ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
書類
2014/06/01 15:18:28 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
消費財を買う行為などにくらべて、子供の教育資金は優先事項とみなされています<労働基準法:休憩時間の規定>。

自動車の購入などはそれに比べて優先順位が低いという考え方をするために、教育ローンよりも金利が高くなるのが一般的です。日本では、義務教育以外の教育に関しては多額の学費がかかることがほとんどです<労働基準法|労働法規のベースとなる超重要な法律をやさし解説

学費のための教育ローンを取り扱っているのは、住宅購入用のローンや自動車購入用のローンなどを提供してくれる銀行やノンバンクなどの金融機関です。 教育ローンを利用して学費をまかなおうと考えているのであれば、いくつかの候補を当たった上で最も利用しやすいと思うものを利用するようにしましょう<労働基準法:「休日」>。

ほとんど支払い先の銀行口座へ直接振込みされる形になっているようです。

教育ローンは、金銭消費貸借契約書という書類を作り、借入金額、金利、期間、返済方法などを記入した上で借りることになるのが基本です。 学費のために教育ローンを借りる場合、契約書では借りた人が自分の口座を指定して、そこに融資金が入る体裁を取ります<労基法>。教育ローンを貸し出す金融機関ごとに、金利はいろいろです。企業の健康保険組合や共済などが、従業員に直接学費を融資するようなものもあります<労働基準法>。 現在の日本には、住宅ローンや自動車ローン、消費者金融など様々なローンが存在します。学費を支払うことが困難な家庭が利用することができるシステムに教育ローンというのがあります。ローンの貸し手は金融機関だけではありません。

コメント(0)
トラックバック(0)