニューにも置いてほしいくらいです。
見た目にも豪華、鮮度も抜群、品数も6品と多く、とてもおいしかったです。
とっても美味しかったです!駐車場ありですが、場所が分かりづらいので最初少し迷ってしまいました。
家具屋ヒロミというところを目印に行くといいかもしれません。
店内はこじんまりとしていて、座敷もあるようです。
1200円のランチにしては量も多く、天ぷらもついていたので嬉しかったです!煮魚は今が旬のブリ、お米はツヤツヤふっくら。
お味噌汁はシジミとワカメが入っています。
冷奴のお豆腐もクリーミーで美味しかった。
揚げたてサクサクの天ぷらには二種のお魚とお野菜。
カウンターで頂きましたが、天ぷらを揚げている音が聞こえて食欲がそそられました!その他、お漬物もついていましたがこちらは普通です。
デザート等も別に注文出来るようですが、ランチメニューだけでお腹がいっぱいになってしまったので次回お伺いした際に頼んでみたいと思いました。
高槻の総合センターの最上階にあるレストランに行ってきました。
料理は「季節の御膳」をクーポン使って500円引きで。
暑い季節だからか冷たい料理が多かったです。
個人的にはもう少し温かい料理も食べたかったかな…。
でも味の方はとうもろこしのソースだとか胡麻とクリームのソースだとか珍しい味付けでとても美味しかったので満足。

最近目が悪くなってブルーベリーをなるべく食べるようにしていたのですっぱいソースも全然大丈夫。
それから、眺望が素晴らしい!ゆっくり食事を楽しめました。



コメント(0)
トラックバック(0)

ホテルでチーズ
2018/03/30 18:48:57 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
チーズも伸びて まろやかでクリーミーで とってもおいしかったです。
  また食べに行きたいぐらいです。
チーズがとろとろで濃厚で美味しいです。
チーズの量もたっぷりでボリュームあります。
ここのお店はカップもお皿もジノリ製。
 かわいいお皿に乗せられて出てくるケーキもおしゃれな感じです。
 モンブランは甘さを抑えたあっさり系。
 スポンジ部分はしっとりとしていて、クリームとのバランスも良く、素直で食べやすいモンブランでした。
韓国風かき氷ということで、変わった感じなので注文しました。
フルーツも乗っていて見た目も鮮やかだったのでよかったです。
氷そのものに味がついていたのかな、、、とても甘かったです。
普通にかき氷を食べるよりも特別な感じがして美味しかった。
優しいオーナーの味がそのまま料理に出てる?*\(^o^)/*特別な日にはオーナーが腕を振るって料理を出してくれるからめっちゃ嬉しい!働き女子にはたまらない(≧∇≦)これを食べてまた仕事頑張れるー!!ハラミのカットステーキよりは臭みがなく、とても食べやすい柔らかさ!220gは女性でもペロっといけます。
ホテルの最上階で景色も市内一望。
ですがリーズナブル。
高知県の旬を少しずつちりばめたカゴは、酒がすすみます。
¥1260円。
ほんのりと甘みのある新感覚のドリアでした。
マロンのやさしい味がクセになると思いました。
見た目よりお腹が一杯になるお料理です。
おかレスと言ったら、やっぱり親子丼! ここの親子丼に勝る親子丼は未だ見付らないです。


コメント(0)
トラックバック(0)

味噌ピザ!
2018/01/19 19:25:23 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
クリスピータイプの味噌ピザです。
 お味噌にチーズに青ネギとシンプル。
 お酒を飲みながら、温かいうちに食べるも良し!冷えてもまた良し!の美味しいピザです。
ふわふわの卵のオムライス!デミソースも優しいお味でとても美味しかったです!ごちそうさまでした♪店員の方に聞くと「シーフードピッツァがおすすめ」という事でしたので、食前酒、サラダ、前菜、スープ、ドリンクがついたセットを注文しました。
店内にある石窯で焼くピッツァは、生地がモチモチで、程よく塩気がありセットの前菜やサラダとバランスがよく、とても美味しくいただきました。
次回はパスタランチも試してみたいと思います。
ハンバーグが絶品です!魚介も入っていて、お得!親方の焼く白レバーとネックは絶品。
No2は焼き方修業中。
 鳥そばも〆に最高。
料理とお酒(ワイン)が楽しめるお店です。
  おすすめの料理は、チーズリゾットとアヒージョですが何を食べても美味しかったです。
 6月にはお店でライブもあるらしく音楽も一緒に楽しめるのも嬉しいです。
とってもかわいい前菜がついてるランチ。
 ひと手間かかっているのがわかります。
 メインもボリューミーで、盛り付けもかわいいですよ♪ワインに合います。
パンとチーズを合わせて食べれて美味しいです!アサヒスーパードライさんのランチバイキング。
制限時間ごとで価格は異なりますが、とにかくお得で美味しいです。
温かいお料理に舌鼓♪サラリーマンの方々も沢山いました。


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]