ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
草食男子シンドローム
2014/09/05 14:37:49 ブログカテゴリ 恋愛 | 書庫 気になったこと
恋での駆け引きでは相手の反応にしっかり注目するようにしたいところですね。うんうん、一生独身と比べたら、例えていえば職場婚も全然オーケーよねー?
異性への愛情だけが恋人たちの心を固くつないでいる。愛し合う関係だから彼も彼女も愛する相手に、決していいかげんはできない。その感情がどちらも磨くと言う事。
今度の月曜日は仲間の結婚式だけど、自分の花婿姿を想像してしまうかも。やっぱり次回のコンパではこの前のような失態は避けるようにしたいものだね。
どこまでも続く空は女の恋のようなものであり、そして深い海は恋する男の感情のようなものである。空も海も空の下やと海の上にのところに限度が隠れている事に気付かない人が少なくない。
きちんとしたパーソナリティーの持ち主って草食男子にはなかなかいないと思うのはワタシだけ?そもそも周りの同僚を見ていると恋愛関係が3年続いて結婚、というのがとても多いみたい。確実にモテる手段を誰か教えてください。
知ってますか?横長のテーブルせきの時、席が目の前になったら、手に入れたい人と自分の前には物(携帯や手帳それと水などであっても)を置くべからず。よけいな物があると向こう側の相手に圧迫感を与えるに違いない。
新しい出合いにはいつも興奮するしオモシロイものだよね。飲み会でメールアドレスもらった人にアプローチしようかな。となにげに考えたり。えーっと。性格は外見に表れるもんだね。初対面でチェックしたいところ。今あたしはルックスがお洒落な女子になれるようにガンバリの継続なのよ。
つまり、一目惚れってのは「自分で作った最高のイメージそのものに恋愛している」あんな有様の時が多い。言い換えれば「イメージの投影」というよくある心理メカニズムという現象。
選択に厳選を重ねているうちに大好きな男性はとられていくのよねぇ。できるだけいっぱいの男の子と出合いたいよ。明後日も合コン行こうかな。
恋愛、それは女性にとっては重要な生活の設計と考えるべきだ。男性に例えれば一生を見据えた専門知識なりワークライフなりを選り抜くがごとく真剣な感情で恋愛の相手となる人を選り抜かなければならない。


コメント(0)
トラックバック(0)