ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
☆☆MAJOR第5巻★★
2009/06/05 13:52:58 ブログカテゴリ マンガ | 書庫 MAJOR

こんにちは。

昨夜遅くにこの企画を更新しました。

久しぶりにね。

今回もやりますね。

では早速!



第5巻目次・・・

第1話 チームワーク

第2話 必死の出塁

第3話 雨のマウンド

第4話 もう1イニング

第5話 ずっと一緒に!!

第6話 どんでん返し

第7話 一流のチーム

第8話 3年ぶりの再会

前回のあらすじから言いますと…

リトルリーグ入団可能の歳になった

主人公の本田吾郎。

しかし…

部員も少なく練習もまともできてない事から…

廃部の危機。

そんな中…

部員を集めて大人チームと対戦。

負ければ即廃部!

本田吾郎の先制2ラン本塁打を放ちましたが…

その裏に2本のランニング本塁打を浴びてしまい…

2対2の同点に。

ここから先がこの巻での話。

3回表が終わった地点で急に雨が降り出す。

2アウトから四球を与えてしまった本田吾郎。

続く打者にマウンドで足をとられてしまう。

これが痛恨の2ラン本塁打を浴びてしまう事に。

4対2で降雨コールドかと思いきや…

もう1イニングだけやると決定!!

ここで…

三船ドルフィンズの反撃が始まる。

四球・2塁打・死球で

何とノーアウト満塁とチャンスを作る。

しかし…

キャッチャーフライ、ショートライナーで2アウト。

打席には小森大介が入る。

2ストライクからの3球目をセンター前にタイムリー。

これで4対3として1点差。

打席には本田吾郎が入る。

2ストライク1ボールから前の打席で三振に倒れた

球種のカーブをうまくはじき返した。

しかし…

惜しくもセンターフライに倒れてゲームセット。

三船ドルフィンズの廃部決定かと思いきや…

自治会でグラウンドの件を話し合う事に!!

それから…

三船ドルフィンズ存続が決定した訳です。

ある日…

「吾郎のような力のある事は一流のチームでプレーしたほうがいい。」と

監督の言葉を

星野桃子に言われる。

そのリトルは強豪の横浜リトル!!

そこで3年ぶりとなる人物と再会を果たす。

その人物とは佐藤寿也である。


さらに…

横浜リトル監督:樫本の前で

ピッチャーのテストをする事に。

1発で合格する!

「来週からうちのチームのユニフォームを着ろ。」

「プロへの階段を登らせてやる。」との事。

果たして…

本田吾郎の答えとは!?

次回に続く。


コメント(0)