ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  

沖縄県うるま市ちょうちょう愛好会結成10周年記念事業として、
うるま市ちょうちょう祭りが下記日程で実施されました。

チョウが舞う癒しの街うるま市をめざして!
開催日:平成21年10月10日(土)、11日(日)
場  所:うるま市役所本庁舎横市民広場
ギネス挑戦はオオゴマダラ、1808頭でした。
ギネスに認定されました。H21.11.27付
我が家からは300頭の蝶々を放蝶しました。

アサギマダラ飛来
2013/03/11 05:07:32 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 喋々・オオゴマダラ・幼虫・サナギや羽化

アサギマダラ飛来

昨日我が家のチョウハウスの横に飛来しました。


成虫の前翅長は5 - 6 cmほど。翅の内側が白っぽく、黒い翅脈が走る。

この白っぽい部分は厳密には半透明の水色で、鱗粉が少ない。

和名にある「浅葱」とは青緑色の古称で、この部分の色に由来する。

翅の外側は前翅は黒、後翅は褐色で、ここにも半透明水色の斑点が並ぶ。

オスとメスの区別はつけにくいが、オスは腹部先端にフェロモンを分泌する

ヘアペンシルという器官を持つ。また翅を閉じたときに、

尾に当たる部分に濃い褐色斑がある場合があるが、これは性票で雌にはない。

これで雌雄の同定が可能である。

アゲハチョウ科の様に細かく羽ばたかずにふわふわと飛翔し、

また、人をあまり恐れずよく目にするため人気が高い。

日本昆虫学会による国蝶選定の際に、ナミアゲハやアオスジアゲハ等と共に候補に

選ばれたが結局はオオムラサキが選定された。夏から秋にかけてはフジバカマ、

ヒヨドリバナ、アザミなどのキク科植物の花によく集まり、吸蜜する姿が見られる。

日本の南西諸島から東南アジアにかけて分布するリュウキュウアサギマダラは、

「アサギマダラ」の名が付くが、リュウキュウアサギマダラ属に属する別属のチョウである。







コメント(0)