ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
理由
2014/07/04 11:50:02 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
最近では、ケミカルピーリング用の薬剤はAHAやBHA以外のものが開発されています。BHAはニキビ治療にも使われる、皮脂とよく似た成分です。りんごやみかんが含有するフルーツ酸はAHAとも呼ばれており、ケミカルピーリングを行う時に利用されることがある主な薬剤の1つです。現在、日本の皮膚科や整形外科では、BHAやAHAという薬剤が使われています。ケミカルピーリングの種類について 数種類の薬剤が、ケミカルピーリングには用いられています。 ケミカルピーリングを施術する皮膚科や整形外科によって異なっていますが、トラブルを防ぐ為に試してみる前には少なくともどの薬剤を使うのか確認しておくようにしたいものです。ケミカルピーリングを受けた後は、十分に肌の保湿をすることと、日焼けをしないように紫外線対策をきちんとする事が、肌トラブルを避ける為には大変重要になります。皮膚にかかる負荷が少なく、ケミカルピーリングができることがフルーツ酸の利点です。ケミカルピーリングを利用する場合、あらかじめ紫外線対策が必須です。この頃は肌を傷めないBHAが登場していますので、肌トラブルに陥ることなくケミカルピーリングがてきます。 フルーツ酸入りの石けんやローションもありますので、ケミカルピーリング以外でも利用する機会がある成分でしょう。刺激を受けると痛んでしまう肌には、BHAの洗浄力は強すぎるというのが理由です。ケミカルピーリングを施すと肌の保湿効果が足りなくなるために、肌が乾燥しやすくなったり、しわができてしまうことがあります。ケミカルピーリングのよく使われる薬剤のBHAは、サリチル酸といわれるものです。薬を使って角質層のうちいらない部分を取ってしまうのが、ケミカルピーリングのやり方です。 角質層を確実に除去するには、それだけ強い薬液が必要になります。ただし、気軽にできるからといって、お肌への負担が全くないということではありません。刺激を受けると反応してメラニン色素をつくる部分が皮膚にはありますが、角質層がケミカルピーリングで減ると、刺激が直接いくようになります。ケミカルピーリングが非常に高いことが、BHAの特徴といえます。ケミカルピーリングをすることによって、角質層が剥がれ落ちるわけです。

コメント(0)
トラックバック(0)